読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

なんとセリーグ全球団が借金持ちという「珍事」が発生(;゚д゚)

千葉ロッテ

スポンサーリンク

【DeNA】キヨシ、サヨナラ勝ちで演出!史上初セ全球団借金 : 野球 : スポーツ報知

なるほどー、だからパリーグとの交流戦を減らしてくれと言ってたんだな(をい)

◆DeNA4x―3阪神(3日・横浜)

 キヨシDeNAが劇的逆転サヨナラ勝ちを収め、セ・リーグが史上初の全チーム借金という珍事になった。勝率5割だった首位・ヤクルトと2位・阪神がそろって敗れたために起こった珍現象。交流戦でセがパ・リーグに大きく負け越し、DeNA、巨人が貯金を吐き出したことが要因。首位から5位・広島まで0・5ゲーム差で、最下位の中日までも4ゲーム差と混戦になった。

 午後9時27分、セ初の珍事が起きた。演出したのは、キヨシDeNAだ。2点を追う9回。無死一塁で代打・後藤が3号2ランで同点。さらに1死二塁で石川が右中間にサヨナラ打だ。「OK! すごい! ナイスゲーム!」と指揮官。一塁ベンチでナインが総立ちでお祭り騒ぎ。この瞬間、セ全球団が借金を抱えることになった。

 条件は2つあった。勝率5割だったヤクルトと阪神がともに敗れること。午後8時56分に広島がヤクルトを下して1つはクリアしてしまった。だが、阪神は絶対的守護神・呉昇桓が登板。勝利目前で、勝てば首位に返り咲くチャンスだったが、まさかの誤算で条件はそろってしまった。

 これで首位から5位・広島までが0・5差の大混戦を演出。中畑監督は「借金なんて持たないといけない。裕福な姿を見せちゃいけないんだ」と報道陣を笑わせたが、79年6月15日のセ、最近では00年6月2日のセで1~5位まで1差があるが、7月過ぎ、全球団が70試合以上消化しては、初めてで、4日の試合次第では5位までが首位に立つ可能性があり、逆に2位・阪神から5位・広島までの5位もある。そうそう、笑ってばかりもいられない展開となった。

 珍現象を引き起こした要因ははっきりしている。今年は交流戦でセがパに44勝61敗3分けと大きく負け越した。パを見ると4位・ロッテまでが勝率5割以上の貯金生活。あって当然のセの白星がそのままパの球団に流れた。

 また、上位にいた2球団の失速も引き金になった。5月に首位を走っていたDeNAは最大11あった貯金を食いつぶし、現在は借金2の4位。巨人も7カード連続勝ち越しなしで、最大9あった貯金はなくなり、借金2の3位だ。阪神も6連勝後、現在は4連敗。どのチームも勝っては負けるの繰り返しで、抜け出すきっかけを作れずにいる。

 1人蚊帳の外の最下位・中日も首位とは4ゲーム差で、十分チャンスはある。ちなみにパは首位・ソフトバンクと2位・日本ハムのゲーム差が4。セ・リーグ・ファンにとっては連日、勝敗で順位が大きく変わる面白い展開となっているが、一寸先は闇という危険もはらむ、大混戦となった。

さすがベイスターズ。いろんな意味で今年のキーマンになってるわ(汗)。

自分がまだ巨人ファンだった頃、確かゴジラ松井が入団する前の年に、巨人がわずか1カ月で最下位から首位まで駆け上ったことがありましたな。10連勝・4連勝・7連勝で、21勝3敗みたいな。そうそう、今は楽天の監督をやっているデーブ大久保が加入して、ホームランを量産しまくってたんですよ。ちなみにその3敗は実は全て桑田投手、という実に気の毒だった話もあるんですが( ゚д゚)ポカーン

一方、表にはないんですが、パリーグは4位のロッテまでが貯金ありというこれまた大激戦。いやあこのまま5年後には交流戦が廃止、みたいな事を言うのはやめろよ、絶対にやめろよ(←ダチョウ倶楽部?) 

ベースボールサミット第5回 横浜DeNAベイスターズは止まらない!

ベースボールサミット第5回 横浜DeNAベイスターズは止まらない!

  • 作者: ベースボールサミット編集部
  • 出版社/メーカー: カンゼン
  • 発売日: 2015/03/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
横浜DeNAベイスターズあるある

横浜DeNAベイスターズあるある

 

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ