読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

ドワンゴ主催で「叡王戦」という将棋の新しい棋戦が始まるらしい。

ツッコミ 雑談

スポンサーリンク

ドワンゴ主催の新棋戦は「叡王戦」に 優勝者がコンピュータと対局する新生電王戦 羽生名人は出場せず - ITmedia ニュース

優勝者がコンピュータと対戦する、というのも斬新すぎる(笑)

ドワンゴと日本将棋連盟は6月18日、ドワンゴ主催の新棋戦の名称を「叡王戦」と発表した。これまで団体戦で行ってきた「将棋電王戦」の発展形として、同棋戦の優勝者がコンピュータソフトと対局することになる。羽生善治名人、渡辺明棋王は出場しない。
  団体戦形式で行ってきた「将棋電王戦」を終了し、新棋戦を軸とした新たな形式でプロ棋士とコンピュータソフトの対局機会を作る。新生「第1期電王戦」は来年春、新棋戦の優勝者とコンピュータソフト同士の棋戦「電王トーナメント」の優勝ソフトが2日間制の2番勝負で実施する。

 棋戦名はニコニコユーザーから募り、Web投票で決定。応募総数3422件の中から「覇王戦」「賢王戦」「棋神戦」「一刀座戦」などを抑えて「叡王戦」が選ばれた。命名者は「これに勝ったものは電王と戦うのだから、人間の王と意味にしたい。ならば、人間しか持たない、知恵や叡智を競う将棋の頂点に相応しい称号を考えた」と込めた思いをコメントしている。

 新棋戦は全プロ棋士を対象としたエントリー制をとっており、現役プロ棋士159人中154人が出場することも発表された。タイトルホルダーとしてはすでに発表された糸谷哲郎竜王に加え、郷田真隆王将が参戦。羽生善治名人と渡辺明棋王は出場しない。
   予選は段位別で、初日の6月20日は、九段トーナメント1回戦が行われる。森内俊之九段 VS. 対森下卓九段、加藤一二三九段 VS. 南芳一九段の2局と、勝者同士の対局がニコニコ生放送で中継される。

 6~9月に段位別予選、10~11月に本戦、12月に決勝3番勝負を行う予定。決勝まで50~60局をニコニコ生放送でライブ配信する。

予選が段位別ってのも珍しいというか新しい、というか。勿論、段位が高い方が本選出場枠が多い(四段…1、九段…6など)のはいうまでもないんですけどね。

で、この棋戦の名称なんですが…(ここからが本題です(謎))。

ex.nicovideo.jp

どうも棋戦の名前も公募して人気投票か何かで決めていたらしい。その候補がいくつもあって、その中に「叡王戦」ってのもあった。

で、個人的には、やはり見てみたかったのは「ボツになった案」。そしたら、下の方に「おしかった名称案」という一覧表があった。

で、そこでバカウケしたのが、

f:id:tony_togo:20150618184723j:plain

いうまでもなく、↓例の大先生、ですな(汗)

f:id:tony_togo:20150618184911j:plain

「いやあ、これ考えた人、お友達になりたいわー」と笑い転げていたら、ツイッターでクイズ方面でフォローさせてもらっている方、私からすれば知り合いの知り合いの方が、こんなツイートをされていた。

( ゚д゚)ポカーン 

…友達の友達の方だったとわ。世間は狭い(汗) 

われ敗れたり―コンピュータ棋戦のすべてを語る

われ敗れたり―コンピュータ棋戦のすべてを語る

 
ドキュメント コンピュータ将棋 天才たちが紡ぐドラマ (角川新書)

ドキュメント コンピュータ将棋 天才たちが紡ぐドラマ (角川新書)

 
人間に勝つコンピュータ将棋の作り方

人間に勝つコンピュータ将棋の作り方

  • 作者: 瀧澤武信,松原仁,古作登,橋本剛,小谷善行,鶴岡慶雅,山下宏,金子知適,保木邦仁,伊藤毅志,竹内章,篠田正人,コンピュータ将棋協会
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2012/09/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 6回
  • この商品を含むブログ (26件) を見る
 

ブログランキング・にほんブログ村へ