読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

JR成田駅から成田エクスプレスに乗り損ねた修学旅行生の話で

雑談

スポンサーリンク

修学旅行生21人、ホームに取り残される 駅員勘違い、ドア閉め発車 平等院鳳凰堂に行けず… (ちばとぴ by 千葉日報) - Yahoo!ニュース

ある意味で運が悪すぎるというか、気の毒、というべきか…。

JR成田駅で今月、修学旅行で特急成田エクスプレスに乗り込もうとした千葉県香取市立栗源中学校(同市岩部、須藤壮輝校長)の3年生や教諭らの一部が、電車のドアが閉まり、ホームに取り残されていたことが16日、学校などへの取材で分かった。

 信号機トラブルもあって生徒らは東京駅で予定の新幹線に乗れず、訪問先の一つに行けなかった。学校側は「うっかりミスでも影響は大きい」と憤慨。JR千葉支社は「再発防止へ社員の管理と教育を徹底したい」としている。

  学校などによると、京都・奈良方面への修学旅行は10日から2泊3日で実施。3年生33人らが10日朝、成田駅で東京駅に向かうため成田エクスプレス(12両編成)に乗り込んでいたところ、途中でドアが閉まり、生徒21人や須藤校長らがホームに取り残された。

  取り残された生徒らは後続の成田エクスプレスに乗車。この電車でも定刻通り東京駅に到着すれば、乗車予定だった午前10時23分発の修学旅行生専用の新幹線に間に合うはずだったが、JR戸塚駅での信号機トラブルに巻き込まれ、東京駅に着いたのは午前10時35分。生徒らは別の新幹線で京都に向かったが、到着が遅れたため、コースに入れていた京都府宇治市の平等院鳳凰堂に行けなくなった。

  同支社によると、成田駅で乗降を確認する駅員が生徒らの乗車の列が途切れたのをモニター画面で見て、乗車が終わったとの合図を車掌に送ったらしい。生徒らが乗っていたのは先頭の1両目だったうえ、駅がカーブしていることもあり、駅員がいた11両目付近からは目視できないという。

  須藤校長は「生徒にとっては一生に一度の修学旅行。うっかりミスかもしれないが、影響は大きい。不安も招いた」と憤る。同支社は「再発防止に向け社員の管理と教育を徹底したい」とコメントした。

  JR側は修学旅行から戻った12日午後、学校を訪れ経緯を説明。きょう17日には学校で保護者対象の説明会を開くとしている。

後続の成田エクスプレス(以後、通称のN'exと略す)に乗れたのに更に信号機トラブルで遅れて、最終的には宇治平等院鳳凰堂をすっ飛ばす結果になるとは…(汗)。

1.自分も中学の時の修学旅行の出発地は「JR成田駅」でしたな…。

私も中学の時は成田に住んでいて、確か平成元年の4月に修学旅行(ってなんで覚えてるのかというと、「おやつ代に消費税は含まれるのか否か」で喧々諤々な議論になったのを覚えてるので…セコい話だな、おい(爆))で、奈良・京都に行った記憶があるんですが、行きは朝6時ぐらいの快速に乗って、帰りは東京駅からバスで帰ってきてましたね。つーか、朝6時すぎのとはいえ、千葉や津田沼や船橋あたりを朝の7時前後に通る通勤ラッシュの時間に1学年300人近い生徒および先生を一般の通勤列車に乗せたと当時の先生たち、凄すぎる(汗)。

更にいうと、この時は地元の中学校が5校ぐらい一斉に京都・奈良に修学旅行に行ったので、行きの新幹線は団体貸切だったんですね。16両編成の0系っていう前の部分が丸い奴の。東京駅の丸の内地下で集合して、新幹線に乗ったんですが、他の中学校はどうしたんだろう。バスってのも意外に湾岸高速や首都高速も混むからなあ…。

2.で、時は四半世紀以上過ぎて…。 

で、時は四半世紀過ぎて「おい、N'exに乗るんかい、いまどきの中学生は!!」と正直驚いたんですが、記事を見たら、全校生徒が33人+教師だとまあ1クラスぐらいですよね。「あー、だからできる芸当なのか」と。N'exは、朝と夕方の通勤時は通勤客向けに成田とか四街道とか千葉にも停まるんすね。でも全席指定席だから結構高いんですけど。成田空港に朝6時ぐらい着いて、そのままこれに乗る…というお客さんもあまり多くないので、まあ全校生徒・先生含めて40人もいないし、乗っちゃおうかなーという感じだったんですかねえ。

3.JR成田駅の1-3番線ホームは東京方面にカーブして延びているんで…。

ただ、成田駅って駅舎がホーム(この場合、総武快速・横須賀線の車両が止まる1-3番線に限った話ですが)の随分後ろの方にあって、前方に移動するのに結構時間がかかるんですね。しかも駅の構造上、東京方面に軽くカーブしているんです。

なので、駅員が前の方は目視で確認できないのでモニターで確認して、おそらく車掌と合図を出してドアを締める…ハズなんですが、やっちまいましたか。記事だと、1両目って書いてありますね。たぶんそういう事だったんでしょうね。

で、積み残しが発覚して、たぶんJR成田駅じゃ「まだ全員乗れてねえよ!!」と、てんやわんやになったんでしょう。とりあえず次のN'exも指定席は代替で取れたからそれで結果オーライ、気を付けてねー!!!と、成田駅の駅員はほっと胸をなでおろしたと思ったら、横須賀線の信号機トラブルで遅延して新幹線にも乗り遅れる、と。ついてないのにもほどがある。

※ただ最近は総武快速線も新小岩駅の人身事故が増えてしまったんで、空港客も大変だなあとよく思いますわ。私が仮に海外に行くとしたらやはり日暮里から京成スカイライナーですかねえ…。

どうするんだろうなあ。この因果関係。この手の話で、JRグループが賠償とかしたのって聞いたことないからなあ、殆ど。来年か再来年あたりから、バスになるのか、それとも目的地じたいが東北とかの別のとこになってしまうのか…。

4.自分も旅行で鉄道の遅延でえらい目に遭ったことがあるんですが…。

自分の経験だけで言うのは恐縮なんですが、「鉄道会社の都合」で乗り遅れたってのが一度だけありました。それは2006年の夏に、仲間と長崎に行った時に、私は仕事の関係で30分遅い新幹線(東京発の最終の岡山行きの新幹線)に乗って、他の仲間は新大阪から「ムーンライト九州」(という臨時の夜行快速列車があったんですね。当時は)に乗り、私は岡山で30分待ちでゆうゆうとそれに乗り換える…という計画だったんですが、東海道新幹線で車両トラブルがあったんですね。で、先行している仲間はどうにか岡山で乗り換えられたんですが、私は岡山に着いた時には既にムーンライト九州が出た後、だったんです。

この時に「うわ、分割民営化サノバビッチ」と思ったのが、新大阪まではJR東海の車掌なんですが、わかんないから何も教えてくれないんですね。まあそうでしょうね。新大阪から先はJR西日本の管轄ですし。新大阪での乗り換えについては情報は手元にあるんですけども。そこで分割民営化の弊害みたいなのが。

で、新大阪を過ぎたら、JR西日本の車掌が岡山や姫路での連絡の調整に忙しくてまず来ない(爆)。で、やっと姫路の手前で車掌が通り過ぎて、かくかくしかじかと事情を説明したら、「えー、それは大変ですね。一応、できる限りのことはやってみましょう」と、手はずを整えてくれたんですが残念ながら間に合わず。岡山からは山陰や四国方面の最終列車は待っていてくれてるというアナウンスは流れてるんですが、こちらはまず岡山からは乗る客はいねえだろう、と、眼中になかったようで。

5.ただ、JR岡山駅の対応が見事だったのと、JR東海の対応が…。

その後、JR岡山駅の在来線改札でかくかくしかじかと説明したら、朝3時前に運転停車(乗客の乗り降りはしないんですが、運転手や車掌の交代などで停車することもあります)する「富士/はやぶさ」に乗せてくれるという事になり、それまで「ここで良かったら待っててください。あ、外にはうどん屋とかもありますので」と、案内されたのがなんと駅長室。

たまたま同じ乗り換えで困ってたおじさんが一人いて、ふたりで、駅前の24時間営業のうどん屋に行って、きれーな駅長室のソファで2時間ほど仮眠したり世間話をしたりして、くつろいでましたわ。で、最終的には私は時間もないので(このまま博多駅まで寝台特急に乗っていくと午前10時とか11時とかになってしまうので)広島で新幹線乗り換えて、仲間よりも30分ほど早く博多駅について、改札前で彼らを出迎えることになったんですけどね。

実はこの前年にJR西日本は福知山線の脱線事故を起こしてたんです。この旅行先で会った鉄道好きな知り合いに話をしたら「JR西日本はあの事故で今、必死に信頼回復につとめているところだから、手紙でも電話でもいいから御礼はした方がいいですよ」と言われたので、帰宅後、本社のコールセンターに電話して御礼を伝えた次第でした…伝わってるといいなあ(汗)。

で、私はこの件で「よし、JR西日本。世間の風当たりは厳しいかもしれないが、俺は応援するぞ」と誓ったのと同時に「JR東海クソッタレ。テメーの不始末をJR西日本に尻拭いさせやがって」と、JR東海と東海道新幹線が大嫌いになった、という困ったオチがついたんですがね(自爆)。 

いずれしても「あの時は大変だったねー」みたいな笑い話で済むように、学校でもJRでもいいですから、何らかのケアはお願いしますよ。少なくても嫌な思い出とかトラウマみたいな感じで記憶に残らないことを祈る次第ですわ、はい。

プラレール S-15 成田エクスプレス

プラレール S-15 成田エクスプレス

 
京都、オトナの修学旅行 (ちくま文庫)

京都、オトナの修学旅行 (ちくま文庫)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ