読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

ナイス完封&初の無四球勝利の大嶺(祐)投手に感謝感謝(号泣)

千葉ロッテ

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/68274093@N00/6054743083

photo by NERELORCO

【ロッテ】大嶺祐、“なでしこ効果”で2年ぶり完封 : 野球 : スポーツ報知

そうか、2年ぶりの完封勝利と、初の無四球だったのか…。

(あ、例によって画像と本文はあまり関係が(ry)

◆楽天0―10ロッテ(26日・コボスタ宮城)

 記録の重圧に負けなかった。大嶺祐は9回2死、日本通算2000安打に王手をかけた松井稼を、低めのフォークで二ゴロに仕留めた。「最後は自分も限界に近かったけど、思ったところに投げられた」。13年5月19日の広島戦(QVC)以来、2年ぶりの完封で4勝目。無四球完投は自身初だった。

 初回からいつもと違った。「右打者の内角も思った通りに投げられた」と、2番ウィーラー、3番ペーニャを、ともに内角寄りの直球で打ち取るなど、わずか6球で3者凡退。終盤になっても制球は乱れなかった。

 「大胆に行くところでストライクが取れたし、直球もフォークも、低めにいけた」と、奪三振はわずか2つながら、ゴロで18のアウトを重ねた。

 “なでしこ効果”があった。大のサッカー好きで、女子サッカーW杯で準優勝したなでしこジャパンの試合も可能なときは観戦した。「あれだけパスをつないでいて、見ていて楽しかった」と興奮しながら「つないでくる打者は嫌だ…」と野球に置き換えたという。この日、許した連打は4回の1度だけ。得点に結び付く“つなぎ”を許さなかった。

 チームは今季2度目の同一カード3連勝。28日から直接対決を控える3位・西武に3ゲーム差と迫った。「火曜日は五右衛門がいい投球をしてくれると思います」と初戦に登板する同級生の石川へ、最高の形でバトンを渡した。

個人的には中継ぎがあまり調子よくなかっただけに、彼らを「休ませる」ことができたのは大きかったなあ、と思いますね。しかし打撃陣も花火大会よろしく10点も取るとは…他の試合に3点ぐらい残しておいてくれればいいものの(意味不明)

で、例によってNHKの朝のニュースでは、「2000本安打がかかる松井(稼)が打てずに楽天が負けましたの主題で、相変わらずの(以下略)

松井稼頭央のナチュラル・フィットネス

松井稼頭央のナチュラル・フィットネス

  • 作者: 宮本英治
  • 出版社/メーカー: ベースボールマガジン社
  • 発売日: 2009/05
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 37回
  • この商品を含むブログを見る
 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

 

▼このブログを書いているのはこんなヤツです(笑)

raity.hateblo.jp