読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

甲府の山本キャプテンが戻ってきた。

ヴァンフォーレ甲府

スポンサーリンク

【甲府】キャプテン山本、5戦ぶり先発で復帰 : サッカー : スポーツ報知

若手の畑尾も悪くはなかったんだが、やはり「読み」と精神的支柱という意味では山本キャプテンにはまだまだ及ばないのが…ねえ(汗)

J1ヴァンフォーレ甲府は22日、ホームで神戸と対戦する。チームは21日、韮崎中央公園で最終調整し、腹斜筋を負傷していた主将のDF山本英臣(35)が7月19日の湘南戦(2○0)以来、5試合ぶりに先発で復帰することが確実になった。4試合白星がなく、2連敗している苦しい状況だが、守備ラインの絶妙コントロールでチーム一丸を演出し、勝利を目指す。

 山本は「選手1人替わったぐらいで、チームが大きく変わることはないし、そうあってもいけない」と謙虚な姿勢を崩さないが、勝利のためにやるべき事は理解している。「全員でコンパクトになって戦うことが大事だと思う」。前線と最終ラインを間延びさせないことを心がける。

 陣形をコンパクトに保つことが、甲府の生命線だと考えている。「攻撃でも守備でも助け合える」。選手間の距離が近ければ、力を合わせやすく、ミスをカバーもできる。ルーズボールを拾い合って攻撃につなげられる。個人ではなく、組織として戦うことができるのだ。

 山本は最終ラインの中央からチームを統率する。「自分の判断が正しいかは別にして、責任を持って発言し、チームを同じ方向に向かせたい。リーダーシップを持ってやらないといけない」。甲府の大黒柱がチーム力を結集させ、勝ち点3へとつなげる。

前節のマリノス戦が、攻撃の要の阿部(拓)も欠いてたので、完全にバレーが封じられて攻撃側が全く機能してなかったのと、守備側のミスもあって手も足も出なかっただけにねえ。

【甲府】5年半ぶり復帰FWマラニョン、22日神戸戦でメンバー入りも : サッカー : スポーツ報知

5年半前はJ2の昇格争いをしてた頃で、今とは選手の面々も随分入れ替わって慣れない部分も多いとは思うんですが、ぜひともバレー共々風穴を開けてきてほしい。

J1甲府の佐久間悟監督(52)は20日、山梨・韮崎市内で行われた練習後、5年半ぶりに復帰したブラジル人FWマラニョン(31)の選手登録が完了したことを明かした。22日の神戸戦(中銀スタ)から出場が可能になる見込みとなった。

 マラニョンは8月8日に合流し、コンディション向上に努めてきた。佐久間監督は「(コンディションは)まだまだで、上げてもらわないといけない」と言うが、この日の紅白戦では主力組でプレーさせた。「場合によっては、マラニョンにも可能性がある。そのためにも守備のやり方を練習で覚えてもらわないといけない」。指揮官はマラニョンを神戸戦のメンバーに入れることを視野に入れており、チーム戦術を身をもって理解させているという。

しかし思い出すなあ。2010年のJ2で、柏レイソルが19戦無敗の当時のJ2記録を樹立してた裏で、甲府が13戦無敗でその後ろを2位で駆け上がってた時に、そこで無敗を止められたのが東京Vだったんですが、調べてみたら、その時のスタメンにバウル氏と福田健介、控えに阿部拓馬がいて、ゴールを決めたのが甲府にも在籍してた平本だった…と。もっとも、甲府も今いるメンバーでスタメンだったのは山本キャプテンだけで、控えに、津田・保坂・松橋・石原克哉…と、現在も甲府でプレーしてるのはこの5人しかいないのか、というのに軽いショックを(爆)。

※漢・片桐の背番号の入ったコンフィットTシャツ持ってて今も着てるんだけどなー(号泣)

ついでに書くと、この試合、東京Vと甲府は後半20分に同時に1人目の選手を交代してるらしいんですが、甲府がマラニョン、東京Vが阿部拓馬だったそうで…、うーん、なんつー奇縁か。しかもマラニョン、その後で東京Vでもプレーしてますしね(笑)

で、今日の対戦相手の神戸もなんやかんやで強いしなあ。とりあえず善戦としっかりした審判のジャッジを期待してます。はい。

[追記]

さっき確認した時点では今日のベンチ入りはなかったようですが…。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

▼このブログを書いているのはこんなヤツです(笑)

raity.hateblo.jp