読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

千葉ロッテにとっての昨日のドラフト会議は…。

千葉ロッテ

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/47704585@N06/18616754140

photo by Tagosaku

【ロッテ】平沢「コボスタで応援を」1年目からプロでの活躍誓う : スポーツ報知

千葉ロッテのドラフト、まさか伊東監督が50パーの確率で引き当てるとはなー(汗)

◆プロ野球ドラフト(22日、東京・グランドプリンスホテル新高輪・国際館パミール)

 プロ野球ドラフト会議が24日、都内で行われ、仙台育英(宮城)の平沢大河遊撃手(3年)はロッテと楽天から1位指名を受け、抽選の末ロッテが交渉権を引き当てた。地元球団でのプレーはかなわなかったが、1年目からプロでの活躍を誓った。チームメートの佐藤世那投手(3年)はオリックスから6位指名された。

 最初は驚きや戸惑いが胸を駆けめぐったが、少しずつプロ野球の世界への実感が湧いてきた。記者会見を終えてチームメートから胴上げされると、満面の笑みを浮かべた。「東北は離れますけど、1軍に上がれば、コボスタにも来られる。また引き続き、応援してもらえたらと思う」と、新天地での活躍に思いをはせた。

 準優勝を果たした今夏の甲子園をはじめ、これまでの野球人生は周囲からの温かい応援に支えられてきた。今も宮城・多賀城市の実家から通学しており、ふるさとへの思いは人一倍強い。「ずっと宮城にいたので、離れるのは少しさみしいし、不安もあります」と、“地元愛”を口にした。

 同級生でチームメートの佐藤世は、オリックスから6位指名を受けた。同校から2人が同時にドラフト指名を受けるのは10年の佐藤貴規外野手(現福島ホープス)、木村謙吾投手(元楽天)以来5年ぶりだ。同じパ・リーグの舞台で対戦することを思い描き、「(世那の)フォークは打てないので、真っすぐを狙っていきたい」と胸を躍らせた。

 ご当地球団の楽天でプレーする夢はかなわなかったが、早くもロッテで活躍する未来をイメージする。「毎年、コンスタントに3割打てるようなバッターになりたい。まずは開幕1軍を目指したい」と、具体的な目標を定めた。ロッテ・伊東監督からは、「(コボスタへ)行くたびに故郷に錦を飾ってほしい」と熱いメッセージを受け取った。杜の都から新たに旅立ち、プロでの活躍で恩返しする。

で、ロッテ側としては最初は、以前にも名前も出てた(→中日が交渉権を獲得した)東海大相模の小笠原投手とかを、1位も投手を取るつもりだったらしいんですが…、

ロッテ伊東監督ホレた!ドラ1平沢は元中日立浪級 - 野球 : 日刊スポーツ

伊東監督がかなり強く推してたみたいですね。しかし元・中日の立浪氏級とは凄い評価だ…。

<プロ野球ドラフト会議>◇22日

 ロッテが正遊撃手候補を手に入れた。ドラフト1位で仙台育英(宮城)平沢大河内野手(3年)を指名。地元・仙台の楽天と競合したが、伊東勤監督(53)が残りくじで交渉権を獲得した。スカウト陣には投手の指名を推す声が多かったが、センターライン強化を訴える指揮官の希望が優先された。伊東監督は、即戦力として、元中日立浪級の評価を与えた。
  先に、隣の楽天立花社長が敗北を宣言していた。両手を両膝につけ、ガックリ。それを横目に、伊東監督はくじを引いたのと同じ右手の拳を小さく握った。「最高です。残り物に福がありました。立花さんはくじ運が強い。どうかなと思ったけど、今回は運が向いてくれた」。抽選3連勝中だった強運の持ち主に勝った。顔は少し紅潮していた。
  早くから指名を公表した楽天に対し、非公表を貫いた。投手指名の予想が多く、実際、スカウト陣には投手の1位指名を推す声が多かったという。先発のコマが足りず、即戦力を補充したい考えはあった。それでも、伊東監督は「随分早い段階から、二遊間を守れる選手が必要と思っていた」と希望を通し、楽天単独指名の空気を驚かせた。
  正二塁手クルーズは退団の可能性が高まっており、補強が急務。遊撃は26歳の鈴木だが「内野陣がなかなか育っていない。選手はいるが、刺激を与えて、相乗効果で若い選手と競争し、その中で勝ち上がってくることがチームに必要」と狙いを口にした。仙台育英カラーの紺色のカバンを手に会場入り。2年前のドラフトで巨人と競合した東京ガス・石川を引き当てた時と同じ、息子の桜色のネクタイを締めて験も担いだ。
  高い評価ゆえの指名だ。「3拍子そろう。高校、大学、社会人を含めても全野手でNO・1。即戦力。ショートで」と迷わず言った。来年以降の候補と比べても、平沢ほどの野手はいないという判断があった。「立浪に近い。左打ちだけど、左投手を苦にしない、良いバッティング。まずは、守りから力をつけて。プロのスピードに慣れるのが最初」と、高卒1年目から遊撃の定位置を獲得した名手になぞらえ、来春1軍キャンプのプランも明かした。今日23日には、自ら仙台へあいさつに赴く。投手よりも野手。指揮官の決断で、近未来を託す逸材をゲットした。

それにしても鈴木大地からすると、去年のドラ1の中村奨吾といい、今年の平沢大河といい、決して安住の地は与えてくれないなあ、ロッテ(笑)。無論、怪我には気を付けてほしいけども、他の内野へのコンバートも含めて、これでロッテの内野陣は5-6年は安泰っぽいすわ。ただ、うーん、ロッテの馬鹿の営業&企画担当、「大河」にひっかけて弁当を作るのは勘弁してくれ(←やはり心配するのはそこかw)

ロッテドラ3成田「100勝投手に」 目標は母校先輩のヤク石川 ― スポニチ Sponichi Annex 野球

ちなみに私の予想ではドラフト1位はこの秋田商の成田投手でした。何しろ先発の駒が足りないですしね。勝っても負けても先発で投げさせて鍛えていくんではないのかな、と。成田って名前がいかにも千葉らしくていいじゃないですか。間違いなく成田のゆるキャラ・うなりくんが喜んで寄ってきそうな(をい)

ロッテ6位・信楽は教習所指導員「うまく育ててくれそう」 ― スポニチ Sponichi Annex 野球

こないだニュースで(たぶんNHKの朝のスポーツニュースだったと思う)で、自動車教習所の教官をやりながらドラフトを待つ、という選手が取り上げられてて「それも異色な」と思ってたら、まさかロッテに来るとは(汗)。

山本功児Jr武白志はDeNAの育成指名に「悔しい」 ― スポニチ Sponichi Annex 野球

いや、なんとなくロッテが4-6位ぐらいで取りに行くのかな?と思ってたら。いっそ大学か社会人に進んでもうちょっと実績を積んだ方がいいのかもしれないね。

 

さ、後は外国人選手とトライアウトでの補強ですな。

運命の瞬間 プロ野球ドラフト会議45年のドラマ (朝日新聞デジタルSELECT)

運命の瞬間 プロ野球ドラフト会議45年のドラマ (朝日新聞デジタルSELECT)

 
プロ野球スカウトの眼はすべて「節穴」である (双葉新書)

プロ野球スカウトの眼はすべて「節穴」である (双葉新書)

 
プロ野球 もうひとつの攻防  「選手vsフロント」の現場  角川SSC新書

プロ野球 もうひとつの攻防 「選手vsフロント」の現場 角川SSC新書

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ