読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

ま、そこは"本屋の勝手にやれよ"って話だろう?勿論、それなりのリスクは覚悟でな。

ツッコミ 雑談

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/34711472@N00/2537016798

photo by plus45

書店は主張しちゃダメですか 「民主主義フェア」の波紋:朝日新聞デジタル

「いかにも朝日新聞」のお家芸っぽい、一見弱者ぶったような胡散臭さ1200%な記事ではありますが(爆)

東京・渋谷の「MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店」が、「自由と民主主義」をテーマに開催していたブックフェアを、ネット上の「偏っている」といった批判を受けて一時中止した波紋が広がっている。安全保障関連法制の国会審議を受けて「民主主義本」の売れ行きは好調だが、類似のフェアを開く書店は客の受け止め方に神経をとがらせる。

 東京都内の大手書店。店に入ると「ぼくらの民主主義」と書かれた案内が目に付く。棚に並ぶのは、作家の高橋源一郎さんの「ぼくらの民主主義なんだぜ」、坂井豊貴・慶応大教授の「多数決を疑う」……。沖縄関連のタイトルも多い。

 安保関連法案の国会審議が始まり、関連本が売れ筋になった5月にフェアを始めた。店長の男性(35)は「客が求める本を並べるのが書店の役割」と話す。「なぜ偏った本を並べるのか」という苦情は2件来たが、見直すつもりはない。「本は著者が切り取った社会の一側面。全てが『偏っている』とも言える。圧力に負けていては、書店はやっていけない」

 ジュンク堂書店難波店(大阪市浪速区)も9月中旬から安保関連法制のコーナーを始めた。抗議の電話は来たが、福嶋聡(あきら)店長は「コーナーやフェアは書店員個人のメッセージ。臆せず決断するのか、何か起きたら困ると引くのかは、店次第だ」と話す。

 民主主義がテーマのフェアはこの秋、全国各地の大型書店で相次ぐ。安保法制に反対する学生団体「SEALDs(シールズ)」による選書コーナーを設置する店も多い。大学生協では全国209のうち43店に上った。関連本が次々に出版され、関心が高まったのがきっかけだ。

 「SEALDs 民主主義ってこれだ!」は、ネット販売の分野別売れ筋ランキングで1位になるなど「異例の売れ行き」(版元の大月書店)。10月20日の発売直後に増刷になり、3刷も決まった。岩波書店も、憲法学者の長谷部恭男さんらの「安保法制の何が問題か」を9月に出版し、翌月に増刷した。教科書に使われる芦部信喜さんの「憲法」(岩波書店)の売り上げも前年比の2割増。担当者は「大学生協だけでなく、一般の書店からの追加注文が多い」という。

 一方、フェアを開く書店は、ジュンク堂のフェア中止以降、客の反応を気にしている。大手書店の多くが取材に対し、「フェアを開催している事実も含め、店名を出さないでほしい」と答えた。10月にフェアを開いた大手書店は「お客さんがどう受け取るか、自信が持てない」と説明した。一方で、別の大手書店の店長は「批判に萎縮しているわけではない。いったん白紙にして見直すのは妥当な判断だ」と話す。

好きにやれよ。公立の図書館じゃないんだから。

別に本屋なんだから図書館じゃねえんだし、好きな物を並べりゃいいじゃんって話。ただ、プロとしての「本屋」としての戦略や矜持として並べるんであれば、という話であって、間違っても本屋のチェーン店を代表するような権限もないようなバイト風情の店員(勿論店長も含む)の好き嫌いでやりたい放題やっていいのか、というのはまた別の話だけどね。

※少なくても何年か前に船橋の公立図書館であったような、左翼がかった女司書が、「なんとなく気に食わなかった」保守系の本を勝手に廃棄するような真似はやってはいけませんわ。

売れ筋との抱き合わせ販売とかやらなきゃいいや(爆)

そんなとこにわざわざ匿名でクレームつけてくる方が野暮であり馬鹿なだけであって、ぶっちゃけ、昔のファミコン屋みたいに、超売れ筋の本を買う時にそういうのと抱き合わせじゃないと売らないよ、みたいな事をやらかしたら、そん時は客は怒っていいとは思うけどね(いや、今の30代前半よりも若い人に説明すると、そういうファミコン屋とかが多かったんすわ。昭和後期から平成初期は。ドラクエ3と誰も買わないようなクソゲー抱き合わせ、みたいな(爆))。

それを思うと長年「ライオンズナイター」を続けてる文化放送は凄いよね。

個人的に思うのは、ラジオの文化放送が他のラジオ局と一線を画して「はっきりいってライオンズびいきです!!」とやるのと同じだと思うんすけどね。そこに巨人ファンやセリーグのファンが、パリーグ5球団のファンが「なんでライオンズびいきなんだ?」とクレームつけてきても「はい、それがわが社の方針ですから」で終わりでしょう?

あれももう30年以上文化放送は続けてるそうなんですが(戸谷アナの「なんか代ホームランがあったかのようなファウルフライ」は大好きだった(爆))、たぶん文化放送には長年、特に巨人ファンとかからのクレームの電話とかを撥ねつけてきた過去はあったんだろうなあ、とは思いますけどね。「はい、だったら赤坂の放送局でも聞いててください」みたいな対応でよくここまで続けたな、と(笑)

むろん、「商売」だから、リスクは背負うんでしょうな?

…で、もしそれで売り上げが落ちたら、それを企画した奴は責任取れるのか?という話だよね。権利だけクレクレで義務を果たさないだなんて、それこそ騒ぐことしか能が無いどこのシールズだよ?みたいな(皮肉)。

勿論、これはあることないこと時には大げさに書いている朝日新聞の記者にも言えることだけどな(苦笑)。

本屋へ行こう! ! (洋泉社MOOK)

本屋へ行こう! ! (洋泉社MOOK)

 
最低で最高の本屋 (集英社文庫)

最低で最高の本屋 (集英社文庫)

 
朝日新聞 世紀の大誤報

朝日新聞 世紀の大誤報

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ