読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

「杜撰」の一言に尽きるねえ…新・国立競技場。

スポーツ ツッコミ

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/73207064@N00/133523687

photo by laffy4k

新国立競技場 コスト確認せず決定か NHKニュース

なるほどなー。軍部と時の政府首脳が、理想論と精神論と同調圧力で突っ走って最終的に「焦土」にしちゃった太平洋戦争の時と構図は全く同じなのね。これ。

(例によって写真と本文はあまりカンケーありません(爆))

改築費が2520億円に膨らんだ国立競技場について、デザインを決める最初の審査の過程で、技術的に建設が可能かどうかチェックされたものの、設定したコストに収まるのかどうかの確認は、事実上行われずに決まった可能性が高いことが関係者への取材で分かりました。

新国立競技場のデザインは2020年東京オリンピック・パラリンピックの招致活動が行われていた3年前の7月、競技場を運営するJSC=日本スポーツ振興センターが、「総工事費は1300億円程度を見込む」と設定して募集し、応募した人たちもこの金額に収まることを示していたということです。
このあと、建築家の安藤忠雄さんを委員長とする審査委員会が3回開かれ、46の応募作品からイラク人女性建築家のデザインに決まりました。
この過程では、1回目の審査委員会のあとに委員会のメンバーとは別の専門家たちによる「技術調査」が行われました。この際に、それぞれのデザインで技術的に建設が可能かどうかのチェックはされましたが、設定したコストに収まるかどうか確認していなかったことが、関係者への取材や当時の資料から新たに分かりました。
さらに、委員会の議事録や当時の審査委員への取材によりますと、その後の審査では一部の委員からコストを懸念する声があったものの、複数の審査委員が「技術調査」でコストの確認も同時に行われていたと思ったということで、最後は、オリンピック招致のためのインパクトを優先して今回のデザインが選ばれたと見られています。1300億円と設定されたコストの確認が事実上されないまま、デザインが決まった可能性が高く、その後金額が二転三転した要因になったとみられます。

フツーの企業ぢゃこんなプランは撥ねられますわな。「ふざけんな」と。

でもこいつらはテメーのカネぢゃねえし、メンツもあるしで知らんぷりして突っ走っちゃうのね。そして森善朗とかの「重鎮」を止められないシステムなんだ、ふうん(皮肉)。

いや、文科省の大臣さんとか、これある程度抵抗しないと、あんたらのせいにされますぞ。森善朗とかスポーツ界の偉い人とか建築家の安藤某とかはある意味で「厚顔無恥」じゃないとやっていけない人たちだから世評なんか気にしないし、そのうち死ぬから(笑)どうでもいいんだろうけど、工事費と維持費がハンパねえってこと、この時点でわかってるのに止めないと。

これこそ、先の戦争の「政府や軍上層部は戦争に負けることはわかっていた。でも誰も止められなかったし、実質、誰も責任を取らなかった」と同じ道をたどることになると思うがな。今回は戦後のGHQみたいな「外圧」がないだけに。後世の評価を得るころにはとっくに死んでるんでしょう?特に森善朗なんかわw

しかし杜撰だねえ。特にネトウヨ諸氏、韓国とか中国の事を嗤えねえぞこりゃ。

東京大改造マップ2020 (日経BPムック)

東京大改造マップ2020 (日経BPムック)

  • 作者: 日経アーキテクチュア,日経コンストラクション,日経不動産マーケット情報,日経ビジネス,篠山紀信氏ほか
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2014/02/03
  • メディア: ムック
  • この商品を含むブログ (8件) を見る
 
私の履歴書 森喜朗回顧録

私の履歴書 森喜朗回顧録

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

このブログを書いているのはこんなヤツです(笑)

raity.hateblo.jp