読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

鳥栖0-1甲府

ヴァンフォーレ甲府

スポンサーリンク

f:id:tony_togo:20150926172249j:plain

鳥栖1-0甲府(スパサカ)

スカパーで見ておりました。

いやあこんだけノーチャンスの中、ほぼ唯一のチャンス?っぽいシーンで決めたゴールを守りきるとは…。それにしても昨年来、甲府の勝ちゲームでヒリヒリ感がない試合が皆無なのは(爆)

甲府は前半開始早々にバレーがペナルティエリアの手前真ん中から打ったシュートはあったんですが(ボールの勢いが弱くてあっさりGKにキャッチされてましたが)、その後はほぼノーチャンス。鳥栖が甲府の堅守に攻めあぐねてるなーといった感じで前半が終わり、そのまま後半に入って、やはり甲府の攻撃も「うーん、うまくいかねえなあ」と思ってた矢先に、後半20分すぎに阿部(拓)が随分と高いポジションでボールを奪って、そこからクロスをゴール前ど真ん中に打って、バレーが反応して先制点…といったシーンでした。いや、結果的には攻撃の形らしい形はほとんどなしてなかったんですが、阿部(拓)のナイスアタック!!といった感じでしたわー。7月の湘南戦のバレーのゴールシーンを目の前で見てたんですけどもあれと似たような感じだったなあと。

その後は鳥栖も怪我か不調か何かで先発ではなくベンチだったエース・豊田を投入してきたりして打開しようとして、攻めの鳥栖、守りの甲府で相撲でいえばがっぷり四つ的な感じに。ただ、甲府も守りは完全に崩壊することはなく、鳥栖も攻めづらさ満載で何度かゴール前でシュートを打たれるシーンはあったんですが外したりして点には至らず。ロスタイム5分という「お前、それ長すぎね?」的なこともありましたが、1-0のヒリヒリ感たっぷりな辛勝劇でした。

で、最後はバレーの代わりに出てきた長身の盛田師範も守備の方に加わってまして…

ラグビーのスクラムん時のバックス陣ぢゃねえんだから、と(爆)。

※画像お借りしました(多謝)

 

で、新潟や松本山雅の試合は夜なんで甲府戦終了時の暫定順位としては、

f:id:tony_togo:20150926173218p:plain

で、暫定13位まで浮上。てか、11位の仙台(山形とドロー)から暫定15位の新潟までが勝ち点差3の間にひしめているんすけども(汗)。今日、もし松本山雅がFC東京に勝てば、仙台から松本までの差が5に。残り5試合で勝ち点差5ってのはまだまだわかんねーし。

あと、ついさっきツイッターで見て「絶句」したのは…、

元・甲府の柏好文が清水兄貴に「とどめ」をさしておる(;゚д゚)

 

ちなみに甲府の次節の相手はホームで新潟戦。うーわー、ここで武田信玄と上杉謙信の戦いではないが「川中島ダービー」か…。もし新潟が今日川崎に勝つと甲府で勝ち点で並び、数字的には勝てば得失点差が+1になるので順位は甲府のひとつ上になるわけで。こんな刃が欠けたシェーバーで髭剃りをしたようなヒリヒリ感あふれる終盤で川中島ダービーとはなー(爆)。

何はともあれ遠征された甲府サポの皆さんお疲れ様でした。気を付けて帰ってきてくださいね。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ