読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

昔、さだまさしの野外コンサートで男子便所に"突進"してくるおばちゃんたちには困ったもんだった(爆)

雑談 さだまさし(?)

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/67681928@N00/131283065

photo by derpunk

男子トイレと女子トイレの区別は必要ない(排泄社会論) - サイバーメガネのサザンクロスシティ

ツイッターではたびたび楽しいブログ記事を紹介したりされているサイバーメガネさんのブログでなかなか面白い記事を書かれておられてた。

ふとこれを読んで思い出したのは、「あー、昔、さだまさしの野外コンサートでのトイレを思い出すなー」でした(爆)

2006年まで、さだまさしは長崎で平和コンサートをやってました。屋外で。

以前ちょろっと書いたことがあったんですが、10年ぐらいまで毎年8月には長崎に行って、さだまさしの平和コンサートを見るのが年中行事になっていたことがありました。ほぼ毎年、高1から30過ぎる手前まで行ってたのでまさに年中行事というべきか(汗)。

↓それのことをちょいと書いた記事。

raity.hateblo.jp

ただ、メインはさだの歌…よりかは、あちらで会える仲間がいて、彼らと前夜とかに語り明かすのが楽しみで、正直、さだまさしは最後の方はどーでもよかったりした。ゆえに最初は徹夜覚悟とか朝から並んで前の方に!!と野外コンサートで自由席だったんで気合満タンだったんですが、途中から「ま、後ろの方が、食い物の売店行くのも、トイレに行くのも、終わって帰るのも楽だし」と、真ん中よりも後ろの方で見るようになったのだった…うーん、いくら無料コンサートとはいえ、なんつー贅沢な(爆)。

で、そのトイレの話。

会場は稲佐山という長崎市街を一望できる山の反対側の、中腹に音楽ステージがあって、その広場付近でした。いつもはがらーんとしているんですが、一時期はBSで全国ネットもされていたり、毎年1-2万人は来るコンサートだったので当日はかなりの込み具合で、トイレなんかも男子トイレはともかく、女子トイレはファンのおばちゃん…もとい、おねいさんたちの行列がいつもひっきりなしって感じでしたね。

で、後ろの方で座って見て初めて気づいたんですが、おばちゃんたちはさださんを見に来ているので、まあゲストはぶっちゃけどーでもいいみたいなんすよね。20年続けていたんですが、このコンサートは、ホストがさださんで、毎年来るゲスト(身内とか長崎にゆかりのある人とか、さださんにゆかりのある人とか)、毎年違うメインのゲスト(例えば谷村新司とか松山千春とか南こうせつ、イルカ、泉谷しげるなんてのもありました)、その他の歌手などなどで構成されているんですが、「その他」の部分にあたる代表格(?)は、10年目あたりから毎年来るようになった加山雄三氏だったんですが(しかしあの人結局最後の10年ちょっとは皆勤でしたな…(笑))、この加山氏と、メインのゲストの出番以外は、おばちゃんたちにとっては「格好のトイレタイム」となる次第でした…(苦笑)。

http://www.flickr.com/photos/92494654@N00/87348512

photo by polanri.com

つまりは、このコンサート、実は夕方5時に始まって終わるのがだいたい9時半。夏の盛りに夕方から夜にかけて4時間半もあるので、さださんは体力温存も兼ねて、オープニングで1曲目ないし2曲目あたりをさださんが歌って、ステージトークをして、次に毎年ゲストの人が出てくる(その際にさださんが途中でやってきて一緒に歌ったり喋ったりなどなど)んですが…だいたい歌手をやっているさださんの妹の佐田玲子さんってのが多かったんですけども、妹さんが2曲ほど歌って、ステージトークしたりしてるのは夕方5時台のまだ明るい時間帯。トイレってのが簡易トイレではなく公園にあるような常設な大きなそれが、ステージの横とか後ろの方に3か所ぐらいあるんですが、そういう時に女性客が女子トイレの行列をなしているのが物凄くよくわかるんすね、実は。

なので「いやあ、これはこれで人気のバロメーターかもしれないが、これは極端すぎだろう」と苦笑いが止まらなかった次第でした、はい。

ちなみにさださんのファンはさださんが学生時代憧れだった加山雄三氏には無条件で応援してるので、そういう事は殆どありませんでしたね。まあおばちゃんたちにとってもヒーローですしねえ(笑)。ちょっと世代が下な私らとかは「また"海・その愛"か。相変わらず長えな、おい」とか内心ツッコミを入れていたほどでしたけども(をい)

そして男子トイレに突進してくるおばちゃんを見た(汗)

1度だけ私が経験したのは、いつの時だったかは忘れたんですが、たまたま朝から腹を下していて、稲佐山にもちょっと遅く上がったって年があったんですね。定宿にしてた安宿でずっと寝ていて時折トイレに入ったり…という事がありまして、どうしようかなーと思ったんですが、少々回復してきたのででは行こうかなと。

で、この時も途中でトイレに行きたくなりまして、席(芝生だったんでレジャーシートでしたが)を立って、トイレに行くと、隣の女性用トイレは行列をなしてるぐらい混雑してたのに、男性用トイレは小便用も個室も全然すいていて、私はすんなり個室に入って用を足せたんですね。

すると、紙でお尻を拭いてたら、ドンドンと。「あれ俺が入った5分ちょっとでもう個室が満杯になったのか?」と思いつつ、「はいはい、今すぐ出ますよー」と返事すると外からの返事はない。で、水を流してズボンをあげて、ドアをがちゃっとあけると、

そこにはおばちゃんが(;゚д゚)

「ん?」一瞬男女のトイレを間違えたのか?と錯覚しかけたんですが、そんな事はなく、おばちゃんが突進して個室に入ってガチャっと鍵をかけておりました。

すると、他のおばちゃんが「あらー、男子トイレ全然すいてるじゃないのー。入っちゃいましょう入っちゃいましょう」と、ぞろぞろと突進してくる始末。まあこの時点でも男子トイレには小便のとこも人はおらず、私も用を足してしまったんであとはまさに用無し(をい)だったんで、手を洗って後は知らねえって感じでソフトドリンクを買ってから席に戻ったんですが、冷静に考えたら、男追い出して個室に入ろうとしてたのか、あのババア、もといおばちゃんは。と気づいて失笑を禁じ得なかったですな…。ま、俺の後に入った男性客はびっくりすること請け合いなんすけども(誤爆)

なので「そこらへんの層に訴えれば」そこそこ支持はされるんではと(汗)

というわけで、緊急避難的におばちゃんたちは支持してくれるかも、ですなー。まあその逆、男性が緊急避難的に女子トイレに突入して来たら、絶対にたたき出すか警察に通報しそうで怖いけどもだ…まさに男はつらいネ(謎)。

…そういやこないだどこかのページのバナー広告で見たなあ。

それは中学生か高校生が男女共に素っ裸で学園生活を送っていて、トイレの個室の壁もなく小便器も大便器も男女共に同じトイレを使ってた、なんつー漫画が。たぶん100%エロマンガなんだろうけども(意味不明) 

さだまさし/グレープ ベスト 1973-1978

さだまさし/グレープ ベスト 1973-1978

  • アーティスト: グレープさだまさし,グレープ,さだまさし
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2006/07/12
  • メディア: CD
  • 購入: 2人 クリック: 9回
  • この商品を含むブログ (6件) を見る
 
福山☆夏の大創業祭 稲佐山 通常盤 [DVD]

福山☆夏の大創業祭 稲佐山 通常盤 [DVD]

 

↑あー、福山大先生も同じ稲佐山の野外コンサートをやってましたねえ(笑) 

▼クリック頂けると励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ

▼このブログを書いているのはこんなヤツです(笑)

raity.hateblo.jp