読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

「よそう。また夢になるといけねえ(古典落語「芝浜」)」<ラグビー日本代表大金星(感涙)

スポーツ 雑談

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/79526104@N07/7296339168

photo by jeanfrancois beausejour

エディー日本、世界に衝撃 V候補南アフリカ破る - ラグビー : 日刊スポーツ

昨日は午前3時にテレビの前で絶叫→号泣。その後、ちょいと落ち着いた後にあまりにびっくりしすぎたせいか胃痛と吐き気に襲われる、という始末で(号泣)

<ラグビー:W杯イングランド大会・日本34-32南アフリカ>◇1次リーグB組◇19日(日本時間20日未明)◇ブライトン

 日本代表が、W杯の初陣で世界に衝撃を与えた。優勝候補筆頭で、過去W杯2度優勝を誇る南アフリカを、終了間際まで追い詰めた。組織的な防御と、FB五郎丸歩のキックで前半から五角の戦いを演じた。
  ほぼミスがなく、たった2つのタックルミスをいずれもトライに結びつけられながらも、大接戦に持ち込んだ。
  後半28分には鮮やかなオープン攻撃から、五郎丸がトライ。キックも決まって、29-29の同点になった。
  その後、PGを決められて3点を追う後半38分には逆転を狙い、相手ゴール前1メートルまで迫った。世界の強豪から、金星を奪いにいった。残り1分で、ほぼ全員で組んだモールは相手インゴールへ。惜しくもトライは認められず、ゴール前5メートルのスクラムになった。
  80分が終了した時点で、ゴール前でペナルティーを獲得。PG選択して決まれば、32-32の同点で終了だったが、あくまでも逆転を狙って攻めた。
  後半ロスタイムも4分を経過。日本は最後の1プレーで、左ライン際に歴史を変えるトライを決めた。日本が34-32で大金星を挙げた。
  24年ぶりのW杯勝利。世界のラグビー史に、日本が確かな足跡を残した。

朝起きて、思い出したのが2つ。

一つ目は、かつて浦和レッズがナビスコ杯優勝で初タイトルを取った翌日の新聞記事に、「浦和レッズサポーターの皆様おめでとうございます。夢ではありませんでしたネ」という三菱自動車だかの記事が載ったらしい、と埼玉在住の友人から聞いた事か(苦笑)

そしてもう一つは、冒頭のタイトルにも使った古典落語の名作「芝浜」の有名なオチの部分。「よそう。また夢になるといけねえ」。

↑談志・志ん朝・5代目円楽のそれぞれの「芝浜」。参考資料にどうぞ(笑)

いやあ、夢ではなかったんすねえ(感涙)。 

落語名人会(14)

落語名人会(14)

 
芝浜-寄席「若竹」最後の日

芝浜-寄席「若竹」最後の日

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ