読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

逮捕されたトヨタの米人女性役員が、「輸入」しようとした「薬」を調べてみたら。

ツッコミ 雑談

スポンサーリンク

トヨタの米人女性役員 麻薬密輸容疑で逮捕 NHKニュース

で、トヨタの株主総会はいつあったんだろう…あ、2日前か(←お察し?)

トヨタ自動車で女性として初めて役員に就任したアメリカ人の常務役員が国際郵便で麻薬を密輸したとして18日、麻薬取締法違反の疑いで警視庁に逮捕されました。調べに対し、「麻薬を輸入したとは思っていません」と容疑を否認しているということです。

逮捕されたのは、トヨタ自動車の常務役員で、アメリカ人のジュリー・アン・ハンプ容疑者(55)です。警視庁の調べによりますと、ハンプ常務役員は、今月8日にアメリカ国内から発送され11日に成田空港に着いた国際郵便の小包で麻薬の成分を含む錠剤57錠を密輸したとして、麻薬取締法違反の疑いが持たれています。
警視庁は税関から連絡を受けて捜査を進め、18日午前、滞在している都内のホテルで常務役員を逮捕したということです。
調べに対し、ハンプ常務役員は「麻薬を輸入したとは思っていません」と容疑を否認しているということです。
警視庁によりますと、密輸されたと見られる錠剤に含まれていたのは「オキシコドン」という成分で、日本では麻薬に指定されていますが、医師の処方箋があれば鎮痛剤として使われることもあるということです。
警視庁は輸入した詳しいいきさつにについて調べています。
ハンプ常務役員は、ことし4月に、日本のトヨタ自動車で女性として初めて役員に就任し、渉外や広報を担当していました。

1.「容疑を否認」というよりも「麻薬を輸入したとは思ってない」ですしね。

ま、「私は米国では合法の薬を日本に送ってもらっただけです」という意味の「麻薬を輸入したとは思っていません」なんだろうね。つまり「日本では違法とは知りませんでした」って言い逃れもできなくはないしね。で、取り調べは通訳も介してるんだろうかね?

2.で、このオキドコシンって薬はどういう薬なんだろう…。

で、オキドコシンって薬は何ぞや?と思って調べてみたら、wikipediaにあった。結果的に引用するにはちょうど良い長さ・わかりやすさだったんで、こちらを引用しますね。

オキシコドン (oxycodone) とは、アルカロイド系の鎮痛剤の一種。アヘンに含まれる成分のテバインから合成される。塩酸塩(塩酸オキシコドン)がオキシコンチンの名称で市販されている。

分子式は C18H21NO4、分子量は 315.364、CAS登録番号は [76-42-6]。

中~高程度の疼痛を緩和するために用いられる。オピオイド受容体にはたらき鎮痛作用を示すものと考えられている。

中でも、モルヒネに比べてμ2受容体への親和性が弱いとも言われており、便秘や吐き気などの副作用が少ないとされる。経験上、吐き気もモルヒネにくらべて難治性となる割合が低い。しかしながら、これは便秘や吐き気対策が必要ないということではなく、使用に当たっては十分な配慮が求められる。

現在日本で発売されているのは、徐放製剤であるオキシコンチン、即効製剤であるオキノーム、ヒドロコタルニン酸との合剤としての注射剤であるパビナールである。

一般にオキシコドン40mgがモルヒネ60mgと同等の効果であるとされている。 高用量で他のオピオイドにはない神経因性疼痛への効果が動物実験でも確かめられており、臨床応用が期待されている。一方、呼吸困難や咳嗽への効果はモルヒネと同等であるとの論文も見られるが、臨床的にはモルヒネより明らかに弱いという意見も多く、議論となっている。

ようはモルヒネと似たような痛み止めだけど、吐き気とかは少ないよ、という薬のようです。モルヒネは外科手術後の痛みどめや、末期がん患者の方々の緩和ケアとかによく使われる薬で知られていますね。

3.でもなんでこの人、この薬を飲んでたんだろうね?

…しかし思うに、仮に何かの病気の痛み止めで飲んでるとしたら、この人、いったいどんな持病を持っているんだろう。と。

少なくても「世界の」トヨタの渉外・広報担当なんかやってるヒマなんかない大病持ちなんじゃねえの?という気もしなくはないのだが…と。

で、一方でこんな話も。

「薬物のない世界のための財団」公式ウェブサイト、鎮痛剤乱用と依存症

オキシコドン系の薬物は、神経系にヘロインやアヘンに似た反応を起こします。そのためヘロインのような違法な麻薬の代用品または補助として、オキシコドン系鎮痛剤のひとつであるオキシコンチンを用いる乱用者がいます。

武装した強盗が薬局を襲う事件が起こりましたが、その際に強盗が要求したのは現金ではなく、オキシコンチンだけでした。いくつかの地域(特に合衆国東部)では、オキシコンチンは捜査当局が最も警戒する薬物となっています。

オキシコンチンは、アメリカ東部にあるアパラチア山間地域に居住する人々によって乱用されているため、「ヒルビリー(アメリカ東部の山男)ヘロイン」として広く知られるようになり、アメリカ合衆国では犯罪にまつわる主要な問題のひとつとなっています。ある地域では、犯罪の8割がこの薬物への中毒に関与していると推定されています。

「山男のヘロイン」とも呼ばれている薬らしいですね。これ。

4.そもそも日本の病院で処方箋出してもらえば…。

そうでなければまあ日本で言うとこの「これは合法ドラッグだからいいんです」的な使い方をしてたんだろうね。

で、もし病気なんかではなく、「こっち」が実情だとしたら、昨年ぐらいまで渋谷とか池袋の片隅で売ってた怪しいドラッグを買ってラリってた兄ちゃんと同じレベルじゃねえのか、と(爆)。いやどっちかは知りませんよ。どっちかは(苦笑)。

※ただ本当に病気でやばかったら日本で入院でもするなりして処方箋から薬を出してもらえばいいわけで。

ちなみに余談としてはグレープフルーツやその果汁のジュースとかは食べたり飲んだりしちゃいけないんだそうです。ヘタすると致命的になりかねないぐらいに危険だそうで。

5.どっちにしてもこの人は来年は株主総会には「いない」んでしょうね。

さあ「世界のトヨタ」はこの女性役員をどうするんだろう。弁護士団立てて庇うのかなあ、それとも「絶好のチャンスだ!!」と会社から追い出しちゃうのかなあ。株主総会が終わるまで「待った」のは当局の温情か、それとも何かの圧力か。まあ来年の株主総会にはこのおばさんが「いない」のはほぼ確実なんでしょうね。きっと。

「トヨタ式」大全 (PHP文庫)

「トヨタ式」大全 (PHP文庫)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ