読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

朝日新聞に「(ごく一部の)ギラヴァンツ北九州サポ、怖いよー」という話が。

雑談

スポンサーリンク

応援で「ぶちくらせ!」 J2北九州めぐり賛否両論:朝日新聞デジタル

記事に載せたのが朝日新聞ってのがアレなんだが。ま、それはいいとしても。

「ぶちくらせ!」。サッカーJ2・ギラヴァンツ北九州のサポーターが応援で使っている言葉が賛否両論を巻き起こしている。サポーターは、「倒せ」という意味の方言で地元愛を込めていると主張する。だが、「北九州のイメージを悪くする」との声も寄せられる。J1昇格をめざすクラブは頭を悩ませている。

 6月14日。ホームの本城陸上競技場(北九州市八幡西区)にロアッソ熊本を迎えての「九州ダービー」。

 「ぶちくらーせ、ぶちくらーせ」

 ギラヴァンツがチャンスを迎えると、小刻みな太鼓のリズムに合わせ、チームカラーの黄色一色に染まったスタンドから、サポーターの大合唱が始まった。

 サポーターグループ「本満会」の染岡勇輝会長は「サッカーは勝負事。『倒せ』と応援してもおかしくないし、地元愛が選手にも伝わるはずだ」と話す。

 しかし、同じ九州のロアッソ熊本のサポーターは「はじめ『撃ち殺せ』と聞こえてぞっとした」。

 国立国語研究所の木部暢子教授(方言学)によると、「くらす」には「倒す」だけではなく、「殴って倒す」という意味も含むという。「不良が『くらすぞ』と言うときは、『ぼこぼこに殴るぞ』という意味合いで使っている」。強調語の「ぶち」が、「くらす」をさらに強めており、木部教授は「応援にはふさわしくないのでは」。

 ギラヴァンツを運営するクラブ幹部によると、スポンサーを含め、様々な批判が寄せられるという。小学生の子をもつ親からは「教育上よくないので、スタジアムには行きたくない」と言われたという。

でも今はまだいいけど、将来的にJ1に上がったら怖いよねー。このスタイル。

1.北九州サポといえばたまたま昨日見ちゃった動画がありまして。

いつの動画なのかは知らないんですが、↓これ。

怖ええよ、北九州サポ(爆)。福岡サポとガチでケンカしてんじゃん。しかも前方にいる北九州サポみたいな兄ちゃん、まずサッカー見に来る格好じゃねえし(爆)

※ありゃ祭りの的屋の兄ちゃんじゃん。ワタガシとか売ってそうな(苦笑) 

まあ放言的には「クッキングパパ」で田中ちゃんがたまに言ってるシーンがあるな。「殴るぞ」という意味の「くらすぞ」という言葉を。若いころは「くらすぞ」とか言いながらも遅刻して上司の荒岩さんにゲンコツ喰らってましたが(笑)

2.ある意味で若いチームなので過渡期でもあるんだろうが…。

北九州のようにJリーグに参入したのが比較的浅い(ただし甲府クラブ→ヴァンフォーレ甲府みたいに実業団ないしクラブチームで下部のリーグで戦っていた時期は長いというチームも幾つもあるのでこの場合は「Jリーグに参入したか否か」で判断させてもらうけども)チームだと、やはり試行錯誤で観客動員数を増やしていかないといかんわけだし、全くガラガラなところからある程度チームの実力および経営規模を大きくしていくには、「熱」がないとやっていけないのも、ある程度はわかる。

ただ、冒頭にも書いたけど、このままのノリでJ1に来たらたぶん揉めるでしょうね。他の「熱い」サポーターがいるチームとの試合で。熱くなる方向性を間違えちゃう、みたいな。さすがに昨年、アホのサポーターがらみのトラブルで無観客試合のペナルティ喰らった浦和はわからんけど、鹿島や柏とかのサポはまだまだ「怖い」人もいますからなー。

3.それと「勘違いするコアなサポーターが出てくる」のも常で(汗)

あと残念ながらよくある話で、浦和でも甲府でも最近だと松本山雅あたりでも、ゴール裏のコアなサポーター連中が、何を勘違いしてか「気合の入った応援をしないニワカは来るな」とか言い始めるアレがな。言っちゃあなんだが「いやいや、君らの言動で客が来なくなったらどーするの?君らだっていつ何かがあってこれなくなるかわからんのに」みたいな輩が出てくるのがな。

どうしても「権利権利権利権利、義務?それおいしいの?」な趣味の世界ではこういう輩が出てきてしまうものらしく、こないだも鉄道ファンの中で「キセルを告げ口するのは撮り鉄界のタブー」みたいなことを言った馬鹿がいましたが(爆)。

raity.hateblo.jp

そこまではないにしても、ひょっとしたら北九州なんかでもああいうチンピラみたいなのが跋扈してるんだったら、少なからずあったりしてな。うーむ。

4.相手をリスペクトしなきゃダメでしょ。サポーターも。

プロ野球なんかでも相手を罵倒するのが是、みたいな輩も結構見受けられますが(私は子供の頃、神宮球場で見てたヤクルト巨人で、あまりのヤクルトファンの野次の汚さに、20年来ヤクルトが大嫌いだったことがありましたな。今はどうでもいいんですけど(笑))、選手が対戦相手や審判などをリスペクトして戦うように、サポーター同士も巌流島の決戦みたいに人生ただ一度きりの戦いでどっちが生きるか死ぬかみたいな対決ならばまだしも、何年もかけて何度も何度も戦ってお互いが強くなっていくような関係であれば、やはりリスペクトしなきゃダメだと思うんですけどね。

それこそ、どこぞの横浜マリノスの出入りのライターじゃないけど「サッカー偏差値が低い」 とか揶揄されちゃいますぞ。いやいや、ライター氏自身の「サッカー偏差値」はどうなんだ?というツッコミは別にしても(意味不明)。

raity.hateblo.jp

raity.hateblo.jp

raity.hateblo.jp

5.たぶん北九州はじきに「洗練」されていくと思う。応援も。

ま、たぶんその前に北九州が何年か後に、新しいスタジアムができて、戦力も充実してJ1に上がった頃には、もっと洗練された応援になってるんじゃないすかね。で、最終的には「ぶちくらせー」程度の掛け声は「まああれは北九州のスタイルですから」で黙認されるんじゃないかと。言葉狩りだけぢゃ本質的な問題の解決にはなりませんしね。

そういえば山形サポも相手に対してじゃなくて、自分らの喜びの掛け声で「ざまみろー」ってやってましたしね。YouTubeでは勘違いされてましたけど(苦笑) 

↑元ネタ(理事長氏の「(戦前の予想が外れて)ざまあみやがれってんだ!!」)

↑物語は1分30秒あたりから。山形サポ氏「ざまみろー」と吠えてます(汗)

 

ま、直すとこは直さないとね。まだ若いチームだからいくらでも間に合うでしょうけどね。

RibbonMagnetサッカーシリーズ/ギラヴァンツ北九州

RibbonMagnetサッカーシリーズ/ギラヴァンツ北九州

 
Jリーグ再建計画 (日経プレミアシリーズ)

Jリーグ再建計画 (日経プレミアシリーズ)

 

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ

このブログを書いているのはこんなヤツです(笑)

raity.hateblo.jp