読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

ラグビー日本代表「凱旋帰国」(祝)。あとは森喜朗氏が2019年までにくたばって(以下略)

スポーツ ツッコミ

スポンサーリンク

リーチら羽田空港に到着「感動した」500人出迎え - ラグビー : 日刊スポーツ

こういう時に「感動をありがとう」という言葉を使うものだぞ、マスコミ(皮肉)。

ラグビーW杯イングランド大会を終えた日本代表が13日、羽田空港に到着した。
  1次リーグ敗退に終わったが、南アフリカからの歴史的勝利を含む3勝を挙げたチームに、空港には約500人のファンが駆けつけた。午後3時29分、リーチ・マイケル主将を先頭に到着ゲートから姿を見せると、「ありがとう」「感動した」などの声が響き渡った。午後5時過ぎからは、都内のホテルで帰国会見が行われる。

いやあ思い出すなあ。去年のサッカーW杯の時、ブラジルでチームと別れて一緒に帰国してこなかった本田△を(←今頃それを触れてやるな(号泣))

そういえば、いつもツイッターで楽しく拝読させてもらっている、立川談四楼師匠がおもしろいツイートを書かれていた。

土橋亭里う馬(どきょうてい・りゅうば)師匠とは、談四楼師匠の兄弟子にあたる、現在は落語立川流の代表の方。談志師匠の生え抜きの弟子では総領弟子にあたる。

実は本当の総領弟子は桂文字助師匠なんですが、文字助師匠は別の師匠のとこで修行して二つ目になった後、その師匠が亡くなった折に談志一門に「移籍」してきたので、現在の立川流は文字助師匠が自ら退いて相談役(破天荒すぎて誰も相談しないそうですが)で、生え抜きの里う馬師匠が代表をつとめてるんだそーですね。

 

で、それはともかく…そんなスポーツ音痴の里う馬師匠も虜にするとはおそるべしエディージャパン(汗)。

それにしても最後の部分。「ラグビーと言えば必ずしゃしゃり出てくるあの人」早くくたばらねえかなあ。まあくたばらないんだろうなあ(失笑)。

あなたに教えられ走り続けます

あなたに教えられ走り続けます

 
日本政治のウラのウラ 証言・政界50年

日本政治のウラのウラ 証言・政界50年

 
いつも心に立川談志

いつも心に立川談志

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ