読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

そこまでさだまさし氏本人に言わせちゃいかんぞ…(汗)

さだまさし(?) 雑談

スポンサーリンク

まっさん旅日記「苦悩しています…」 さだまさし拝|さだまさしオフィシャルブログ「まっさん旅日記・アメブロ編」Powered by Ameba

たまーに見ている、さだまさしオフィシャルブログで、数日前の日付でさだ氏本人の文章があった。

どうも、都内にある明治寺というお寺の「献灯会」という行事に、毎年のようにさだ氏が訪れているそうで、それを目当てに熱心なさだファンも行くことがあるらしい。

で、その行事について、さだ氏がこんな事を書かれていた。

昨日は百観音・明治寺の献灯会でした。
今は亡き第三世住職だった草野榮應和上(本年十三回忌)の発案で、
始まったのが「献灯会」です。

ご存じの通り、百観音のお庭には180尊以上の観音様が鎮まっています。

この観音様にお灯明を差し上げるご法要が「献灯会」
榮應さんの、お灯明料を世界の飢餓に苦しむ子供達に送って
一人でも元気になって貰おうという意志から始まりました。

榮應さんがなくなった後、その意志をどうにか沢山の人に拡げたいと
勝手に「献灯会」という歌を作り、沢山の人がお参りに来て下さるよう、
心を込めました。

歌を作ってからは毎年「献灯会」には僕もお参りに伺っています。

ところがこの所何て言うのかねえ、お参りもせず、お灯明にも見向きもせず、
さだまさし見物の人だらけで、さびシー。

勿論そんな方々に悪意などないでしょうし、
さだまさしに注目して下さることは芸能人としては有り難いことです。

ただ、そのせいで「献灯会」という、百観音にとっても、
地元の人にとっても大切なお祭を、ざわつかせているだけのようで、
申し訳ない気持ちになります

この様子を見て、却ってお寺にご迷惑かな、と、この所いつもそそくさと失礼します。
ゆっくりと観音様にお参りも出来ませんしねえ。
すると、「見物」の人は潮が退いたように居なくなって
お寺の境内はガラーンとするそうです。
これは節分会のときもなんだけど(苦笑)

僕としてはよかれと思って歌を作ったりお参りしているんだけど、
これでは「贔屓の引き倒し」になってしまうのかな、
この様子が続くなら、ご遠慮申し上げるしかないのかな?と。

このままでは榮應さんの思いが全然伝わらないのかな?と

「大切なお祭」に一緒に静かにお参りして下さる方や、
古くから百観音を大切にして下さる方に申し訳ないですよね。

深いため息の出来事でした。

趣味の世界には、必ず一定数は「アレ」な輩はいるもので。

いやあ、趣味の世界、例えば野球にしろサッカーにしろクイズにしろ、勿論さだまさしにしろ、正直「アレ」な人は一定数いるんだが…「あこがれの」アーチスト・歌手・もしくは年代としては先生、人生の心の師匠、アイドルとして、そういうまなざしで見ているさだ氏本人に「そこまで言わせたこと」を恥と思わなきゃだめだなあと。

うちのクイズサークルの前身はさだまさし研究会でしたが(爆)

実は私はそれがきっかけで高校時代に深夜放送のリスナー仲間で「成田さだ研」を作って、それ以後、似たような形でできた「さだ研」とか、たまたまその設立時の放送を聞いてたさだファンとか、横断的にさだ系の知り合いが多数できたんですが…逆に、痛いさだファンのせいで、「さだを聴くとあいつらの顔がちらつく」ってことで、20年ほど、さだが聞けなくなったという人間でしたんで。

今はかなり距離感をもって単なる一ファンとしてたまーに電車に乗る時にiPodでアルバム聞いたり、さだ研転じてクイズサークルのメンバー(これが意外に「生さだ」のリスナーが多いんすわ。クイズサークルになった後に入ってきたメンバーが(爆))と、さだを肴にトークで盛り上がる程度、なんすけども。

クイズを始めた時にかなりの「反面教師」となっちゃいましたけどね。

逆に、クイズの方が競技人口がさだファンよりも少ない(さだまさしのファンクラブの会員が最大で3万人ぐらいいたそうですが。単純にクイズマニアの方は3万人もいるとは思えないので)のですが、まあ似たような輩は何人かいましたが。

具体的にどんなタイプかといえば、「お前、数百冊のクイズの問題集丸暗記する前に、一冊、マナー教本でも目を通した方がいいんじゃねえの?」みたいな(誤爆)。

しかしまあその前に「痛いさだファン」で免疫ができちゃってて、「ああ、似たような世界もあるんだな。つーか、趣味の世界ってみんなこうなのかも」と、「君子危うきに近寄らず」をモットーに(?)極めて適度な距離感を持って接していたので、ある意味で、クイズの前にさだファンで経験した「反面教師」ってのは無用なトラブルを回避しまくって、結果的には20年来の趣味として続けられたんで、大きかったですねえ、ええ。

で、また、これがテメーの事だと全く気付かない輩も(失笑)

で、こういうのは鉄道ファンの、いわゆる「マナーの悪い撮り鉄」と同じで、ほとんどが明らかに確信犯でやってるか、天真爛漫、というか全く自覚が無くてバッドマナーをしてるかのどっちかなんすよね。おそらくさだ氏が明治寺の行事に行かなくなってしまったら、その人たちも「あ。さださんもうこないの。なーんだ」で、"自動的に"行かなくなるだけで、どこの世界も同じなんですが割を喰うのが「フツーの、まじめなファン」だけという悲しい構図が。ぶっちゃけ、この文章を読んでも、さだ氏が内心「おめーのことだよ」と指差してる輩なんかは絶対に自分がその輩ってことを決して認めないか、もしくは読んだは良いけども、「そんなファンもいるんだ。やーねー」と全く気づいてないか(爆)。

さだまさしにここまで言われた事を恥と思わなきゃ駄目なんだがね。

まあ困ったもんですよね。果たしてその言葉がその輩の心に伝わるかどうか。本当は、さだまさし氏本人にここまではっきりと書かれること自体が「恥」だと思わなきゃいかんのだけどね。「ふーん、結局お前は、さだまさしが好きな自分が好きなだけ、なんでしょう?」みたいなね(苦笑)

さだまさしファンあるある

さだまさしファンあるある

 
さだまさしベスト

さだまさしベスト

  • アーティスト: さだまさし,渡辺俊幸,山本直純,福田郁次郎,act21 Tour Band,信田かずお
  • 出版社/メーカー: テイチクエンタテインメント
  • 発売日: 1998/10/21
  • メディア: CD
  • クリック: 9回
  • この商品を含むブログ (7件) を見る
 

▼クリック頂けると励みになります!

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ