読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

元ボクサーにち×こ切られた弁護士の事件の初公判があったそうで…。

ツッコミ 雑談

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/63316539@N03/6147674214

photo by cali.org

弁護士の局部切断の男、起訴事実認める 氏名隠し、冒頭陳述延期…異例の初公判 東京地裁 - 産経ニュース

ふーん、予定では、よほど生々しい"冒頭陳述"が待ってたんだな(失笑)

※すんません。タイトルの「事件」の「事」が抜けてました(これは、あるとないとでえらい違いだ(汗))。修正しておきました。

自身の妻との関係をめぐりトラブルになった弁護士の男性(42)の局部をはさみで切り落とし重傷を負わせたなどとして、傷害と銃刀法違反の罪に問われた元プロボクサーで元慶応大法科大学院生、小番一騎被告(25)の初公判が28日、東京地裁(安東章裁判官)で開かれた。小番被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。裁判所は被害者名を伏せて進行する方針を示したほか、弁護側の意見を受け冒頭陳述が延期されるなど、異例の初公判となった。

 公判冒頭で安東裁判官は、被害者男性の氏名や事務所名などを伏せて進行する方針を明らかにした。

 弁護側は、起訴状朗読と罪状認否の後、「(公判前に受け取った)検察側の冒頭陳述には、被害者と小番被告の妻とのメールのやり取りなど事件とは関係性の薄い内容が多く含まれており、そうした部分の読み上げには同意できない」と主張。検察側は「この事件を理解するには過去の経緯が重要で、全体の読み上げが必要だ」と反論したが、裁判官は弁護側の意見を取り入れ、冒頭陳述は次回に延期された。

 小番被告は丸刈りで、ノーネクタイに白いシャツ、黒いスーツ姿だった。

 起訴状などによると、小番被告は今年8月13日、東京都港区虎ノ門の弁護士事務所で、自身の妻との関係をめぐりトラブルになっていた弁護士の男性の顔を数回殴った上、はさみで男性の局部を切り落とし、顔や局部に全治約1年の重傷を負わせたなどとされる。 

で、うちのブログでも何度か取り上げたこの話なんですが…、

raity.hateblo.jp

raity.hateblo.jp

登場人物がどいつもこいつも救いようがないってわけで(失笑)。

そして初公判を迎えたわけですが…。

単純に被告人の元ボクサー兼弁護士志望が逆恨みor勘違いor思い込みで「襲撃」したのか、本当にち×こ切られた弁護士がカミさんに手をつけてしまったのか、もしくはそのカミさんが弁護士との浮気がバレて半殺しにされるのが怖くて「弁護士に強姦された」とウソついた結果こうなったのか…が、わからんままに初公判を迎えてる今日この頃、ってわけでして。

弁護側の主張からなんとなく思う事。

いやあ被告人を守る方の「弁護側」が冒頭陳述は生々しいって言ってるようなもんで。むしろもし、被告人に情状酌量の余地がある=弁護士と妻が不倫関係であった…んだったら、むしろ弁護士と被告人の妻とのメールのやりとり等をいっそ「暴露」しちゃった方がいいと思うんですけども。氏名なんか明らかにしなくたって、「内容」がそれであれば、「ほらね。元ボクサーがキレる気持ちわかるでしょう?」って温情というか情状酌量に持って行けると思うんですけどね。

検察側の主張からもなんとなく見えることも。

同様に、被告人に求刑する方の「検察側」なんかも、より厳しく追及するのでうれば、仮に被告人の情状酌量の余地が無い=不倫関係でも何でもなく、被告人の思い込みで襲撃しちゃった…という論理構成だったら、「過去の経緯とかなんかぶっちゃけどうでもよくて」被告人が弁護士のち×こ切っちゃったことを責めればいいわけで、それなのにここまで…って事も考えると、まあ「実際の真相」はどうだったんだろう、とか、弁護士側の非はどうだったんだろうな、と。そこらへんがなんとなく垣間見えるような。

ふとそんなことを考えちゃったりしますなあ(苦笑)。

検察側&弁護側、フツー、対応逆じゃね?

でももし被害者の弁護士に完璧に非がなかったらむしろ、弁護側と検察側は正反対の反応をしたと思うんすけども。…ということは…(以後決めつけはいかんのときりがないので以下略)。2回目以降の公判でどうなるか、ですね。まさか真相は闇の中とか、結局「三方一両損」ではないけど三者それぞれにダメージが少ないように、真相はともかく被告人が心神耗弱状態で襲撃しちゃって…みたいなそんな裁判の方向とかに(汗)

 で、「全治1年」だそうですよ。

…で、「全治1年」か。事件は今年の8月に起きてるから、まだ「治って」ねえんだな。被害者の弁護士。まあ既にち×こ切られちゃってトイレで流されちゃったから既に治るもクソもないんだが(以下略)

千吉 ミニラチェット太枝切鋏

千吉 ミニラチェット太枝切鋏

 
大五郎 ステン剪定鋏 200mm

大五郎 ステン剪定鋏 200mm

 

↑まあよく「斬れそうな」剪定バサミだこと(皮肉)。 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ