読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

先日、月見バーガーを食べたくて駅前のマクドナルドに行った時の話

日常 雑談

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/55845354@N07/5400459762

photo by Bowen Chin

数日前、出先でちょっとちょいと遅い昼飯を食べるのと、食料品の買い出しを福生の西友でしてくるのを兼ねて、福生駅前のマクドナルドでお昼を食べることにしました。

で、「おお、月見バーガー売ってんのね」と。毎年、これが楽しみで1回は食べに来て、食べるたびに「クォーターパウンダーなんかやめてこれを通年販売すりゃいいのに」とかぼやくのをお約束としてる私だったりしますが(自爆)。

1.月見バーガーはおいしかった。が…。

んで頼んだのは、月見バーガーのセット(ポテトをLサイズにしてもらって、コーラのドリンクはMのままで)と、なんとなく単品でチキンマックナゲットを食べたくなり、それを注文したら、月見バーガーとドリンクとチキンマックナゲットはすぐに揃ったのだが、ポテトは揚げてすぐのを持ってきてくれるというので、札みたいなのを持たされて1階のカウンター席へ。 

んで、持ってた文庫本を見ながら、ちびちびと食べることに。「たまに食うとうめーなー、チキンマックナゲットも」とか「月見バーガー、通年販売すりゃいいのに。クォーターパウンダーみたいな奴を売ってるんだったら(以下略)」とか、ちびちび食べつつ、コーラもちびちび飲んで、本を読むのに没頭していた。

それは良かったのだが、20分ぐらいかけてチキンマックナゲットも月見バーガーも、コーラも食べ飲み干した時に、ふと気づいた。

「あ゛。フライドポテトが来てない」

と。

2.なかなかフライドポテトが来ない。が、腹は満腹に…。

ところが幸か不幸か、お腹は既に膨れて満足感が。いわゆる「満腹」状態に。このあと、

「今更、熱々のフライドポテトが来てもなー。でもバーベキューソース残ってるし、これをつけて食べるのも乙だなー。でも、胃がもたれたらしゃれになんねーしなーもどうしようかなあ。レジに行って「ポテトまだなんすけど」というほどの空腹感でもねーしなー」

…とか思い始める自分が居た。

3.さりとて時間もないし、わざわざ言うのもめんどいしで…。

で、この時に思ったのは、「月見バーガー+ドリンクだけでセット分の満足感は得てるから、自分は気持ち的には損はしてない」と思ったので、

計画1:あと15分放置プレイされたら、店に言わないですっと出て来よう。で、札みたいなのは何も言わずにダストボックスの上に置いてきて(爆)

計画2:もし店員さんが持ってきちゃったら、何口か食べてダストボックス行きにしちゃおう。

とか思いつつ、あと15分だけ何も言わずに待つことにした。それ以上店に滞在すると、買い物する時間も遅くなり、家で待ってる妻とかにも若干迷惑がかかることになるので。

※というのはおばあちゃんがデイサービスに行っていて、帰宅すると、外用車いす→玄関で昇降機→家用車いすに乗り換えさせる作業が待っていたので、できれば午後4時半までには家に戻りたかったである。結構妻がひとりでやるには力仕事だったりする。

f:id:tony_togo:20150925205537j:plain

↑こんなの

4.すると15分後、店員さんが私のとこにやってきて…。

で、そろそろ15分経過したし、「計画1」を実行に移そうと、ナップザックにiPhoneと文庫本を入れて帰る準備をしはじめたら、若干焦り気味な表情をして店員さんがやってきた。で、こうのたまった。

「すみません、ポテト、もうちょっとお待ちいただきますか」

あー、やっぱり忘れてたのね。内心そう思いつつも、そりゃそうだよなーで、私はこう言った。

「あ、いや、もういいです。満腹して満足しましたし、時間もないですし」と。顔はにこやかに、いつも通りの「知らん人に話しかける際の」営業スマイル(爆)で立ち上がり、トレイをダストボックスのとこにもって行って、ごみの分別をしはじめた私だったのだが、店員さんは逆に私の表情がにこやかだったせいか更に恐縮してしまった。

5.返金してくれるというんで、「じゃ、マクドナルドハウスの募金箱にでも…」と。

すると店員さん、どうもチーフクラスの人だったらしく、「では返金させてください」という。ただ、頭の中で計算したところ、月見バーガーの単品は幾らかは知らないが、400円だとしたら、ドリンクも単品で計算しても100円にも満たないのでは…と思ってたら、細かい金額は忘れたが200数十円返してくれるという。

基本的に私は小心者なので「うーん、そんなに返されてもなあ」と思ってたら、ふと、レジ前にあった、

【それホント !? 】1泊1,000円のドナルド・マクドナルド・ハウス - NAVER まとめ

マクドナルドハウスと言う自宅から遠い子供病院等に長期入院する子供たちの親御さんが滞在できるような宿泊滞在施設を支援する募金箱があったので「これだ!!」と思い、

「じゃ、その200数十円、そこのマクドナルドハウスの募金箱の中に入れといてください。うちも危うくそこのお世話になる可能性もありましたから」と、ぼそぼそと言うと、店員さん、恐縮しながらもレジからお金を出して私の目の前で募金箱に入れてくれて、改めてお詫びをされたので、「いやいや。」とにこやかに手を振って店を出たのだった…。うーん、緊張した(をい)。

6.「マクドナルドハウスのお世話になる可能性も」という話とは実は…。

これはこのマクドナルドハウスの第一号の施設ってのが実は世田谷区の大蔵という場所にあり、ここは日本最大級の子供病院でもある、「国立成育医療研究センター」という病院に隣接された場所にあるんですね。

f:id:tony_togo:20150925211219j:plain

↑世田谷のマクドナルドはこんな形らしいです(画像お借りしてきました)

で、ここの病院にうちの妻が2年前に妊娠中毒症で入院してた地元の産婦人科の病院から救急車で運ばれて緊急手術で出産したもので、つまりは「うちの息子が生まれた病院」だったりするんですね。で、妻の手術や息子の容体ひとつによってはここに泊まってたかもしれないんで、まあ他人事ではないなと。

うちの場合は、幸いなことに、私自身が付き添って泊まらざる得ないほどの妻子は重体患者ではなく、福生から世田谷まで車で1時間程度で通える距離だったのと、妻も通常の帝王切開出産の標準日数である10日間で退院しましたし、息子も保育器等に入って2か月後には退院できたので、最終的には使いはしなかったんですけど。

ついでに書くと、息子が生まれる前後から毎日、mixiで日記を書いてたんですが(しかも全体公開モードで)、後日、mixiか何かでこの国立成育医療研究センターを検索したらここの日記がひっかかったんで「この病院の事を教えてくださいませんか?」と質問のメッセージを送ってこられたママさんがいらっしゃって、あれこれとお教えした際に、そのうちのひとつに「えーと、確かマクドナルドハウスという施設がありまして…」とお教えしたところ、実はうちよりも更に遠隔地から息子さんの手術および入院で通うのが大変だったんだそうで、最終的にここに問い合わせて、ここのお世話になったという方もいらっしゃいましたしね…。それがきっかけで妻も含めてmixiで交流させていただくことになったり、とか「知ってて良かったなあ」と言う事があったりしました。

7.なんだろう妙なこの清々しさは(誤爆)

我が家の場合は、息子の退院後も、超未熟児で出産で発達障害があった関係で、1歳を過ぎるまでは毎月1回診察やリハビリで通ったりしていて、その都度、病院の12階に安くておいしいレストランがあるんですがそこでお昼を食べることが多く、お会計をする際にもレジの前にマクドナルドハウスの募金箱があるので、100円とか50円とかを入れてから店を出るというのが恒例になってしました。実はこの時もお会計の直後に100円玉を募金箱に入れてるんですけどね(苦笑)。

8.帰宅後、うちの嫁さんからキラーパスの一言を喰らう(爆)

で、隣の西友で食料品の買い物をして、立体駐車場の車を出す際にふと、「いやあ俺、ひょっとしたら、チキンマックナゲット余計だったのか?」とか思ったり(自爆)。結果的に、精神衛生的にも悪くならず、お腹もそこそこ膨れ満足感も得られて、しかも40-45分近くも滞在させてもらって文庫本まで読ませてもらう時間までいただいちゃって、おまけにお店から募金までして貰っちゃって…と、不愉快さは全くなく、ああ、俺、たまにはいい事をしたな、とか勘違いっぽい事を考えながら、ハンドルを握って運転して帰ってきたのだった。

帰宅後、嫁にそれを話したら、「あらー、あなたがそれで怒らないっていうのも珍しい」と冷やかされた上に笑顔でこうのたまった。

「えーそれは全部食べたら食べ過ぎでしょー、たかだかお昼食べるのに、セットの他にチキンマックナゲットは余計でしょ?」と(誤爆)。

ええ、返す言葉もなく(号泣) 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

▼このブログを書いているのはこんなヤツです(笑)

raity.hateblo.jp