読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

キャッチャーへのタックル及びクロスプレーについての「明確な規定」は必要だと思いますよ。たぶん。

千葉ロッテ

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/8867673@N08/5090154290

photo by gordon2208

危険なクロスプレーにNO!捕手出身の伊東監督提案“明確な規定を” ― スポニチ Sponichi Annex 野球

まあ規定は必要だと思うんすけどね。ええ。

※なお例によって写真と本文は(←ネタに走りすぎだ貴様w)

プロ野球の12球団監督会議が17日、都内で9年ぶりに開かれ、本塁上のクロスプレーについて明確な規定を設けるべきではないかと討議された。 

   「3メートル手前から待ち構えているタックルについては、ボールを落としてもアウトにすべきではないか」。最初に声を上げたのは捕手出身のロッテ・伊東監督だった。そこから激論が交わされた。

 今季も5月13日のヤクルト―阪神戦(神宮)で、阪神・マートンが浅い右飛でタッチアップ。両手を体の前にエックス字に構えて、捕手・西田に体当たり。両軍に一触即発のムードが漂ったことがあった。日本のプロ野球では、本塁のクロスプレーについてはルール上の規定はなく、審判の判断に委ねられている。事実上の“無法地帯”だ。

 明らかなラフプレーについては、守備妨害が認められる場合はあるが、逆に捕手が完全に走路をふさいで、ブロックで生還を阻むという場面も見られる。日本野球機構(NPB)も、マートンのプレーを不問としている。当事者のヤクルト・真中監督は「(捕手が)全部ベースにのっかるのはフェアじゃないけど、悪質なものはジャッジできるようにしないと」と話した。

 NPBも悪質な体当たりに関しては、来季からのルール化を検討している。本塁上のクロスプレーは、野球の醍醐味(だいごみ)という側面も持っているが、選手生命の危機にさらされることも少なくない。伊東監督が提案する「3メートルルール」など日本独自のルールづくりは急務。NPB関係者も「野球規則の見直しを検討するということ」とした。

 ▼阪神・マートン(監督会議でクロスプレーに関して議論されたことに)自分としては(クロスプレーでのアウト判定の厳重化を)支持したい。ルールを決めてもらえればそれに従う。

 ▽大リーグでのクロスプレーに関する新ルール クロスプレーによる捕手の故障が相次いだことから、昨季から導入。捕手はボールを保持していない限り、走路をふさぐことはできず、不当にふさげば生還が認められる。逆に走路上にいない捕手に不当に体当たりすれば、走者はアウトとなる。同時に従来の15日間より短い、脳振とうに限る7日間の故障者リスト(DL)も昨季から新設された。

ま、これについては先日、記事で書いた話の続きなんですが…

つい先日、といってももう2か月前の事なんですけども、

raity.hateblo.jp

という記事を書きまして。

その記事では「実はサッカーでも「肩から上を狙った」反則行為は少なくない」とか書いたんですが、あの後に、

これをGKのアフターチャージでPK取られた(しかもそれが決勝点となった負けた)ってことがありまして、「審判氏ね」と呟いたことも(誤爆)。 

raity.hateblo.jp

raity.hateblo.jp

ま、そこは甲府の監督が実に「大人な対応」で矛を収めてくれたんすけどね(汗)。

「明確な規定」は必要だと思いますよ。現場が混乱しかねないし。

個人的には「いかにも狙ってます的なタックル」と「最初からランナーが進入できないような捕手のポジショニング」に関しては明確な規定は欲しいな、と思う。それが醍醐味、なのかもしれないけども、さすがに捕手は命がいくつあっても足りないわな。

逆に言えば、「お前のその位置じゃ、突き飛ばされても文句はいえねーじゃん」的な場所に構えてホームインを邪魔するようなのもアウトなんじゃね?と。その意味ではヤクルトの真中監督の言い分ももっともだし、ロッテの伊東監督の「3メートル前から待ち構えてるようなタックルは反則行為にしろよ」の言い分ももっともだと私は思うんすけどね。

一方で去年までロッテにいて引退した里崎選手なんかは「あれを怖がってるようだったらキャッチャーなんかやめた方がいいっすよ」という漢な事を言う選手もいて(それはそれで10数年、ロッテのホームベースを「守ってきた」だけに含蓄のある発言だ…)、うん、ここは「明確な規定」を作ってそれを運用してどうなるか、なんでしょうね。

でもある意味興味深いのは、先日タックルで物議をかもした阪神のマートン選手が「明確な規定があった方がいい」と言ってる点ですねえ。あれだけのパワープレーを信条(?)とした選手だったら「むしろ俺の商売道具を」と嘆いてもおかしくないとこなんだけども、そこはある意味で紳士だなあと思ったり。

ま、サッカーの審判もアレなのが多いけど、野球もね…(失笑)

サッカー、特に国際Aマッチの試合でもJリーグでも時折主審のジャッジに関して物議を醸す事が少なくないんですが、ではプロ野球の審判のジャッジはどうよ?と言われれば、これもまた…ねえ(苦笑)。

昔、ロッテファンの友人が、「今日の主審の誰々さんはいつもジャッジはアレな人なんだけど、わざわざ外野スタンドが審判を煽ってわざわざロッテの選手に不利なことに追い込むことはないだろうよ」と諭していたのが印象深かかったですね。

なので、審判が現場で運用する際に迷わないように、人によってジャッジが正反対にならないように明確な規定は決めた方がいいんでしょうね。まあ明確な規定があってもジャッジが正反対になるようなアレな人はいなくはないんですけども(誤爆)。

余談

ちなみに冒頭の(サッカーの)タックルのシーン。あれは赤の選手が守備側だったら間違いなく一発退場&PKなんでしょうなあ…つーか、あのバックチャージを見逃したら主審、審判辞めた方がいいわ(呆)。それこそ攻撃側の選手、大怪我しかねないプレーだし身体がいくつあっても足りないよ(泣)

キャッチャーの科学 (洋泉社MOOK)

キャッチャーの科学 (洋泉社MOOK)

 
ZETT(ゼット) 軟式防具4点セット(専用収納袋付き) BL301SET ブラック フリー

ZETT(ゼット) 軟式防具4点セット(専用収納袋付き) BL301SET ブラック フリー

 
フルタの方程式(DVD付)

フルタの方程式(DVD付)

 

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

このブログを書いているのはこんなヤツです(笑)

raity.hateblo.jp