読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

やたらと列車の種類が多い「世界の」京成電鉄のお話(爆)

日常 雑談

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/7704714@N07/476778930

photo by 4563_pic

最近の電車はどれが早く目的地に着くのかわかりにくい - 攻めは飛車角銀桂守りは金銀三枚

よく拝見してるブログさんの記事より。関西の私鉄も随分とわかりづらいんだなーと。

1.「わかりづらかった」のはやはり地元の京成電鉄…。

私が一番印象深いのは、地元だった千葉・成田に住んでた時の京成電鉄。基本的に京成電車って当時は揺れが激しく(公津の杜のあたりが地盤が緩くて宅地造成する前は大雨のたびによく止まっていたそうです)、私自身大の乗り物酔いがあって、しかもロングシートが嫌いだったんでできるだけ東京方面に行く時は国鉄→JRの総武快速線に乗るように親に仕向けてたんですが、どうしても必要に応じて京成に乗らなきゃならん事もあり、「できるだけ早く目的地に着く電車」を「いかにして乗り物酔いしないように」ってのがポイントだったんですね。

2.自分が子供の頃から学生時代の京成は…。

で、当時の列車の種類ってこんな感じでした。都心から成田方面に乗る際はこんな感じでした。

1.スカイライナー…京成の看板列車。上野・日暮里→成田空港間ノンストップ。たまに昼間の時間帯は成田にも停まる/ただし運賃なみの特急料金なので親は乗せてくれなかった。

2.特急…停車駅が少ない(主要駅のみ)。当時だと、上野を出て、成田まで約1時間ちょっと/以下無料で乗れる。

3.急行…津田沼までは通過駅多し。ただし津田沼から先は各駅停車

4.普通…全て各駅停車。所々で優等列車に追い抜かれたりする。

ちなみに後年になると、

5.モーニング・イブニングライナー…朝夕に走る通勤用ライナー。スカイライナーと同じ車両で運行する。ライナー券が安い。確か300円だったか500円だったか。

6.通勤特急…同じく朝夕限定の特急。停車駅が八千代台から成田あたりまでが各駅停車になる。

ってのが増えました。私が学生時代・社会人になってからは結婚するまでの時期の、成田の実家に住んでた時はこのモーニングライナーとイブニングライナーを頻繁に使ってましたね。当時は夜22時がイブニングライナーの最終なんで、それに合わせて帰ってましたわ。京成成田駅の最終バスが当時は21時15分だったんで、そこから20分かけて歩いたりとか(泣)

3.更に都営地下鉄や。京急との乗り入れもあるもんだから…

ま、わかりづらいですね。更に京成は押上から都営浅草線・更に京急と相互乗り入れしてたので青砥や高砂のあたりでは頻繁に京急の車両も見かけるので、電車に疎い人は更に迷う事確実って感じでした。凄い時は北総開発鉄道、千葉の先の千葉急行線なども乗り入れてましたから。青砥駅なんかは来る列車来る列車会社がバラバラでカオス状態でしたわ。

この時に困っちゃうのが「急行」で、急行の癖に津田沼から先が各駅停車ってふざけた運用(爆)。中学の頃に初めて親と一緒ではなく友達と京成に乗った時に「え、急行なのに各駅なの?」と驚愕と衝撃が走ったのは未だに忘れられませんわ(自爆)。

4.個人的にはロングシートの京成よりもクロスシートの国鉄→JRでしたねー。

で、国鉄→JRだと、今でいうとこの「エアポート成田」という東京から成田空港方面に行く快速が走ってまして、これが当時はセミクロスシートでした。横向きの席もあるけど、クロスシートが多くて、これだとあまり酔わないし、千葉回りなので遠回りなんですが、途中の通過駅も多いので「長いなあ」という感じがしない旅情が好きでしたね。

http://www.flickr.com/photos/8891828@N05/3871489560

photo by koemu

↑こんなタイプの電車でした。今はもうなくなっちゃったらしいんですけどね。

ただ、どう考えても親からすると子供3人連れて都心を往復するには、京成の方が明らかに安いので、京成をチョイスしちゃいがちで、ここらへんは酔い止めの薬を飲んだりしてどうにか乗ってた感じでした。

5.その後に更に種類が増えることに。

結婚して家を出たのが2003年の年末だったんですが、この直後、更に京成は列車の種類が増えることになります。

1.スカイライナー…従来通り。ただし成田に加えて青砥・船橋にも停まることに。

2.モーニング/イブニングライナー…従来通り。

3.快速特急…従来の「特急」の停車駅だけ止まる。主に朝夕。

4.特急…佐倉から先が各駅停車に。

5.通勤特急…従来と変わらず。

6.快速…従来の「急行」の停車駅と同じ(津田沼から先各駅停車)

7.普通

青砥は、都営浅草線から来る列車との乗り換え、船橋はJRの船橋駅と徒歩3分前後の距離で今も昔も乗降客が京成電鉄の中では屈指なので、それを見越してスカイライナーを停めたのかもしれませんね。ちょうど長らく高架工事をしてたのが終了して、ホームが地上から高架に切り替わった時期でもありました。

で、まあ、悲しい話しながら、ぶっちゃけた事をいえば、京成は昼間の時間帯は、佐倉から先がそんなにお客さんが多くなかったんで、急行→快速を成田行きが佐倉止まりになって、佐倉から先の各駅停車の便は、1時間に3-4本ほど特急を走らせて、各駅に停めるから勘弁してね、という「減便」が発生したわけですね。

なので「快速」なのに各駅停車。「ちっとも快速じゃないぢゃん」と(爆)。ただ、朝夕はそれなりに乗降客数がいるので、従来の「特急」の佐倉と成田間のノンストップの便を保持するんで「快速特急」なる列車ができた、と。そういう事らしいですね。ゆえに朝夕、成田から「特急」でいつもの時間に通勤の為に乗ってた人たちはおおよそ次のダイヤ改正で同じダイヤの「快速特急」に乗ったみたいです。

※余談としては私は週5で約3年間、成田→船橋を通ってましたが、確実に座れる一番前の1両目に乗ってたら、3年間、成田・佐倉から乗る客のほとんど毎日の顔ぶれが変わらなかったのにびっくりしましたわ(誤爆)。

6.更に成田スカイアクセスができたおかげで…。

これに加えて、その数年後に、北総線ルートで成田空港に向かう新しい新路線ができて、スカイライナーが日暮里→成田空港36分(従来の船橋回りだと60分だったとこが)というルートが完成した後は、

1.スカイライナー…北総線ルートに変更。車両も新しいのにリニューアル。

8.シティライナー…上野-成田間の有料特急。 旧来のスカイライナーの車両を使用する。停車駅は、日暮里・青砥・船橋・成田(上記の1の停車駅を踏襲)。

9.アクセス特急…北総線ルートを走る特急。都営浅草線に行く便もあり。 

というのもできたわけです。ついでにいうと昔は準急/通勤準急とか、つい10年ぐらい前までは成田空港←→羽田空港を繋ぐための(実際は上野行きの特急を、高砂or青砥で乗り換えてた)「エアポート快特」とか、そういうのもあったらしいです。

ちなみにこのシティーライナー。以前は1日に2便ほどあったらしいんですが、お客さんが殆ど乗らないので常に廃止論が出ています。ま、成田空港方面には既に「速い」のがありますしね。

つい2年前に帰省した時に(子供が生まれる直前なので自分の赤ん坊の頃のアルバムを取りに行ったんですね)、朝9時すぎの電車に乗ったら、なんと1両に客が私一人ってことがありました(汗)。

http://www.flickr.com/photos/71453924@N00/8641783763

photo by Nemo's great uncle

http://www.flickr.com/photos/7877149@N08/959142063

photo by naixn

↑新旧のスカイライナー。ちなみに後者は2代目で初代はプリンみたいな色してました。

ただし例外は年末年始。成田山への参拝客が行き帰りに使う事があるのでその時期だけは満席になるので、簡単には廃止にできない…らしいんですね。 

7.なので、今は殆ど京成は使わなくなりまして…。

そんな独身時代、成田から船橋に通ってた頃は京成をよく使ってまして、その頃には「ウォークマンで何か音楽でも聞いてれば揺れに慣れてすぐに寝ちまう」ぐらいまでに体がうまく慣れてくれたんですが、結婚して、小岩・市川に住んでた時は別にしても、青梅線沿線に引っ越した後は、妻とふたりで成田に帰省する時は「ホリデーパス→休日おでかけパス」を使えば全然JRでも元が取れてしまうのと、どうしても上野ないし日暮里からの乗り換えが不便なんですね。

例えば青梅特快で東京駅まで出て、ちょっと待ち時間で成田の実家にお土産を買って、ゆっくり総武快速線の地下ホームに降りて、エアポート成田のグリーン車で駅弁食べながら旅気分を、みたいな感じでした。更に今は子供ができたので、車で行ってしまうので(だいたいスムーズに行けば2時間前後で着きます)、更に京成に乗る機会が激減…って感じですなー。あ、それは列車種類とは関係ないか(爆)。

8.余談。

でもまあ、東急東横線なんかも、学生時代1年半だけ横浜に住んでた頃によく乗ってましたが、こないだ用事があって乗ったら、「森林公園行き(←東武東上線?)」だの「小手指行き(←西武池袋線)」だのと、元住吉駅のホームにいるのに「ここはどこの路線だ」とツッコミを禁じ得なかったっすねえ。まあ京成だとひどいと芝山千代田とか、ちはら台とか、下手すると都営浅草線を越えて京急の三崎口まで運ばれる可能性はありますが(苦笑)。

私鉄も勿論JRも、相互乗り入れで便利になるのは結構なんですが…ねえ?(汗)

京成検定

京成検定

 
京成電鉄の世界 (トラベルムック)

京成電鉄の世界 (トラベルムック)

 
京成電鉄―街と駅の1世紀 懐かしい沿線写真で訪ねる

京成電鉄―街と駅の1世紀 懐かしい沿線写真で訪ねる

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ