読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

鳥取の養護学校の看護師さんが6人も一斉に退職したという話。

ツッコミ 雑談

スポンサーリンク

看護師6人一斉辞職 鳥取の養護学校 生徒10人通学できず - 産経WEST

ま、生徒さんには気の毒な話ではあるが、もともと8人いなきゃならんとこに6人、しかも全員非常勤の看護師さんしかいないってのもどうかと思うが、それに加えて馬鹿親だろ…そりゃあ、ねえ(苦笑)

鳥取県立鳥取養護学校(鳥取市)の看護師6人全員が、校内で行う医学的ケアに対し保護者から批判を受けたことを理由に5月末に一斉辞職し、一部児童・生徒が通学できなくなっていることが8日、県への取材で分かった。

 県によると、6人はいずれも非常勤。10人程度の子供が通学できておらず、県は近隣の病院に看護師派遣を依頼し、今週中にケアを再開する予定だ。8人程度が必要だとして確保を進める。同校では、全児童・生徒約70人のうち約30人に、たんの吸引や経管栄養法などのケアが必要。保護者からは、吸引時間の遅れや点滴の位置などに関し批判の声が寄せられていたという。

 通学できない子供には在宅学習や、福祉施設に預かってもらい対応。求めがあれば、教員を自宅に派遣している

これも頭の悪い奴は「身障者への差別だ」とか「看護師が逃げやがった」とか口汚くののしるんだろうな。いやこれは単純に適切な人数配置ができてない鳥取県の怠慢でしょう?いつものお役所仕事か。

1.実は我が家的には他人事ではない。「介護」という意味で。

うちにも、介護認定を受けている年寄りが2人(同居してる妻の両親)が、それぞれ週2、週4でデイサービスに通ってるんですが、特に義母は2年間介護施設でお世話になっていて(腰の骨を折って車いすの生活になってしまったんですね)、週に2回、洗濯物の交換で施設に届けに行って職員さんやスタッフさんとあいさつしたり、お話ししたり、義母に頼まれて何か月かに1回、お菓子の差し入れ(公式にはダメなんすけどね。ただ日勤も夜勤もある人たちですので、入所してた人の家族が大変なのを傍目で見てるしお風呂からトイレまで何から何までお世話になってるしで、じいちゃんばあちゃんに頼まれて差し入れてたようです)してあげたりとか、「いやあ、本当に大変ですよね」と話をする機会が多かったんですね。

2.たぶん年齢は関係ないんでしょうね。

特に、エレベーターのボタンを勝手に押されて他の階に行かないように、必ずスタッフさんを呼ばないと我々はエレベーターを使えないので。なのでお話しする機会が多く、「××さん(←義母の名前)、リハビリ頑張ってますよー」とか第三者から近況とかも聞くチャンスでしたしね。

なので年齢の違いはあれど、本当に寝たきりのじいちゃんばあちゃんとかもいたので、やはりこういう養護学校のスタッフさん・看護師さんの大変さは半端ないよなあと思うんですよね。たぶん年齢は関係ないですね。むしろたんの吸引とか、命に係わる案件だから、そこで人数不足になった上に、「遅い!!」と声の大きな保護者に突っつかれたら、そりゃ無理でしょうよ。しかも1人2人じゃなくて、6人全員辞めるって事態が全てを物語っているというもので。

3.実は義母が家に戻って来たのは介護保険制度の変更の為でも。

実はうちの義母も、予定よりも早く(といっても1か月ぐらいなんですが)家に戻るきっかけは、介護保険法の改正があったのがきっかけだったそうで、職員さんの話では「中で住込みでリハビリをする人を減らして、通所通い(デイサービス)の人を増やすように」、上の方から指示があって、それでもう帰れるだろう、辛うじて、バリアフリーなどをすれば自宅での介護と、週4回程度のデイサービス(お風呂は引き続き介護施設で入れてもらってますので)で行けるでしょう、というのが今回家に戻ってきた最大の理由だったんですね。

ま、1か月以上経過して、私も妻も慣れた(車いすから外用の車いすへ、もしくはベッドへ、という時は抱きかかえたりして移動するのをお手伝いしてます)からいいんですけど…例えば義母が入ってた介護施設は、2階に認知症の方々のフロア、3階に義母のようなリハビリ向けの人たちのフロアで50人ずついたそうですしね。 

4.そもそも「制度」を決める連中は現場を知らんから…。

で、養護学校の話に戻すと…30人を常時6人で回さなきゃならないのはきついですよ、どう考えても。たんの吸引だって一日1回とかじゃないんですし。本当は8人でもきついのに、理論上、8人でぎりぎりなとこに6人、しかも非常勤の看護師さんしか「置かなかった」のか「置けなかった」のかはしりませんが…でもこれで鳥取県が他の病院から看護師さんを派遣する依頼をしてあっさりと8人揃えば「じゃ、なんで最初から8人揃えねえんだよ」って批判は受けるだろうな…。これはたぶん看護師さんもパンクしちゃったんだろうね。体力的にも精神的にも。おそらくとどめを刺したのが、その親のクレームだったんじゃないんでしょうかね。

だいたい介護保険にしろ、こういう養護学級とか身障者の問題にしろ、「制度を決める連中」は大概、現場は知らないし、関心もないし、めったに来ないしで、本当にこれでいいんすかねえ。いや、本当に看護師さんもそうだが、こういう現場にいる人たちをケアしたり守ってやんないと、こういう制度、あっさり破綻しかねないしな。

どこかのブラック企業の社長じゃないんだからさあ。 

看護師の過酷な業務

看護師の過酷な業務

 
社長の覚悟---守るべきは社員の自尊心

社長の覚悟---守るべきは社員の自尊心

 

ブログランキング・にほんブログ村へ