読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

明日は、鳥栖対甲府戦という対戦なんすけども…。

ヴァンフォーレ甲府

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/24503701@N02/5043206939

photo by s.yume

【甲府】26日鳥栖戦、ロングボール攻撃を警戒 : サッカー : スポーツ報知

お互い、人口がそうは多くないホームタウンで、しかも親会社がない地方のチームで、チーム運営も順位的にもJ2戦線で苦労してどうにかJ1に上がってきた者同士の対決なんですなー。

しかしまー、鳥栖駅前のスタジアムは長崎旅行の行き来の途中で毎度見てましたが、実にうらやましい(苦笑)

J1甲府の佐久間悟監督(52)が24日、26日にアウェーで対戦する鳥栖のロングボール攻撃を警戒した。

 鳥栖は8月29日の神戸戦で1―7と大敗してから、9月12日の清水戦、19日の広島戦を0―0と2試合連続無失点で引き分けた。佐久間監督は「守備を重視しているのは明らかですが、ウチ相手にはエネルギーをかけて勝ち点3を取りに来るでしょう」と予想する。

 鳥栖は年間勝ち点31で13位。甲府は同29で15位。「ウチに勝てば(鳥栖は)残留争いで優位になれるのでね」と、鳥栖がホームで攻撃的に仕掛けてくると見ている。

 鳥栖の攻撃の特徴について、佐久間監督は「ロングボールですね」と分析。そして「相手のプレーを予測し、セカンドボールの争いでバトルしないといけないです」と球際で負けないことが重要と説いた。

鳥栖に関しては浦和戦とか神戸戦みたいに大量失点してる試合はあるんですが、

raity.hateblo.jp

↑神戸7-1鳥栖の試合の話ですね。「いやちょっと待て」と突っ込んだ始末でした(爆) 

あれども、常に連敗街道、というわけではなく、大まかに言えば「いい時はいいけど、悪い時はアレ」な今季なんだろうな、と思ってるんで、まあ油断しちゃダメだなあと。いかにしてエースの豊田選手をファウルせず(←ここが特にポイントね)に封じ込めるかどうか、ですね。

ただ、それよりも、甲府には挑戦者精神を忘れてほしくないなあとも思ってたり。

無論、がっちり守るだけでなく(←いやこれはもう基本中の基本なんすけどもね)、それこそセカンドボールをうまく取って、鳥栖をびっくりさせるようなカウンターや攻撃も見せてほしいなあと。できればエースのバレー以外の攻撃の選択肢をもうちょっと欲しいかなあと思うんすけどね。後ろから山本キャプテンが無回転シュートをどーん、とか。

ちなみに今季の前回の対決は樋口前監督の頃に0-3で鳥栖に負けてるんですが、こん時は前半4分にPKを取られてしまい(以下略)。たぶん今回はお互いに更に研究し尽くした・し尽くされた状態で戦うわけで、意外に試合は動かないかもしれないですねえ。

 

それにしても特に今期は、甲府と鳥栖も勿論の事、湘南、山形、仙台、松本山雅などなど…の、かつてのJ2の激戦を戦ってきたライバル(なんか勝敗を抜きしたら戦友のような感じもしなくもないぐらいに)が、J1にたくさんいるなあ、と。J1のオリジナル10のチームがそのままずーっとJ1に居続けてるチームがもう半分もいないですし(残るは横浜M、名古屋、鹿島、清水…でしたっけ?ガンバや浦和も前にJ2を1年だけ経験してますしね。なおかつこの中でも今年は清水兄貴が大ピンチでもありますし…)。

それを思うと、ちょいと感慨深いものもありますねー。いい試合を期待してます。

サガン鳥栖あるある

サガン鳥栖あるある

 
ヴァンフォーレ甲府あるある

ヴァンフォーレ甲府あるある

  • 作者: コマツサトル,めがねや梅茶
  • 出版社/メーカー: ティー・オーエンタテインメント
  • 発売日: 2014/02/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

▼このブログを書いているのはこんなヤツです(笑)

raity.hateblo.jp