読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

え、鹿島のトニーニョ・セレーゾ監督解任されたの?

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/11376246@N03/3959370982

photo by Tanzen80

鹿島がセレーゾ監督を解任!石井コーチが新監督に就任 - サッカー - SANSPO.COM(サンスポ)

こないだの松本戦で7連敗を止めちゃったのが痛恨の一撃だったんだろうかね…。

J1鹿島は21日、トニーニョ・セレーゾ監督(60)を解任し、石井正忠コーチ(48)が新監督に就任すると発表した。クラブ側は理由について、「今季の成績を総合的に考慮したうえ」としている。鹿島は今季、第1ステージを6勝4分け7敗の8位で終えると、第2ステージも1勝1分け1敗で現在11位。年間勝ち点でも8位となっている。

 セレーゾ監督は2000年に鹿島をJリーグ初の3冠に導いた手腕を買われ、2013年に再び就任。チームの課題だった世代交代に取り組みながらタイトルを狙ったが、2年連続で無冠に終わっていた。クラブ幹部は「2年間で土台ができた。3年目は勝負の年」と期待していたが、守備組織をうまく構築できず低迷が続いていた。

 石井新監督は現役引退後の1999年から鹿島入りし、2012年からトップチームのコーチを務めていた。鹿島はこれまでブラジル人監督が多く、日本人の就任は1999年8月に監督代行を務めた関塚隆氏(現J2千葉監督)以来。正式監督なら、1994年の第1ステージまで指揮を執った宮本征勝氏以来2人目となる。

まああの鹿島が降格争いに転じるってことはまずないだろうし(現時点でも年間総合8位ですし)、ここから再起をかけて踏ん張って上位戦線に殴りこんでいくんだろうけども、実績のある監督だがゆえに他チームのサポーターながらかなり驚きましたねえ。

かくいう私が応援してる甲府も、監督交代後に極めて失点が少ないチームになってV字回復…とまではいかないものの、1弱状態のぶっちぎりの最下位から降格圏を抜けて、今では下位のどこのチームが巻き込まれてもおかしくないぐらいの混戦状態に導いちゃってますしね(苦笑)。ま、そのぶっちぎりの最下位の時に鹿島さんに勝たせていただきまして(感涙)。

それにしても鹿島の監督=ブラジル人ってイメージが強いなあと思ってたら、宮本征勝氏以来なんすか(記事を読んで関塚氏が監督代行をつとめていたのを知ったぐらいで)。ある意味で浦和の監督がほぼヨーロッパ系の監督なのと対照的でおもしろいなあと。

うーん、(3年前に甲府で大活躍してくれた)ダヴィや高崎寛之とかもこれで終わるとは思えないし、むしろ今までの借りを返すべく、今後の鹿島は怖いっすわ。

鹿島アントラーズ シーズンレビュー2005 [DVD]

鹿島アントラーズ シーズンレビュー2005 [DVD]

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ

▼このブログを書いているのはこんなヤツです(笑)

raity.hateblo.jp