読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

千葉ロッテ、中盤までの投手戦を制して巨人に2連勝。

千葉ロッテ

スポンサーリンク

ロッテ田村プロ1号「ホンマにびっくり」スギ撃ち - 野球 : 日刊スポーツ

所用を終えて、6回ぐらいからパリーグtvで見てました。

f:id:tony_togo:20150613175432j:plain

いやああそこでまさか田村のプロ第1号が出るなんて。

<ロッテ3-1巨人>◇13日◇QVCマリン
ロッテ田村龍弘捕手(21)がプロ1号となる先制ソロを放ち、勝利に貢献した。
 
6回1死で巨人杉内の真っすぐを逆方向の右中間スタンドへ放り込んだ。
 
「感触は芯だったので、外野の間を抜けてくれるかなと思っていました。ライトへプロ初ホームラン。自分がホンマにびっくりしています」と、本人も驚いていた。

昨日の清田のバスターからのホームランといい、「ホームランはヒットの延長上にある」という言葉がぴったりくるようなシーンでしたわ(笑)

昔、南海にいた門田選手というホームランバッターが、いかにも一発狙いの大振りをするようになって、当時の野村監督が巨人の王選手に協力してもらって「ヒットの延長がホームランなんだ」と説得してもらったのに、頑として聞き入れなかったというエピソードを思い出した(苦笑)。それでも500本塁打も打てた門田選手は凄いし、868本、657本という、通算本塁打記録の1位・2位の記録を持つ、稀代のホームランバッターだった王貞治・野村克也両氏が口をそろえて「ヒットの延長がホームラン(=あえてホームランを狙って打っているわけでもない)」と言っているのもこれまたおもしろい話だなあ、と思う。

今の現役だと、ホームランバッターで思い出すのは、外国人選手を除けば、西武のおかわりくんと、日ハムの中田翔ぐらいですかねえ。 でもこうして打った球が思った以上にあたりが良くてスタンドインしてしまうってこともあるんだから、やはり野球はおもしろい。

f:id:tony_togo:20150613194449j:plain

一方で、巨人からしてみれば追撃の一打となった堂上選手のホームランは「打った瞬間」わかるような打球でライトスタンド中段まで持って行く凄いバッティングでした。ああいう他チームで戦力外通告を受けて、新天地で死ぬ気で頑張っている選手は無条件で応援してしまうんですが、戦力外通告した中日がマヌケ…というよりかは、巨人に「拾って」もらって、目の色を変えて日々頑張ってる証拠なんでしょうね。「五右衛門」石川がよくぞ7回まで1失点、特に7回のピンチを切り抜けてくれましたわ…。

ま、今回はロッテは田村・鈴木大地、巨人は堂上と3本のホームランが全てソロ(ちなみにもう1点は鈴木大地が6回のタイムリーでした)で、思った以上に「締まった」試合になってましたし、スコアが逆でもおかしくない接戦でしたからねえ…、いや、見ていておもしろい試合でした。 

で、今日は27500人も入ったそうで。蒸し暑いデーゲームでしたし、カンパイガールズのおねいさんたちはさぞかしビール売れたんだろうなあ、とひとり思う(笑)

ジャイアンツ 2015年 07 月号 [雑誌]

ジャイアンツ 2015年 07 月号 [雑誌]

 
千葉魂 2014―マリーンズ挑戦の日々

千葉魂 2014―マリーンズ挑戦の日々

 

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ