読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

14安打で2得点という「残塁祭り」に(汗)<千葉ロッテ

千葉ロッテ

スポンサーリンク

伊東監督14安打で2点に「テンションが下がる」 - 野球 : 日刊スポーツ

9回無死満塁からデスパイネ三振→今江併殺打で終了ーってのにはずっこけた(誤爆)

<ロッテ2-6オリックス>◇12日◇QVCマリン
 ロッテは西武とのCS直接対決を前に痛い敗戦となった。
  14安打を放ちながら得点はわずか2点。9回は無死満塁のチャンスを作ったが、デスパイネが三振、今江が二ゴロ併殺で1点も奪えずゲームセットとなった。
  伊東勤監督(53)も疲労感いっぱいだ。「点を取れない野球をやっている。14安打で2点しか取れない。最後の攻撃が今のうちを物語っている。打つべき人が打たないと点は入らない。こうも打てないと若い選手が多いからね、テンションが下がってしまう。直接対決の明日ぐらい勝ってくれないと、ズルズルいってしまう」と嘆いた。

てな事を嘆いておいて、その次の試合で15-0ぐらいで勝っちゃって「その5点ぐらい前(ないし後の)の試合にとっとけよー」と嘆いたりするんだろうな、俺ら(誤爆)

ま、逆に言えばオリックスがそれだけ踏ん張ったという事にもなるんすけどね。

【ロッテ】伊東監督続投へ!CS争いを評価 4年目集大成めざす : 野球 : スポーツ報知

まあまあ采配には文句はないし、現有戦力でよく戦ってると思う。

◆ロッテ2―6オリックス(12日・QVCマリン)

 ロッテの伊東勤監督(53)が来季も続投することが12日、濃厚となった。今季が3年契約の最終年。チームは借金5の4位ながら、球団は限られた戦力でCS争いに絡んでいる手腕を評価。最終的な決定は今季終了前後となる見込みだが、伊東政権は4年目に突入することになりそうだ。

 投手陣が防御率12球団ワーストの3・96と苦しんでいるが、中継ぎから先発に転向させた大嶺祐が自己最多の7勝をマーク。デスパイネ、今江、角中らの離脱がありながらも、3位と3ゲーム差の4位に踏みとどまっている。新人の中村ら若手も積極起用し、球団幹部も「戦力が十分ではない中、Aクラス争いができている」と評価した。

 「日本一を勝ち取れるチームを作る」ことを掲げて13年からロッテ監督に就任し、1年目は3位からCS最終ステージ進出。昨季は4位に終わったが、石川、西野、田村ら主力を育て上げた。就任当初から中長期的なチーム再建を託されており、伊東イズムの浸透した来季は集大成となる。

 チームはこの日、オリックスに敗れ、CS争いは厳しさを増している。13日には3位・西武と直接対決(西武プリ)。自力CSが消滅する可能性があるが「残り試合が少ないだけに、前を向いて行くしかない」と最後まであきらめるつもりはない。古巣を上回ってAクラス入りを目指す。

まあ戦力を充実させるのは、現場よりも上の人たちの判断ですしな…。けが人が多いのと、2軍で調子がよくて1軍に上げてる選手を使いあぐねてるのを除けば、伊東監督とかの手腕云々以前の問題なので、よく戦ってるとは思いますけどね。

読む野球-9回勝負-No.9―記録を読む (主婦の友生活シリーズ)

読む野球-9回勝負-No.9―記録を読む (主婦の友生活シリーズ)

 
9回裏2アウト DVD-BOX<シンプルBOXシリーズ>

9回裏2アウト DVD-BOX<シンプルBOXシリーズ>

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

▼このブログを書いているのはこんなヤツです(笑)

raity.hateblo.jp