読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

せめて本を出す前にご遺族に「事前通知」ぐらいしろ<酒鬼薔薇聖斗

ツッコミ

スポンサーリンク

加害男性の手記「今すぐ出版中止を」土師さん 神戸連続殺傷事件 (神戸新聞NEXT) - Yahoo!ニュース

ま、被害者側の親御さんからすればそう言うのは当然の道理。自分なんかはつい2年ぐらい前に一人の父親になったからこそ、自分の子が被害者だったらと思うと、それは痛いほどわかる。

神戸市須磨区で1997年に起きた連続児童殺傷事件で、加害男性(32)が手記を出すことを受け、小学6年の土師淳君=当時(11)=を殺害された父親の守さん(59)がコメントを出した。全文は次の通り。

  加害男性が手記を出すということは、本日の報道で知りました。

  彼に大事な子どもの命を奪われた遺族としては、以前から、彼がメディアに出すようなことはしてほしくないと伝えていましたが、私たちの思いは完全に無視されてしまいました。なぜ、このようにさらに私たちを苦しめることをしようとするのか、全く理解できません。

  先月、送られてきた彼からの手紙を読んで、彼なりに分析した結果をつづってもらえたことで、私たちとしては、これ以上はもういいのではないかと考えていました。

  しかし、今回の手記出版は、そのような私たちの思いを踏みにじるものでした。結局、文字だけの謝罪であり、遺族に対して悪いことをしたという気持ちがないことが、今回の件でよく理解できました。

  もし、少しでも遺族に対して悪いことをしたという気持ちがあるのなら、今すぐに、出版を中止し、本を回収してほしいと思っています。

あれだよな、カメラの前「だけ」で反省の姿勢を見せるだけのポーズが大好きな奴らって多いじゃないすか。政治家とか芸能人とかが。それと同じなんじゃね?と。

ぶっちゃけて言えば「どこで頭を下げればよいのかが効果的なのをよく知ってる奴」って。「あいつ一人の前で謝りたくない。カメラの前でお詫びすれば、こちらは義理を果たしたことになるし、相手も無碍な態度を取ると世間から叩かれるから」みたいな「計算」のようなものが。子供の頃、ガキでもいたじゃないですか。先生の前では涙を流してクラスメートの前では謝るけど、心底謝る気はないからいじめた本人の目は見ない、みたいな。つくづく「狡い」やり方だな、としか私は思えないのだが…。

しかし根本的な話で、そもそも落ち度のない子供さんを凌辱どころか殺しておいて、それをご遺族よりも先に市井(しせい)の人間に「告白・暴露」するその道理はない、と思うのだがな。だったら裁判で言えよ、と。

で、こいつ、結局、これも「衝動的に」この文章を書いたんだろう?同じように「衝動的に」罪もない子供たちを襲って死傷させたのとどこが違うのだろうか。そして次は被害者やご遺族をさらし者にして「衝動的に金儲け」か。

これの一連の行動を「贖罪と反省」というんだったら、こいつの10数年間はなんだったんだろう、と嗤ってやるところなんがな。

同時に出版社の倫理のなさにも呆れる。たぶん「事前通知したら拒否されるに決まっている。そしたら儲からないから、結果オーライにしちまおう」が最大の理由なんだろうがな。

そういえば、こいつの親が昔、似たような「告白本」を出してたが、あれもきちんと遺族に事前了承を取って出したんだろうかね。そうでないとしたら、それこそ「この親にしてこの子あり」だ、と世間は皆、そう思うんだがな。

つくづく世間をわかってないなあ、思う。憲法とか保障されている出版の自由とか言論の自由とかはあくまでもタテマエであって、それ以前の人間生活やコミュニケーションをするうえでもっと大事な「道理」と「人間の感情」というものがあるってことを、彼ら親子はそもそも欠落してるんだろうね。

だったらのうのうと生き延びてないで、さっさとどこか海のそばの崖の上で被害者に詫びて切腹でもして投身でもすりゃいいのに(暴言)。

切腹の日本史 (じっぴコンパクト新書)

切腹の日本史 (じっぴコンパクト新書)

 
コンメンタール少年法

コンメンタール少年法

 

ブログランキング・にほんブログ村へ