読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

うちの息子が飲む「経腸栄養剤」の箱の大きさに「驚愕」した日(爆)

日常 雑談

スポンサーリンク

f:id:tony_togo:20150702204242j:plain

今日は息子のリハビリの日だったんですが、ついでに栄養指導もしてもらうことになりまして、診療所で主治医のセンセに診てもらうことになりました。

1.息子、ミルクの飲みすぎだと宣告される(汗)

ところが、今飲んでるミルクはあくまでもフォローアップミルクという離乳食の「ついでに」飲むものなので、栄養価がそんなに高くないのと、カロリーだけは多い、と先生がおっしゃいまして、フレーバーなる飲み物に切り替わることになりました。

で、帰りにお昼食べながら惜しむようにミルクを飲みまして…いったん、妻と息子を家に送ってから、改めて処方箋を持って、徒歩圏内の調剤薬局に歩いて行くことにしました。 

2.調剤薬局でストックがないという事でしばしの待ちを…。

で、夕方、近所の調剤薬局へ。ここでは私もそうなんですが、嫁の両親や息子も含めて、おじいちゃんから赤ん坊までお世話になっております。同じ建物の中に整形外科や耳鼻咽喉科も入っているので、結構便利なんですね。目の前には駅前スーパーの有料駐車場もあって、ここで駐車券の割引もしてもらえますので。

その調剤薬局に行くと、どうも日頃はそんなに扱っていない経腸栄養剤というシロモノらしく、小一時間ほどすると業者さんが持ってきてくれるとのこと。とりあえず時間はあったので待合のソファに座って、午前中のなでしこジャパンのハイライトなんかが夕方のワイド番組でやってたので、それをぽけーと見ておりました。

3.そして業者さんが来ました…が。

で、30分ほどして業者さんがやってきたようで、他の薬(皮膚薬などもいただいてました)も用意できたそうで、レジのところにいきますと、「これです」と渡されたのが、

f:id:tony_togo:20150702205108j:plain

ド━(゚Д゚)━ン!!

で中身は↓こんなんでした。

f:id:tony_togo:20150702205157j:plain

これがミルク1回分、200mlの代わりになるんだそーです。

ちなみに薬剤師のおねいさんもこれを試しに飲んでみたそうで「意外においしかった」そうです。これは主にお年寄りの方とかも食べる、というか飲むそうで、コーンスープ味とかココア味とか、いろんなのがあるそうですね。 

4.で、帰りはこれを「担いで」帰ることに(自爆)

お会計…というか、地元の市では中学生までは医療費薬代が実はタダなのでこれは非常にありがたい話で、心の中で手を合わせて、薬剤師さんたちに見送られて帰ることに…徒歩で(爆)。

で、実際は1箱+4食分なので、200ml×28=5.6kg。それとナップザックだったんですが、箱が段ボールで取っ手が無いので実に持ちにくい(泣)。帰りは小学校横の緩やかな上り坂があるんですが、いやあフツーの5kgの荷物よりもきついきつい。ちなみに近所の散歩してるおじさんおばさんに「こんにちわー、ん、それどうしたの?」と驚かれて「いやあ、うちの息子が今後食べるミルクみたいなもので…」ともにょもにょと説明して、這う這うの体で帰ってきたのでした。

…ちなみにこれでも実は一週間分です(汗)。

来週、またリハビリの前後に経過報告を兼ねて主治医の先生にお会いするので、その後は2-4週間分一気に渡されることになると思われるため、次回は車で行き来しようかとおもってます(号泣)。

経腸栄養剤の選択とその根拠

経腸栄養剤の選択とその根拠

 
経腸栄養剤の種類と選択―どのような時、どの経腸栄養剤を選択するべきか

経腸栄養剤の種類と選択―どのような時、どの経腸栄養剤を選択するべきか

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

このブログを書いてるのはこんな奴です。

raity.hateblo.jp