読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

トルコ版「黙れ」事件(失笑)

ツッコミ 雑談

スポンサーリンク

女性議員に「女は黙れ」、トルコ副首相が議会で叫び物議 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース

それにしてもわかりやすいわー。フランスのサルコジくんが内相やってた時ぐらいわかりやすいわー(爆)

【AFP=時事】トルコ議会で29日、ビュレント・アルンチ(Bulent Arinc)副首相が自分の発言を遮ろうとした女性議員に対し「女らしく黙っていろ」と叫び、女性差別だとの論争を巻き起こしている。

 トルコ議会ではこの日、シリア国内のイスラム過激派組織「イスラム国(Islamic State、IS)」とイラク北部にあるクルド人武装組織「クルド労働者党(Kurdistan Workers' Party、PKK)」拠点へのトルコ政府の軍事介入をめぐって緊急協議が開かれていた。

  アルンチ副首相は演説でイラクのPKK拠点を攻撃する決断を正当化。これに対し、クルド系政党の国民民主主義党(People's Democratic Party、HDP)の議員らが大声でやじを飛ばした。その中に、女性のヌルセル・アイドガン(Nursel Aydogan)議員もいたが、やじのため演説続行が難しくなり、いら立ちを募らせたアルンチ副首相は「黙れ! 女らしく黙っていろ」と叫んだ。

  この様子はテレビで生中継されており、たちまちインターネット上で論争を引き起こした。マイクロブログのツイッター(Twitter)上では、トルコ女性たちがハッシュタグ「#BirKadinOlarakSusmayacagiz(女として私たちは黙らない)」や「#KadinDusmaniArinc (アルンチは女の敵)」などを付けて怒りのコメントを投稿し、広く拡散された。

  アルンチ副首相の女性差別的な発言が問題となるのは、これが初めてではない。昨年には、副首相が女性は人前で大声で笑うべきではないと述べたことから、大笑いしている自分の動画や写真をネット上に投稿することがトルコ女性の間でブームとなった。

まあなー、日本にも野次にキレて壇上から水ぶっかけた人もいれば、戦前、軍人が壇上から国会議員に向かって「黙れ!!」と怒鳴りつけたって事件もありましたしなー(爆)

元祖「黙れ事件」とはこういう出来事でした…。

で、元祖、というか日本版の(?)「黙れ事件」についてはこちらの記事を引用させていただきますが…、

国家総動員法が衆議院に提出された1938(昭和13)年3月3日、衆議院総動員法案委員会で、陸軍省軍務課政策班長であった佐藤賢了中佐は、説明員として、限定された事項の説明にあたった。
 すると長広舌に対して宮脇議員はじめ何人から、どこまで発言を許すのか、との声があがり、これに激昂した説明員・佐藤中佐は「黙れ長吉!」と怒鳴りつけた。ただ場所柄を考えて「長吉」だけは辛うじて呑み込んだが、この国会議員ではないただの説明員の暴言に対し、たちまち委員会は混乱し休憩が宣せられた。
 佐藤中佐は杉山陸軍大臣の叱責を受け、陸軍大臣は翌日陳謝し、佐藤中佐は以降自発的に登院を遠慮したが、この事件後国家総動員法案の審議は順調にすすみ、怪我の功名とさえ言われた。
 さらに注目すべきは、宮脇長吉議員が佐藤賢了の士官学校時代の教官(15期 元大佐)であったことである。かつての教官を帝国議会において「長吉!」と怒鳴りつけようとしたことは、後々までの語り草となった。

板野友造議員
「この法案は若い軍人達や官僚達の起案したもので政府諸侯はわかっていないから、誰でも良いからわかっている人が説明してくれ。」

陸軍省軍務局軍務課国内班長佐藤賢了少佐(当時)
「米軍は戦略を知らず、モルトケ以来の戦略戦術を知る日独の前に鎧袖一触・・・」

宮脇長吉議員
「委員長!この説明員にどこまで発言を許すのか。」

佐藤少佐
「黙れ!」(長吉を辛うじて呑み込む)

…と。日本現代史的には、かなりの国家総動員体制に進む際のターニングポイントでもあるこの事件だったりします。その証拠に、佐藤賢了少佐(当時)は戦後、東京裁判で終身刑まで喰らいますしね(しかもA級戦犯の中では一番最後まで巣鴨プリズンに拘留されていたそうで)。どんだけ連合国にとっては心証が悪かったか、が。

余談としては…。

ついでに書くとこの宮脇議員は、鉄道紀行作家の宮脇俊三氏のお父上でもあるので、ここらへんのくだりはご本人の代表作「時刻表昭和史」にも詳しく出てきます。俊三氏は当時中学生で、この出来事以後、通ってた中学の軍事教練の配属将校に八つ当たりされたりと大変だったそうで…。

f:id:tony_togo:20150730174245j:plain

↑お借りしてきました。いやあ、これを訳した人、素敵だわ(意味不明)

ま、トルコ現代史的にはこの発言がターニングポイントには…さすがにならんか(誤爆)

増補版 時刻表昭和史 (角川文庫)

増補版 時刻表昭和史 (角川文庫)

 
サルコジとは誰か?―移民国家フランスの臨界

サルコジとは誰か?―移民国家フランスの臨界

 
軍務局長の賭け―佐藤賢了の証言

軍務局長の賭け―佐藤賢了の証言

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

▼このブログを書いているのはこんなヤツです(笑)

raity.hateblo.jp