読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

まあ創業家が「お家騒動」する「余裕」があるんだったら、もっと選手補強しろよって事ですわ、ロッテ(号泣)

千葉ロッテ ツッコミ

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/58424565@N00/4929090235

photo by hello_hiroki

最多勝エースが投げずに敗退したロッテの決断の是非 (THE PAGE) - Yahoo!ニュース

しょうがねえだろう、ロッテあっさり3連敗しちゃったんだから(汗)。まさかイ・デウンまで出番がねえとは思わなかったじゃんよ(爆)

パ・リーグのクライマックスシリーズのファイナルステージは、ソフトバンクが千葉ロッテに無敗の3連勝(アドバンテージを含めて4勝)で決着をつけた。試合後、敗れたロッテの伊東監督は、「点差以上の力の差を感じたのが正直な感想。悔しくてしょうがない」と唇をかんだ。

  第1戦は、先発に大嶺祐太(27)を立てたが、延長戦にもつれこみ 、2-3のサヨナラ敗戦。第2戦では、古谷拓哉(34)を9月21日以来となる先発に抜擢、健闘したが6回に崩れた。第3戦はファーストステージの第1戦に投げた石川歩(27)が中5日で先発したが、3回に3点を奪われ、ソフトバンクの強力投手陣の攻略に苦しんでいた打線が反撃できなかった。違和感を覚えるのは、ロッテが今季15勝9敗を記録した最多勝のエース、涌井秀章(29)を使わないまま、いや使えないまま“下克上”をかけた戦いを終えたことだ。

  そもそもロッテがクライマックスシリーズでエースを軸に回せなかった理由は、涌井の最多勝タイトルと関係がある。15勝でシーズンを終えた日ハム、大谷翔平(21)を14勝で追っていた涌井は、10月6日の楽天との最終戦に先発して137球を要して延長10回を投げぬき、自身、6年ぶり3度目となるタイトルを手にした。だが、そのために10日開幕の日ハムとのファーストステージの第1戦には間に合わず、登板は中5日を空けての第3戦にまでずれこんだ。

  伊東監督は、開幕前のメディアの会見で「涌井が最多勝のかかっていた最終戦で140球近い球数を投げた。『最終戦を回避してCSの初戦で』と話をしたのだが、涌井本人が『最多勝のチャンスなので投げさせて下さい』と言ってきた」と説明していたが、個人タイトルか、3位からの“下克上”かという葛藤の末、首脳陣は、涌井のシーズンを通じての貢献度を考慮、その強い意思を尊重した。

  日ハムとのファーストステージでは、1勝1敗で迎えた12日の第3戦に先発、粘り強いピッチングで7回途中まで143球を投げる熱投で、チームにファイナルステージ進出の切符を呼び込んだ。だが、球数を考えると、最短でも中4日、17日の第4戦まで先発は無理になっていた。結局、最多勝をとらせるために投げさせたレギュラーシーズン最終戦の登板がCSの戦いに大きく影響したのだ。
  
  個人タイトルか、それとも、チームの勝利か。優先すべきは、どちらなのかの議論になったが、千葉ロッテのOBである里崎智也氏は、厳しい見方をしている。

 「最多勝を獲得した絶対エースが投げないままファイナルステージを終えることは考えられない。確かに個人タイトルは、後々まで残る大事なもので、その気持ちを大事にした首脳陣の考え方はわからないでもない。でもプロ野球は何を目標に戦うのかということ。個人成績ではなく優勝を目指すのでしょう。ただでさえ先発が不安なチーム。エースが、最大3試合を投げるローテーションを組めないと下克上のプランも組めない」

  誤算もあった。本来ならば、最多勝を奪いにいっても、中4日で11日のファーストステージの第2戦、また中4日で、16日のファイナルステージの第3戦に先発ができる計画だったが、最多勝のゲームで137球も投げてしまったことで、すべてがオジャンになった。そこが首脳陣からすれば、せめてもの落としどころだったはずだったのだが、涌井の出番が来る前にゲームオーバーになった。

一方で、優勝経験のある某球団の元監督は、「私でも伊東監督と同じ決断をします。個人の記録というのも非常に大事なもの。そのことで他の選手がしらけてしまっていたのならまだしも、涌井に勝たせたいという気持ちでチームがまとまっていました。球数が増えて中4日で使えなかったのは誤算ですが、伊東監督のとった形は間違いではないでしょう」という意見を口にしていた。
  
  タイトルは、後々まで歴史に残るし、タイトル料のインセンティブを結んでいる選手もいる。そのあたりを監督が配慮して選手の希望を受け入れるという考え方も無碍に否定はできないことも確か。年間を通じてローテーションに苦しむロッテ投手陣を支え、15勝9敗の数字を残した涌井の気持ちを大切にしてやりたいとの情が首脳陣に沸くのも理解できる。またチームメイトも、涌井のタイトル奪取を支持していた。

  おそらく涌井が一番複雑な心境なのだろう。ひとつでも勝てば、17日に予定していた先発登板が回ってきただけに、心からチームの勝利を祈っていたと思う。

  ただ、首脳陣の今回の選択に決定的に欠けていたのは、ファンの目線に立っていたのかどうかという考え方だ。ネットに書き込まれたロッテファンの意見を見ていると、「涌井に感謝している」という声もあるが、「チームプランを壊す選手がエースをやっている時点で負けだ」という批判的な見方もある。

  レギュラーシーズンはソフトバンクに独走を許したが、5年周期のゴールデンイヤーと言われる年に“下克上”というチャンスがあった。それも西武との壮絶な3位争いに競り勝って手にした。その敗者復活戦をみすみす個人タイトルを優先して“放棄”することは、優勝を目指し、春から準備をして、ときには自己犠牲を払いながら一致団結して戦うチームスポーツの原則から逸脱していないのだろうか。タイトルを取らせるためにライバル打者を敬遠したり、試合出場を控えるなどの処置とは少し事情が違う。
  
  涌井というエースを使わずにファイナルステージで敗退したロッテは、個人タイトルか、チームの勝利か、というプロ野球が抱える、ある種、永遠の命題に大きな問題提起をしてしまった。

だったらロッテのフロントがシーズン前にFAとかで涌井・石川クラスの2ケタ勝てるような先発投手を2人ぐらい補強すれば良かったんじゃね?って事だわな。結果論だけで言えばまあいろいろと言えますよ。「キューバにも引っ張られてシーズン全部戦えない、しかもシーズンオフまであっちで休みなくプレーするデスパイネはどうよ?」とかもね。

それこそ昨日書いたが、現有戦力をそれなりに鍛え上げるのも重要だけど、ぶっちゃけ、創業家が無駄に「お家騒動」してるんだったら、もっとカネを出せ、って事ですわな。

ま、それこそ今年のオリックスみたいに補強してもそれを使いこなせなかったりして、結果に繋がらないリスクはあるけども(苦笑)。

それにしてもソフトバンク。もし松坂大輔まで大活躍してたらどうなってた事やら…。とりあえずロッテの秋のキャンプ、当初の先発ローテ候補だった唐川・藤岡あたりは死なない程度に鍛え上げられるかもしれないな(大汗)。

ロッテ ゼロ 50g×10個

ロッテ ゼロ 50g×10個

 
ロッテ コアラのマーチ<チョコ> 50g×10箱

ロッテ コアラのマーチ<チョコ> 50g×10箱

 
決定版どうしても“日本離れ”できない韓国 (文春新書 1046)

決定版どうしても“日本離れ”できない韓国 (文春新書 1046)

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ