読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

鳥取の養護学校の看護師さんが6人も一斉に辞めた話…の親の言い分がアレで(失笑)

ツッコミ

スポンサーリンク

痛いニュース(ノ∀`) : 鳥取養護学校「モンペ」批難の保護者反論 「うちの子は難病、死んでもいいと思ってるのでは」 - ライブドアブログ

こないだ書いた記事の続き、のような話ですが。

raity.hateblo.jp

その「引き金」を引いた保護者にインタビューしたテレビ局があったそうで。

鳥取の県立養護学校で先月(2015年5月)、看護師6人全員が辞め、ケアが必要な児童・生徒に支障が出るという異常事態が起きた。ある保護者の威圧的な言動が理由とされるが、看護師不足で時間通りのケアが守れないという背景、さらには施設の対応の拙さもあるようだ。

 鳥取養護学校には小学1年生から高校3年生まで76人が在籍しているが、医療ケアにあたる看護師は6人全員が非常勤だ。この6人が辞めてしまったため、医療ケアが必要な生徒33人のうち9人が一時登校できなくなった。

8日(2015年6月)の県議会で、看護師から話を聞いた議員がこの問題を取りあげ、広く知られることになった。辞めた理由はある保護者の暴言だとしたため、保護者への批判が高まって、ネットでは「モンスター・ペアレンツ」ともいわれた。

しかし、当の保護者は「とくダネ!」の取材に「怒ったことは事実だが」と実情を話した。6歳の息子は低血糖を起こす難病で、決められた時間に鼻の管から水分・栄養を補給しないといけないのだが、時間が守られない。15分の遅れでも命に関わるから激しいやりとりもあったという。

 「それを暴言といわれてもね」ケアの要求が母親の思い込みなのか、医学的に正しいことなのかはわからないが、母親は「死んでもいいと思ってるんじゃないですか、うちの子のことを」と話す。ここまで言うようだと、もう折り合いはつきそうにない。

いやいやいや、

そんな子供によく「通学許可」を出したな、主治医?

という方が不思議。子供病院の中に院内学級のような施設があるとこなんかあるだろうよ?と。そもそも、1日24時間ずっと「15分も遅れたら命にかかわる」ような症状、退院して家で面倒みきれるのか、それ?、と。

というよりも、「死んでもいいと思ってるんじゃないですか、うちの子のことを」というんだったら、然るべき医療機関にゆだねるとか、然るべき金銭を投じてしっかりしたケアをするとか、そっちの方が筋。

そういう事もせずに養護学校を病院のように勘違いして預けたあげく、「子供の為に専従して見てろ」といってるに等しく、ぶっちゃけ「子供の為に看護師は過労死してもよい」とも聞こえる。

が、一方で、そこに丸投げしている親を見れば、「そんな看護師が足りないとこに責任丸投げしている親は子供なぞ死んでもよい」と言ってるようにも聞こえるのだが?

つーか、そんな重病な患者さんたる子供さんが、そもそも学校に来れている理由がわからない。なんか役人もそうだが主治医の怠慢もありそーで。

 

でもこんなもん、何度も書くけど、親からすればいくらでも「代替手段」はあるだろうよ。親自身の金銭的都合?そんなもの知ったことか。「ははーん、お金の問題?あなた、死んでもいいと思ってるんじゃないですか、自分の子供のことを」って世間からそういわれそうなんすけども(失笑)

なんかこの件はいろんな連中が無責任に、現場の看護師さんに責任を丸投げしたのが蓄積されて起きた事例のような気がしてならん。いっそ鳥取県の役人と、この親の「直接対決」でどっちもヤラレちまえばいいのに(←暴言w)

 

【追記】

はてブのコメント欄をふと見て気づいたんですが、「親が話を盛っている(特に子供の病状)」って可能性もあるんですね。それは確かに…。

モンスターペアレント―ムチャをねじ込む親たち

モンスターペアレント―ムチャをねじ込む親たち

 
モンスターペアレントの正体―クレーマー化する親たち (シリーズCura)

モンスターペアレントの正体―クレーマー化する親たち (シリーズCura)

 
教師のための失敗しない保護者対応の鉄則

教師のための失敗しない保護者対応の鉄則

 

ブログランキング・にほんブログ村へ