読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

あの横浜M相手に引き分けた甲府に正直びっくりした。

ヴァンフォーレ甲府

スポンサーリンク

ドメサカブログ : 【J1.1st第15節 甲府×横浜FM】甲府、オウンゴールで先制許すもアベタク弾で追いつきドローに持ち込む 新体制での無敗をキープ

そういえば今季、J1リーグ戦では先制された試合は全て負けていたような記憶がある。それの嫌なジンクスを破ってくれたのは嬉しい。

…というか、昨季は14試合も引き分けだった甲府が第15節のこの試合でが今季初引き分けだったことに気づいて軽く唖然としたんすけども( ゚д゚)

※ちなみに昨季は34試合で9勝だったんですがもう今季15試合目で5勝ですしな(汗)

個人的にはあの横浜に引き分けるとは、という驚きが先に。

後からハイライトとダイジェストを見たんですが、うん、守備が良い。特にバウル氏と山本キャプテンなどが非常に「効いて」いる。まあ山本キャプテンのオウンゴールは積極果敢に守っていたがゆえにハプニングなんであれは御咎めなしで(つーか、あれだけ積極的にボールに行ったりしないとあっさりシュート打たれてますって。退任した樋口監督の時はその詰めが甘かったってのもありましたしね)。バウル氏にゃ経験に裏づいたプレーもあるんでしょうが、とにかくいいプレーをしつつも、40歳を過ぎてるがゆえに(同い年ですわ(汗))怪我には気を付けてほしい…。

で、得点シーンは交代したばかりの堀米のCKから阿部拓馬の頭で決めた、というシーンだったんですが、いやあもっと堀米を使ってくれ(泣)。堀米・下田がボールを持ってタクトを振るようになると、阿部拓馬とか今回は怪我で欠場したバレー、そして若手の伊東とかがもっとのびのびできるんでしょうね。まだまだ未知なる可能性がある、という意味では佐久間監督以下チーム全般にとって、引き分けとはいえ、両手に余る収穫のある試合だったんではないでしょうか。

※ちなみに一番びっくりしたのは横浜の斉藤学に対して、久々の登場の松橋優の効き目が抜群だったことでしょうか。本当に粘り強いプレーで斉藤の良さをかなり「消して」ましたね。あんぐらいいい仕事をしてくれるとスタメンの面々もうかうかしてらんないと(以下略)

 

で、現在は13位。中位から下位が本当に大混戦なのでちょいと連敗すると一気に降格争いに花が咲く(泣)ので要注意なんですが、横浜M戦のあとは、一応、中1週空くんで、オフ(今日と明日、2日間オフだそうです)とオンをしっかり切り替えてほしいですね。で、その次の相手は…うわー、ここで清水「兄貴」との対戦かー(号泣)。 

↑前ブログから何度かオチで使ってますが、「甲府い(こうふい)」という古典落語があるんすね。 

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ