読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

ベルマークが未だにあった話とか、9/19に甲府でサッカーとさだまさしがかぶった話とか。

雑談

スポンサーリンク

話が2つ(いや、3つか?)ほど。

痛いニュース(ノ∀`) : PTAが「ベルマーク作業」で悲鳴! 数千円分のために30人で半日作業 有給とる親も - ライブドアブログ

私が幼稚園の時にうちの母親もPTAで参加してた記憶があるが…「未だにあったのか」と軽く驚いた。

1.それと結構手間かかってるんだな、これ。

共に「そんなに手間がかかるもんなの?」という意味で驚きを隠せない(;゚д゚)

「ベルマークの仕分け作業のため、平日の日中に召集がかかるんです。『絶対休んじゃダメ』と言われるから、その都度、仕事を休んで参加しています。1円にも満たないマークもあるんですよ。そんなものを切り貼りするために、有給使うんですよ??『倍のお金を寄付するから勘弁して!』って、心の底から思います」

 「30人で半日作業して、たった数千円分ですから、かかる手間に対して成果が小さすぎますよね。前もって日にちがわかっていればパートの日はずらしておけますけど、『この時間にもっと稼げるよ』って思う……」

 「やり方が古すぎます。一刻も早くなくしてほしい!」

と言わてれるその作業の中身が以下のような感じ。

問題は「要求される作業のハンパない煩雑さ」にあります。ここで、ベルマーク活動の「詳細な作業手順」を説明しておきましょう。

①PTA会員、またはベルマーク係(委員)が、各家庭で商品パッケージに印刷されたベルマークを切り取り、学校に持参。校内に設置された回収箱に入れていきます。(ここまではいいのです。子どもでもできます。問題はこの先です)。

②回収されたベルマークを係(委員)が手分けして、会社ごとに分類します。協賛企業は全部で約60社。ベルマークは1~2センチ四方の小さなものが多いですから、大変細かい作業となります。

③これをさらに、点数ごとに分類します。たとえばマヨネーズでおなじみのキューピーの場合、0.5~70点までさまざまな点数があります。ちなみにベルマークが付いた商品は、全社合計で約2000種あるそうです。

④次に、会社&点数ごとに分類されたベルマークを、数えやすいようキリのいい枚数でまとめていきます。よくあるのは切り取ったマークを一列に並べ、セロテープで台紙(裏紙など)に貼りつけるというやり方です。

⑤台紙に貼ったベルマークを「会社ごとの専用の袋」にまとめて入れ、財団に郵送します。このとき、各点数の枚数や合計点数を計算して、所定の記入欄に書き込みます。なお、この「会社ごとの専用の袋」は財団から取り寄せる必要があります(他社の袋を流用することは厳禁)。

いやいやいや(汗)。あんな切手よりも小さいサイズのを、企業ごと点数ごとにわけなきゃいかんのか??

2.うちらの世代は子供が多かった=PTAの親の数が多かったからな。

改めてよくうちの母親、幼稚園のPTAでやってたもんだと感心してしまう。

まあ自分の頃は団塊ジュニア世代の末期でとにかく子供が多かった時代だったから人海戦術でできたんだろうね(結果、高校受験でも大学受験でも就職活動でも一番ワリを喰った世代だそーですが)。母校の小学校なんかは自分らがいた頃は6学年で620人いたけども、今は6学年で250人ぐらいしかいないらしいですしね。ま、周りの住宅地に住んでるのが年を喰って子供が減った、という側面もあるんだけど。

3.うちの子が幼稚園とか入ったら親として回ってくるのかね、これ。

うーん、なんかスーパーのレジのとこによく置いてある抽選ハガキでみんなで応募した方がいいモノが当たる確率が高いような気がするわ(誤爆)。そうか、朝日新聞が一枚噛んでるのか、この運動…(お察し)

 

4.【余談】

全く話は違うんですが、こんな記事を読んで、いろいろと考えてしまった。

「落選した人の気持ちも考えてください」の「落選した人の気持ち」 - それは恋とか愛とかの類ではなくて

ブログの方はジャニーズのチケット争奪戦の話をされてましたが、自分も最近、クイズサークルで申し込んだサークル対抗のクイズ大会で、近似値勝負(まあほとんどが運が重要でしたね。うちは)で運よく2次予選を突破してしまい、対して、比較的ガチで考察して数字を出して、本当の意味で「惜敗」(予選枠5のところを逆転負けして6位、みたいな)してしまったサークルの方と某所でお会いした時に、この逆の立場になって掛ける言葉が無くて困ってしまったことがありました。

自分が落ちた側だと気持ちは楽なんすけどね。「ま、僕らの分まで頑張って」とか言えるじゃないすか(たぶん相手にプレッシャーかけてしまうので言わないと思うんですけど(爆)) 。その逆の立場になった際に、まあ基本的にチキンな私は「いや、うちらは単純に平均値で勝負してたので…なんだか申し訳ないっすねえ」としか言えなかったですわ(汗)。

しかしジャニーズさんとか、NHKの「おかあさんといっしょ」の公開収録なんかは倍率が凄いらしいですしね。ま、後者の方が大変か。

5.更に余談はカンケーない方向へ…。

なお余談なんですが、最近、20数年ぶりにさだまさしのアルバムとかを再び聞きはじめまして、9月19日に甲府の山梨県民文化ホール(コラニー文化ホールというそうですね。ネーミングライツ成功してたんだ…)で、さだまさしのコンサートがあるんですが、嫁が入っているファンクラブの先行発売はもう終わっていて、これから一般発売があるんで「あー、チケット取れたら久しぶりに行こうかな。甲府だったら日帰りできるし」…と一瞬考えたんですが、曜日を見ると土曜日。

で、ふと気になって調べてみたら、同じ日に山梨中銀スタジアムで甲府対鹿島戦があるらしいんですね。しかもほぼ同時刻に(ヴァンフォーレ/17時キックオフ、さだまさし/16時半開場17時開演)。

いやあどうしようかな、これ(←話の本題と全然カンケーない(誤爆)) 

ベルマークのひみつ

ベルマークのひみつ

 
ヴァンフォーレ甲府あるある

ヴァンフォーレ甲府あるある

  • 作者: コマツサトル,めがねや梅茶
  • 出版社/メーカー: ティー・オーエンタテインメント
  • 発売日: 2014/02/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
自分症候群

自分症候群

 

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ

このブログを書いているのはこんなヤツです(笑)

raity.hateblo.jp