読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

「さお竹2本で千円」…と言ってたのに、実際は7万8千円で売った業者がいたとかで(誤爆)

ツッコミ 雑談 日常

スポンサーリンク

さお竹2本で7万8千円…業者「切ったので解約無理」:朝日新聞デジタル

うちの近所にもたまーに路地の奥の奥まで車で売りに来るんですが、あんなもん買おうとも思わねえし。と思ってたら、買おうとしちゃった人がいたのね、これが(汗)

 クーリングオフ制度を説明せずに高額の物干しざおを販売したなどとして、愛知県警は1日、熊本市西区春日1丁目、物干しざお移動販売業、新(あらた)総司容疑者(23)を特定商取引法違反(重要事項の不告知、書面不交付)の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 港署によると、新容疑者は昨年4月13日ごろ、移動販売車で「さお竹2本で千円」と宣伝しながら、名古屋市中川区で無職女性(当時64歳)に、2本を7万8千円で売った。その際、「さおを切ったので、もう解約できない」などと言って、クーリングオフの説明をせず、契約解除に関する書面も交付しなかった疑いがある。

 女性は泣き寝入りしていたが、同署が昨年6月に移動販売中の新容疑者を職務質問。売買記録などから、女性が被害に遭っていたことを突き止めたという。

しかしまー、2本で7万8千円はひどいわ。ちょっとしたパソコンが買えるぐらいのお値段じゃないの。ホームセンターに行って配送してもらっても2-3千円で買えるものを。

竿竹商法、というものがあるらしい。

つーか、結構こういうトラブルは全国的にも少なくないらしい。客本人から声を掛けて呼び止める方式なのでクリーング・オフ制度が適用されない、という話もあるらしい。なので絶対にこの販売業の奴、捕まるなんて思ってなかったんだろうな。かわいそうに泣き寝入りまでしちゃって。ある意味で今回は警察GJ!!と。

今まで訪問販売で高い買い物をしたのは2回だけ…。

そういえば2度だけ訪問販売でモノを買ったことがありますね。一度はジャストミートとかいう高校受験の参考書類。わざわざセールスマンが2人がかりで来て、うちの親、特に親父が何を気まぐれか、馬鹿だから家あげちゃって断れない展開にしちゃったりして(ま、お金払ったのはうちの親なので私の懐は痛まなかったのだけど)。あと一度は、結婚したての頃に小岩のアパートで、浄水器みたいなのを。これは分割払いだったんで、そんなに懐は痛まなかったんですが…。

どちらも前者は高校受験対策でフル活用し(結局、塾の冬期講習とかに行かないで成績を建て直すにはじゅうぶん過ぎるほどに)、後者は、たまたま小岩と、その後にアパートの事情で引っ越した市川で3年半、思いっきりフルに使って元を取りまくったので(で、嫁の実家に同居するために現住所に引っ越した時に処分したんですが、もう分割も完済してました)、まあ後悔はしてませんね。むしろそういう事もある、と思ってます。

でもキレたこともあります、私が(爆)

で、最近もしょっちゅう、インターネットのプロバイダーとかのセールスマンとかが家に来るんですが、「ごめんねー、うち、地元のケーブルテレビのインターネット使ってるんでー」と、ベランダから声をかけてドアすら開けないと(爆)。

一度だけ凄いのが居たのが、KDDIの代理店のセールスマンが、うちのおじいちゃん相手に延々と相手の目も見ずにパンフレット片手に30分以上説明したあげく、「うおーい、誰かきてくれいー」と助けを求めてきたのでたまたま休みで家にいた私(夏で窓を開けてたのでそのやりとりをずーっと聞いていた)が代わりに出たら、またそいつ、同じ説明をイチから繰り返して、何度もいらない、と言ってるのに同じ説明をぐだぐだ…と繰り返して、挙句に私がキレて「お前の会社のだけは絶対に買わない。」と宣言してパンフ叩き返してドアを締めたってことがありましたなー。

で、後から聴いたらご近所さんにも同じセールスをやらかしたらしく、いずれの家のおじいちゃんやおじさんおばさんたちが「キレた」と、後から聞きました(笑)。

変わった例ではフルーツの訪問販売なんてのもありますね。

以前、立川で仕事してた頃に、営業回りしてたビルの中にフルーツの訪問販売の会社があって、帰りに制服姿でバイクで戻ろうとしてる時に声を掛けられて「梨、買いませんか?」と言われて買ったことがありますね。

つーか、思わずツッコミましたわ。「いや、君さ、よく制服姿でバイクまたがってる俺に声かけるねー」と。この営業先近辺を歩いて回っている若い兄ちゃんだったんですが。「ま、いいや、梨を3つぐらいおくれや」と。ちょっと高めの梨で、帰り、通勤用かばんの中に入れるととても重かったんですが、物凄く美味しくて家族にも好評で何よりだった…と言う事がありました。

それが最近年に1-2回、フルーツを入れた箱(昔の駅のホームの駅弁売りみたいな取っ手がついている箱ですね)で、立川の隣町の隣町の我が家近辺も来るようになり、やはりどこかに車を停めて歩いて住宅地を回っているらしく、私はそこのおいしさは知ってるんで都度、買うようになりましたね。ま、普通こんな住宅地に家を回っても売れる可能性は多くないわけで、勿論「ま、頑張んなよ」という意味合いで。

話を聞くとどうも歩合給らしいんすよね、このセールスの兄ちゃん姉ちゃんたちも。だいたい来るのが秋の、梨・葡萄・柿・林檎あたりがスーパーの店頭で売り出し始めたこのぐらいの頃なんで、たぶんぼちぼち…。

そんなことはどうでもいい。何はともあれ…。

で、竿竹屋。ちゃんとカネ全額返せよ。勿論金利と慰謝料つけてな(皮肉)

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)

 
ステンレス 伸縮物干し竿 1.66m?3.0m CS-30

ステンレス 伸縮物干し竿 1.66m?3.0m CS-30

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ