読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

ロッテ4連勝で3位浮上。クルーズの肉離れに繋がってしまった「激走」が報われた(泣)

千葉ロッテ

スポンサーリンク

クルーズ激走に燃えた!ロッテ CS圏浮上 残り5戦2勝で決定 ― スポニチ Sponichi Annex 野球

昨日は涌井のナイスピッチングにも救われたが、クルーズの激走にも…(号泣)

ロッテが主力の負傷離脱と引き換えに3位に再浮上した。4回1死満塁から福浦が押し出し四球を選んで1―1の同点に。続くクルーズが遊ゴロ併殺に打ち取られたかと思われたが、一塁はセーフの判定となり、勝ち越しに成功した。懸命に走った代償としてクルーズは右太腿を痛め、そのままベンチへと退いた。

 助っ人の姿にチーム全体が奮い立った。「体を張ってくれたプレーで点が入り、あれでベンチは盛り上がった」と伊東監督。5回と6回に2点ずつを奪うと、9回には一挙4点を奪って勝負を決めた。野手だけじゃない。先発のエース・涌井の闘争心にも火が付いた。「負けられない試合だし、必死で点を取ってくれたというのは感じた」。2回に中田にソロを浴びたが、3回以降は失点を許さなかった。7回3安打1失点で14勝目。チームを4連勝に導いた。

 クルーズは札幌市内の病院で「右太腿裏の軽度の肉離れで全治10日」と診断され、早ければCS中にも復帰する見込みだ。チームは残り5試合で2勝すればCS進出が決まる有利な状況となったが、誰一人として気を緩めてはない。清田は「2連勝で決めたい。一つも落とさないつもりで戦う」と言い切った。

 左手薬指と小指の骨折で離脱している角中もCS中の復帰を視野に入れてリハビリに励んでいる。負傷した仲間を再び迎え入れるためにも、3日の楽天戦(QVCマリン)で最短で2年ぶりのCS切符をつかむ。

あのクルーズのダブルプレー崩れの2点目がなかったらどうなってたのか…と思うと、全治10日の軽度の肉離れで良かったなーとしみじみ思う(いや、あの場面は中継で見てましたがボールがちょっと横にそれたってのもあったんですがよくぞ1塁に間に合ったなーと)。

無論、その間の離脱は大きいんだけども、他の選手があの気迫を感じとってくれたのは非常に大きい。

で、記事に書いてある通り西武がシーズンを終えてしまい、ロッテが残り5試合。計算上は5戦2勝すれば…と書いてあるが、対戦相手は楽天・楽天・日ハム・日ハム・楽天…と。共に選手は来年の年俸の為に戦う「自分の為の戦い」で必死こいてプレーしてくる(特に1軍半の若手が)ので、油断禁物だなあ…。というか、ぎりぎり勝つようだとそりゃCSに勝ちあがっても日ハムにあっさりやられるわ、こりゃ(号泣)。

【追記】

西武秋山日本新215、216安打 内野安打三塁打 - 野球 : 日刊スポーツ

記録とは破られるためにある、とはどこかで聞いた格言?なんだが、いやはや凄い。本当におめでとうございます。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

▼このブログを書いているのはこんなヤツです(笑)

raity.hateblo.jp