読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

さあ千葉ロッテ、福岡でソフトバンクが待ってるぞ!!<CS

千葉ロッテ

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/68274093@N00/6054743083

photo by NERELORCO

【ロッテ】鉄腕・涌井、5年ぶりの143球で下克上! : スポーツ報知

いやー、本当にびっくりした。エース・涌井が投げて、井口・デスパイネの一発で辛勝するとはなー。

◆パ・クライマックスシリーズ第1S ▽第3戦 日本ハム1─2ロッテ(12日・札幌ドーム)

 パ・リーグは、3位のロッテがクライマックスシリーズ(CS)第1ステージ(S)第3戦で2位の日本ハムを下し、2年ぶりの最終S進出を決めた。涌井が5年ぶりの143球を投げ、7回途中1失点。今季終盤から鉄腕ぶりを発揮するエースの熱投に、井口が同点ソロ、デスパイネが決勝ソロで応えた。05年、10年に続く5年周期の下克上日本一へ、14日からソフトバンクとの最終S(ヤフオクD)に挑む。

 いつものポーカーフェースじゃいられなかった。同点の3回、無死満塁の絶体絶命。涌井は近藤を投ゴロに仕留めると「絶対ゼロでいこうと、気持ちも精度も一段階上げた」。レアードには低めのフォークで空振り三振に斬った。「ヨシッ!」とグラブを叩き、叫んだ。矢野も二飛に仕留め、ピンチ脱出。珍しくガッツポーズが飛び出た。5年ぶりに143球を投げ、7回途中を8安打1失点。難攻不落の熱投だった。

 登板直後、いきなり災難に見舞われた。初回先頭の陽を一ゴロに仕留めたが、一塁ベースカバーに向かう際に人工芝に足を取られ、転倒した。「『期待に応えてやろう』というのが強すぎて、空回りしてしまった」。左膝と右手をすりむき、治療後にマウンドに戻るが、1死一、三塁からは中田にフォークを左前に運ばれ、先取点を献上した。

 それでもフォークの握りを、人さし指に縫い目がかかるよう変更し、空振りが奪えるようになった。再三走者を背負うが、気迫で勝利を引き寄せた。

 6日の楽天戦(コボスタ)に中4日で登板し、プロ最長の10回、137球を投げて最多勝を獲得した。そこから中5日で140球を超える力投。スタミナは怪物級の右腕も、降板後の疲労は隠せなかった。それでも「投手陣で一番経験があるのは自分」と意地で投げた。伊東監督は「やはり最多勝を取る投手。これぞエースという投球をしてくれた」とたたえた。

 12勝した西武時代の06年は、プレーオフに登板できなかった。第2Sに登板予定だったが、チームが第1Sで敗退したためだ。9日の札幌Dでの練習中、当時も監督だった伊東監督にその件を話し「今回は投げますよね?」と冗談交じりに登板を求めた。移籍前は救援に回っていた右腕の復活劇。指揮官は「西武時代はこんな感じ。投げれば勝つ」と感慨深げに語った。

 ロッテは05年以降、出場5度全てでポストシーズン第1Sを突破。14日からはリーグ王者のソフトバンクと対戦するが「相手は試合間隔が空いているし、こちらは勢い付いている」と涌井は言う。日本一になった05年、10年に続く5年周期のゴールデンイヤー。3位からの下克上を、再び成し遂げる。

恐るべし5年周期…。というか、ロッテは第1ステージで負けたことが無いってのが凄いわ(汗)。

かつては「自分とこは消化試合だが、相手の優勝が懸かった試合に猛烈な強さを見せるロッテ」という、将棋の米長理論を地で行ったような「妙な伝統」があるチームだったんですが…「秋のロッテ」は凄いわ、本当に。

raity.hateblo.jp

↑将棋の「米長理論」についてはこちらを参照の事。

そんでもって、序盤に先制されるも、すぐに井口の同点弾が出て、

更にデスバイネのセンターへのどでかいホームランまで出るとは。

井口は開幕戦でホームランを打つもレギュラーシーズンではなかなか打てなかった印象があり、デスパイネは日ハム相手にかなり苦しめられてた印象もあるんですが…こういう土壇場でホームランを打つんだから、やはり侮れないっす(汗)。

で、最後は8回途中のピンチからクローザーに回った内が登場して、

日ハム打線をほぼ完璧に封じ込むとはなー…。内もいいピッチャーなんだけど(苦労人がゆえにロッテの投手陣の中では最も応援してる選手のひとりですね。個人的には…)何年も怪我に泣かされ続けてきているだけに、こういうところで活躍すると、やはり目頭が熱くなりました。

さて、第2ステージは王者・ソフトバンク。レギュラーシーズンでは打って良し投げて良しのどえらく強いチームで、しかも1勝のアドバンテージ持ち…と、もはや言うまでもない凄いチームが相手ですが、考えてみればロッテは2005年も2010年もソフトバンク相手に(汗)。できれば競り合いになってどこかで勝機を掴んでくれればうれしいです。 

 【余談】

原監督ラスト采配 坂本激走阿部2打点でファイナル - 野球 : 日刊スポーツ

セリーグは阪神を退けて巨人が第2ステージへ。そしてヤクルトとの神宮決戦に挑むわけですが…。

我が家は、嫁と嫁の両親が大の巨人ファン。私はマスオさんの身で大のロッテファン。うーん、我が家の安泰の為にも、日本シリーズ、ロッテ対巨人ってのは勘弁してくれないっすかねー(号泣)。

こう言っちゃあなんだけども、地域的なバランスとしては、ソフトバンク対ヤクルトという1位同士、福岡と東京というのがいいんでしょうが…ロッテってそういうとこは良くも悪くも空気を読まないチームだから(以下略)。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ