読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

毎年のように、交流戦という夢うつつから一気に目が醒める瞬間が<ロッテ(号泣)

千葉ロッテ

スポンサーリンク

【ロッテ】伊東監督、打線組み替えへ : 野球 : スポーツ報知

だいたい交流戦直後にパリーグ同士の対決に戻ると、この「うっ」と夢うつつみたいな状態から「醒める」瞬間が来てるような気がする。やはり恐るべしパリーグ…。

◆ロッテ0―5楽天(21日・QVCマリン)

 ロッテの伊東勤監督(52)が21日、打線の組み替えを示唆した。

 楽天戦(QVC)は散発6安打に抑えられ、完封負けで3連敗。対楽天戦は6連敗となり「同じような投手にやられてしまっている。そんなに難しい球は来ていないが…」とがっくりだ。

 交流戦では12球団中2位の86点をたたき出した打線が、リーグ戦が再開してからは沈黙気味。「打順を変えてみます。2軍から誰かを上げると言っても大して変わりない」と打開策を明かした。

思うに「自分とこの勢いが落ちてきた」のと同時に、「一通りの戦力が揃った上で、他チームも研究していることがわかる」からなんだろうな、と思う。

競技は違えど、実はサッカーの浦和レッズも1シーズン制だった去年までは、後半戦、特に終盤になればなるほど苦戦したり、「あれ?」という凡戦で試合を落とす傾向があったんですが、前半戦は去年なんかも物凄くいい感じで突っ走っていたもんでしたね。で、後半戦、残り数試合で失速して、ガンバ大阪に優勝を「かっらされた」んですが(泣)。それもやはり、浦和自体のスタミナ問題もあるでしょうが「敵もしっかり研究している」という証左でもあるわけで。

今年は2シーズン制で、1stシーズンは無敗という予想以上に凄い成績で乗り切れましたが、果たして2ndシーズンとプレーオフは…という感じなんすけどね。

で、話をロッテに戻すと、最近はそうでもないんですが、以前は、優勝の可能性が絶たれたあとの、相手が優勝がかかった試合に無類の強さを誇ったり、CSで3位から始まった時にまさかまさかの快進撃を見せる傾向もありました。長いシーズン山あり谷ありの難コースみたいなもんですので、ここは伊東監督の腕の見せ所ですかね。2軍からの抜擢も含めて期待してます。

夢うつつ

夢うつつ

 

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ