読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

今季の甲府は勝った10試合、すべて完封してたらしい…おそるべし(;゚д゚)

ヴァンフォーレ甲府

スポンサーリンク

甲府10勝すべて完封 111歳3バック守ったJ1 - データが語る - サッカーコラム : 日刊スポーツ

てな記事が日刊スポーツに。

甲府が堅守でJ1残留を決めた。今季はここまで10勝6分け16敗で年間11位だが、その10勝はいずれも完封で記録。1-0が6試合、2-0が4試合と3得点以上での勝利は1度もなかった。通算22得点は来季J2降格が確定している山形の23点を下回りJ1最少も、守りを固めてワンチャンスを確実にものにする戦い方で2節を残してJ1残留を確定させた。
  開幕から苦戦は予想された。主力DFの佐々木と青山が移籍。金銭的な問題から目立った補強もできなかった。守備が崩壊し、開幕11戦で2勝9敗と最下位を独走。そうして5月13日に樋口監督が退任し、佐久間監督が後を引き継いだ。

 その窮地に合計111歳のベテラン3バックが奮起した。佐久間監督の初陣となった5月16日の山形戦。41歳の土屋、35歳の津田、35歳の山本というDF3人が今季初めて先発3バックとしてコンビを組んだ。2-0で完封勝利を飾ると、以降は8勝6分け7敗と勝ち越し。その3人が3バックで先発した試合に限れば、7勝3分け3敗の好成績だった。経験豊富なDFを中心に虎の子の1点は必ず守り切り、J1の座も3年連続で守り抜いた。

まあな、エンブレム問題なんかは選手にゃカンケーない話だったしな。外国人選手が総とっかえになるし、前半はどうなるかと思ってたわけですが…。

ただまあ、

勝った試合もヒリヒリ感が

凄かった試合ばかりで、2-0勝ちの試合も含めて、1試合とて楽な試合はなかったような気がする。0-2から2点取って追いついたって試合もありましたけどね。柏戦とか。

うーん、残り2試合。できれば先制された試合をひっくり返すような強さは見たい。それと、来年こそは総とっかえとかがない的確な補強をよろしく頼むよ…(泣)

っかし…テレビ東京系列で「三匹のおっさん」という同局ドラマでは初めてプライムタイム帯のドラマでは視聴率10%を超えたという同局では「偉業」を成し遂げた番組があって話題になったんだが…まさに「サッカー版・三匹のおっさん」ですわ(汗)。

※ついでに書けば、ひとつ前のボランチのマルキーニョス・パラナも38歳だから、4人合わせたら149歳…(;゚д゚)。バレーとか石原克哉とかモリツァ師範とかも考えれば凄いやこりゃ。

金曜8時のドラマ 三匹のおっさん2?正義の味方、ふたたび!!? DVD-BOX

金曜8時のドラマ 三匹のおっさん2?正義の味方、ふたたび!!? DVD-BOX

 
三匹のおっさん ふたたび (講談社文庫)

三匹のおっさん ふたたび (講談社文庫)

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ