読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

浦和対甲府戦

ヴァンフォーレ甲府

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/79370855@N04/17087492048

photo by Kouki Kuriyama

浦和1(終了)1甲府(スパサカ)

NHK-BS102→スカパーで視てました。

※あ、例によって冒頭の写真(埼玉県のコバトン)と本文はあまり(ry

予想通りの塩試合に(←最大級の褒め言葉ですw)

浦和の先制点となるPKは別にして、浦和が多彩な攻撃パターンで攻めて、甲府がいつものようにがっちり守る、というこの浦和と甲府のミラーゲームかつ塩試合になりがちの対戦カードらしいチェスや詰将棋のような一瞬たりとも見逃せないような「息がつまりそうな」試合でした。

甲府は浦和のビッグチャンスをかわしたその直後に下田→伊東の若手コンビがカウンターを仕掛けるのに成功し、その伊東がミドルシュートを決めて同点という次第に。どうも浦和はここ3試合、スピードスター的な選手に「やられていた」そうで…。

甲府としては物凄く「やっていける」と手ごたえが残った試合だったんではと。

しかしまー甲府目線で考えるに、あの多彩な攻撃な浦和をPKの1点で抑えられた(もっとも2-3度非常に浦和にとっては惜しいシュートがあったのも事実なんですが)は、前節・松本山雅にいいようにやられただけに、今シーズンの残留争いもしくはもっと上の順位、1ケタ順位を目指すかもしれない戦いに転じるときの、大きな自信につながるんではないのかな、と思った試合でした。特に、山本キャプテンが怪我で欠場、バウル氏が今回は帯同してなかったそうで、新井・畑尾・津田の3バックでほぼ守り切れた、という点も。DF陣、怪我やら移籍やらでやはり手薄なんすよね…。

浦和はけが人続出が心配ですね。

一方浦和的には、柏木の師匠がいまいち仕事ができてなかったって感じが。スカパーでは試合終了後、怪我をしてたそうですが…あと、甲府戦では何度かセットプレーでやられている那須が稲垣と激突した時に鼻を骨折してしまってそうで…。それと伊東の同点弾の際に、振り切られた岡本拓也がどうもその瞬間に怪我をしてたそうで×が出て交代したり…と、浦和の方もけが人や出場停止の選手でやりくりが大変なんで、この結果はかなり悔しいんだろうな、と。

一歩間違ったら「阿部ちゃん祭り」だったのに(意味不明)

しかしまー、甲府はGKの河田に何度助けられたことやら。荻ちゃん共々、甲府のGKは代表クラスじゃないすか(感涙)。そして最後の最後に阿部(拓)のGK西川との1対1、あれは惜しかったねえ…。決めてりゃ浦和のPKを与えたのは甲府の阿部(翔)、PKを決めたのは浦和の阿部(勇)、そして最後のアレが決まってればいろんな意味での「阿部ちゃん祭りだったのに」(←やめなさいw)

2週間の中断を挟んで…。

で、浦和は2週間の中断の後、新潟→湘南→仙台と残留争いが絡む2チームと無尽蔵のスタミナを誇る湘南、というおそらく相手を徹底研究して臨んでくる3チームと、甲府は同じく中断の後、FC東京→横浜M→神戸という難敵3チームとの対戦なんですが…いやあどっちにしても全く油断ならねえわ(号泣)。

 

【余談】

ちなみに後半、スカパー見ながら息子にミルクを飲ませてたんですが、直前に食べた離乳食と、飲ませてたミルクの相性が悪かったんでしょうね。ミルクを途中でケプーと豪快に吐いてしまい、しかもマーライオンのような感じでミルクと離乳食を全部吐いちゃいました…私の膝上と私のふとんの上で(号泣)。

で、隣の部屋にいた嫁さんに来てもらって息子を隣の布団に移動させて、タオルでジャージのズボンやふとんを拭いてる最中に伊東が同点弾を叩き込む…という展開に。

うーん、いろんな意味で一生忘れられないゴールになりましたわ(意味不明)。

そして今日はジャージのズボンが汚れてしまったのでウォーキングに行けずじまいでこの時間帯にこれを更新している次第です…(;゚д゚)

浦和レッズ第1ステージ制覇 史上初!無敗V (サンケイスポーツ特別版)

浦和レッズ第1ステージ制覇 史上初!無敗V (サンケイスポーツ特別版)

 
浦和レッズあるある

浦和レッズあるある

  • 作者: 浦和レッズあるある研究会
  • 出版社/メーカー: ティー・オーエンタテインメント
  • 発売日: 2013/01/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 
ヴァンフォーレ甲府あるある

ヴァンフォーレ甲府あるある

  • 作者: コマツサトル,めがねや梅茶
  • 出版社/メーカー: ティー・オーエンタテインメント
  • 発売日: 2014/02/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

▼このブログを書いているのはこんなヤツです(笑)

raity.hateblo.jp