読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

さて仮に中国が日本を攻めてきて「占領」した場合、あっさり"売国奴"になるのは誰あたりか…。

ツッコミ 雑談

スポンサーリンク

痛いニュース(ノ∀`) : 【世論調査】 外国が日本を攻撃してきたら? 「非暴力で抵抗する」41% 「武器を取って戦う」29% - ライブドアブログ

まあ平和だからこういう牧歌的なアンケートも答えてられるのは幸せだよねーとは思う。

共同通信社が5~6月に実施した戦後70年世論調査で、国民の多くが平和憲法の存続を願っていることが鮮明になった。安倍晋三首相はこの結果を真摯(しんし)に受け止め、憲法を破壊する安保法案の成立を断念すべきだ。

 憲法を「このまま存続すべきだ」は60%で、「変えるべきだ」の32%を上回った。戦後50年を控えた1994年7月の日本世論調査会の調査では「このまま存続」は55%、「変える」が34%だった。護憲と改憲の差は約20年で21ポイントから28ポイントに広がった。国民の護憲の意志がさらに強固になったといえる。安倍政権の安保政策によって、憲法の「戦争放棄・平和主義」がクローズアップされ、その重要性を国民が認識した表れである。

 仮に外国が日本を攻撃してきた際の対応を聞いた設問では「非暴力で抵抗する」が41%で最も多く、「武器を取って戦う」の29%を12ポイント上回った。「逃げる」16%、「降伏する」7%を合わせると、非交戦派は64%に上る。安倍政権が目指す「戦争のできる国」を国民は拒否していると見るべきだ。

ま、いの一番に、時の政界財界要人は海外に逃げるんでしょうけどね(爆)

とりあえずの「抵抗」はしますわな。人として。

で…だ。仮に「本土決戦」が行われた場合、まあ抵抗はするでしょうな。自分の家族、特に妻子がピンチだったら当然でしょう。 その前に爆撃か核爆弾でも喰らって終わりでしょうけどね。物置のスコップでも取り出してスペツナヅよろしくそれを武器にでもしますかね。無駄骨に終わるかもしれないけど。

でも実際に護憲護憲と騒いでいる連中はいざとなったらどうするんだろうね。

日本国憲法第9条が「平和」を守っていたという論理については…。

個人的には、例の日本国憲法第9条については、「他国にむやみやたらに戦争しに行かなくなった」という点では非常に効果があったと思う。それは否定はしない。結果的に朝鮮戦争やベトナム戦争等の「近隣」の大戦争で日本が軍需における特需とかを除けば(非戦闘民が日本国内にいる限りは)ほぼ被害はゼロだったのは効果はあったと思う。

ただ、他国が攻めてこなかったのは別にあの憲法があったから、ではなくて、アメリカの子分になっていたから日本に攻めたら同時にアメリカとも全面戦争を覚悟しなきゃならんパックス・アメリカーナ的な感じのそれに助けられているような気がしてならない。いかんせんジャイアンに守られているスネ夫に直接攻撃はリスクでかいよなー。のび太もドラえもんも(←何の話だw)

なので、それらのリスク、例えばアメリカの怖さを差し引いても、日本に攻め込んだり攻撃するだけのメリットがある国にはあの憲法なんかは全く役に立たないですしね。防弾の車にロケットランチャーで襲われるようなもんで(爆)。

まあ世の中、「平和」ですわな。

個人的には、どこらへんの「勢力」が仮に中国あたりが攻め入ってきたとして、ヘラヘラと無条件降伏でもして、「取り入れてもらいに」行くのかなあとふと考えてしまう。

で、日本が中国のモノになって3年後ぐらいには、民主党の辻本とか細野とか、鳩山(兄)みたいな連中はチャイナ服着て「"日本自治州"の指導者」面をしてたりしてな(維新の橋下なんかはすぐにテロで殺されてそうな(爆))。

まさにこういう手のひら返しが好きなそうな連中を、「売国奴」というわけですが(失笑)。

売国奴

売国奴

 
「スネ夫」という生きかた

「スネ夫」という生きかた

 

▼クリック頂けると励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ

▼このブログを書いているのはこんなヤツです(笑)

raity.hateblo.jp