読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

サイン会の場で、あっさりと「ゴーストライター」の存在を認めた蛭子サン(;゚д゚)

ツッコミ

スポンサーリンク

本当は「断腸亭日常」のオチだったんですが、「おもしろすぎた」ので別記事に独立させました。これはひどい(笑)

蛭子能収さんテキトー過ぎムチャクチャ著書イベント - 芸能 : 日刊スポーツ

「人生相談」の本を出してるのに「(自分は)人生相談はしない」と言い切るとこも凄まじい(爆)

奔放な言動でブレーク中の漫画家蛭子能収(67)が23日、都内で著書「蛭子能収のゆるゆる人生相談」刊行記念サイン会を行った。テレビ東京系「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」で見せるいいかげんさを、この日も発揮。「人生相談はしない。他人には分からないし相談しても仕方がない」と言い出して取材陣をあきれさせた。

 この後の流れがまた凄い。というか「ひどい」(失笑)。

 「えっ、こんなこと言ってないよ」。蛭子が突然、大声を上げた。著書の中のお気に入りの回答を聞かれると、あわててページをめくりながら、ある箇所で目を留めた。ブレークのきっかけになった「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」の相棒、太川陽介(56)に触れたページで、「太川陽介さんはすごく子どもっぽくて困る」と書かれていた。「外してほしいな」。既に売り出されている自著にあわてて注文をつけたが、当然ながら後の祭りだった。
 
 女性週刊誌「女性自身」の連載をまとめたもの。「相談に答えるのは本当は面倒くさい。僕に相談しても同じなのに。仕事でお金をもらっているのでやっている」。人生相談したいことを聞かれると「人生相談したいことはない。だって、他人に分かるわけない。相談しても仕方がない」と人生相談そのものに否定的な発言が飛び出し、取材陣を困惑させた。
 
 さらに太川についての「言ってないよ」発言を引き合いに、本当に自分で書いたのか追及されると「自分が言ったことを書いてもらった」と、ゴーストライターの存在をあっさりと認めた。また「毎週載っているの? 知らなかった。2カ月おきに答えていたから」と、掲載誌を読んでいない疑惑まで浮上した。
 
 テレビ出演などが相次ぎ多忙な日々を送っている。この日はズボンのポケットから40万円が入った銀行の封筒を取り出して取材陣を驚かせた。「ポケットが財布なの。忙しさは長く続けたい。一気になくなるのが怖い。僕は言われた通りに動いているだけ。自分から余計なことはしない。心の中でムカッとしても、表に出さない」と蛭子流処世術も明かした。
 
 著書の回答の中で「映画の主演をする」と書いた件を聞かれると「そんなこと載ってます? 発表前で、(主演話が)流れてしまうかもしれないし」と、最後までゆるゆるだった。

あっさりゴーストライターの存在認めるなよ(爆)

昔、「オールナイトフジ」で"自分が出したエッセイ"の事を聞かれた松本伊代が「まだ読んでない」って返答した時以来の「快挙」ですわ(意味不明)

 

【参考資料】

松本伊代、ゴーストライター事件で感謝「片岡鶴太郎さんのおかげ」 | マイナビニュース

蛭子さんのこのインタビューを見た某佐村河内氏が「…こういうやり方もあったのか」とか溜飲を下げてたら…いやいや、それも嫌だわ(自爆)

 

ところであの太田出版が出た少年Aの本。あれもゴーストライターが書いたんじゃないか説があるんですが、改めて考えれば証明する術はないし、安易に小金を稼ぐには無名のライターに「それらしく」書かせればいいわけだから、やはりゴーストライターはこの業界には欠かせないんだな、と改めて蛭子さんの件で確信した次第だった(←確信すんなそんなもんw)

蛭子能収のゆるゆる人生相談

蛭子能収のゆるゆる人生相談

 
芸能界 蛭子目線

芸能界 蛭子目線

 
ルイルイ仕切り術:人生も会社も路線バスの旅も成功に導く40のツボ(実用単行本)

ルイルイ仕切り術:人生も会社も路線バスの旅も成功に導く40のツボ(実用単行本)

 

↑あの人と一緒に旅をするルイルイの人の人望が高まるばかりで(爆) 

ブログランキング・にほんブログ村へ