読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

自衛隊員が飼い犬とかを一緒に助けてやったっていいじゃないか。「野暮」な事言わなくても…(呆)。

ツッコミ

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/59594746@N00/8186731264

photo by Jasper180969

痛いニュース(ノ∀`) : 自衛隊員が犬を救助するのはルール違反? 「生存する国民の救助」以外はアウトかネット上で激論 - ライブドアブログ

そんなことで「激論」してるヒマあんなら、危機管理とか土木技術とかの向上を語り合えばいいのに…。

自衛隊員が犬も一緒に救助! これは称賛される対応かルール違反かで論議
鬼怒川の堤防決壊により、茨城県常総市が大規模な水害に見舞われた2015年9月10日、屋根の上で助けを待っていた住民2人が2匹の犬とともに救助される様子がテレビ局各社のヘリコプターから生中継され、大きな注目を集めた。

インターネット上では、犬の命まで救った自衛隊員を称賛する声が相次いだが、これを「ルール違反」と指摘するツイートが投稿され、議論を呼ぶこととなった。

■任務の「生存する国民の救助」以外はアウト?
住民のもとに自衛隊員が降り立ったのは10日16時ごろ。救助は女性、男性の順番で、2人が抱きかかえていた犬も一緒にヘリコプターに引き上げられた。途中で落ちないようにするためか、犬を袋に入れられる工夫もなされた。

救助された女性は搬送先の公園に到着後、NNNの取材に対し「本当は、犬は置いてくればよかったのかもしれないですけど、自衛隊の方に『お願いします』と言って連れてきました。子供の犬なので置いてこられなかったので...」と話し、感謝の言葉を述べた。

ネット上には「私も愛犬を置いて自分だけなんて無理です」「涙止まらない。ほんとに良かった」「ペットの犬や猫達も大事な『家族』ということですね。深い絆を感じます」といった声が相次ぐと同時に、自衛隊員にも称賛の声が集まった。

個人的には「助けられるもんだったら助けてほしい。ただしもし緊急性が強すぎて助けられなかったら、自衛隊員を恨むのは筋違いだからそれはご勘弁だと思ってるんで、安全圏にいる第三者がとやかく言う事自体が、野暮だなあ…としか思えないんすけどね。

※そりゃ家で買ってるダルメシアン101匹全てヘリに乗せろ、は無理だけどな(爆)

ま、本筋は、「飼い犬などの愛するペットがいるんだったら、できるだけあらかじめ危機管理もってできる限り早く対応してね」なんすけどね。例えばテレビやラジオの情報とかをチェックして早めに避難するとか、二階に避難するとか。でも本当に想定外の事が起きる場合ってのをあるというのを考えると、個人的には何ともいえないんすよね。東日本大震災も然り、今回の大雨も然り。

ただ、全てが終わった後に結果だけ見て安全圏でギャーギャーと机上の空論を掲げるってのだけはご勘弁だな、と。例えば自衛隊嫌いな奴が我田引水なことを言ったりとかな。だったら近所の公園の便所掃除でもして人の役に立てばいいのに(以下略) 

どうせこういう場で杓子定規であれこれ言ってる奴らだって、いざテメーがそういう場面になったら、つい5分前に正論ぶってたことなぞ忘れてご都合主義かつ臆面もなく「俺に大いに配慮してくれ。自衛隊だろ、国民の俺と大事なペットを助けてくれ」とか、わがまま言うに決まってんだから。人としてそういう卑怯者な役立たずにはなりたくないっすわー(失笑)。

 

【余談】

ちなみにうちも10年前まで実家で犬を飼ってましてね。それが冒頭の写真の犬と同じ種類のラブラドール・トレリバー。もともと私は犬嫌いだったんですが、飼い始めてあっさり克服できて、病気で死んだときにはやっぱり悲しかったですなあ。 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

▼このブログを書いているのはこんなヤツです(笑)

raity.hateblo.jp