読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

どうにか終盤戦のどさくさ紛れに(?)、ロッテの大嶺(祐)に2ケタ勝利をさせてあげたいもんだ…。

千葉ロッテ

スポンサーリンク

ロッテ・大嶺祐7回零封で8勝目!ソフトB松中今季初先発も3の0 ― スポニチ Sponichi Annex 野球

西武も勝ったんで1.5ゲーム差は変わらず。でもこの勝ちはたぶん大きいと思う。

ロッテは大嶺祐、大谷、内のリレーでソフトバンク打線を5安打1失点抑えて快勝した。

 先発の大嶺祐は4、5回と先頭に安打を許したが、いずれも後続を打ち取って無失点。それ以降は走者を許さず、打たせて取る投球で7回3安打無失点1四球と好投し8勝目を手にした。9回から登板の内は1点を失ったが、今季2セーブ目。

 打線は初回2死一、三塁から井口の内野安打で1点を先制。4回に中村の中前適時打、5回にはデスパイネの中前適時打で追加点を挙げた。

 ソフトバンクは先発の摂津が8安打を打たれながらも7回3失点と粘ったが、打線が援護できず。9回にようやく1死二、三塁の好機をつくったが、中村晃の中前適時打で1点を返したのみだった。ベテラン松中は「7番・DH」で今季初めてスタメンに名を連ねたが、3打数無安打に終わった。

最後の内が1点取られたものの、あのソフバン打線をほぼ封じ込めることができたのは大嶺(祐)にも大谷にも、そしてクローザー役に回った内にも大きな自信になったんじゃないんでしょうかね。

あとは、できれば大嶺(祐)にも2ケタ勝利を。残り9試合。うーん、ビミョー…。終盤戦だけにスクランブル態勢で、どさくさまぎれに2勝させてあげたいもんだ(をい)

楽天梨田監督決定へ 星野副会長「時期は来ている」 - 野球 : 日刊スポーツ

楽天は梨田さんなのか。とりあえずオーナー氏の介入を星野サンがうまくはぐらかしたり食い止めたりして、現場が委縮しないようによろしく頼みますわ。

光速の終盤術 (将棋連盟文庫)

光速の終盤術 (将棋連盟文庫)

 
終盤のメカニズム (マイナビ将棋BOOKS)

終盤のメカニズム (マイナビ将棋BOOKS)

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

▼このブログを書いているのはこんなヤツです(笑)

raity.hateblo.jp