05年のロッテ日本一を支えた救援陣「YFK」こと、薮田安彦氏(41)、藤田宗一氏(42)、小林雅英投手コーチ(41)の3人が、試合前にメモリアル・ピッチを行った。

 薮田氏、藤田氏、小林コーチの順に登板。「マリーンズのピッチャー、薮田」といったように場内アナウンスで紹介された後、右翼ポールそばからリリーフカーに乗って登場。本番さながらの演出で1人1球ずつ、捕手の田村に投げ込んだ。

 3人の共演に、満員のロッテファンからは歓声が起きた。

 3人のコメントは次の通り。

 薮田氏「ボールがミットまで届いてホッとしています。引退セレモニー以来のマウンドでしたが、沢山の方の前で沢山の声援の中で投げることが出来て幸せでした。ただ、めちゃくちゃ緊張しました」。

 藤田氏「ストライクが入らなかったけど、ボールには満足しています。引退試合がなかったので、今日、引退のセレモニーをしていただいたような幸せな気持ちになりました。やっぱりマリーンズファンの声援、そしてマリンのマウンドは最高でした。また、今日は久しぶりに一塁側のブルペンでキャッチボールをさせてもらいました。ずっと、ここで戦ってきたので本当に懐かしかった。いろいろな思い出がよみがえってきました」。

 小林コーチ「130キロストレートを目指していたので127キロは不本意です。薮田さん、藤田さんと3人でYFKと言われた時代は私の中の誇りです。これから、次の世代にあの時の熱い思いを伝えて行きたいと考えています」。

ま、勝てれば良かったんでしょうが、そこは「コバマサ劇場」と呼ばれたロッテですから(意味不明)。願わくば2勝1敗ペースでちょっとずつ貯金を作って行ければ。

ちなみに藤田氏は東京・赤坂でホルモン焼き屋さんの店主をされているらしい。ロッテ・巨人・ソフバンと渡り歩いてるから、野球ファンに愛されそうな感じのお店で何よりです(笑)

【甲府】1年目・伊東V弾!今季初の3連勝!J1通算50勝 : サッカー : スポーツ報知

J1で通算50勝…、6シーズン目で50勝なんでその陰にどんぐらい負けを重ねてきたかを思うと、相撲で言えば高見山とか旭天鵬の気持ちがちょっとはわかる(泣)

◆J1第1ステージ第14節 新潟0―2甲府(30日・デンカビッグスワンスタジアム

 ヴァンフォーレ甲府はアウェーで新潟と対戦し、2―0で今季初の3連勝とJ1通算50勝目を飾った。前半8分に2試合連続得点中だったブラジル人FWバレー(33)が負傷交代するも、神奈川大卒の1年目FW伊東純也(22)が前半43分に先制し、専大卒の2年目MF下田北斗(23)が後半26分にプロ初得点で追加するなど若手が躍動。108歳3バックが3試合連続無失点と攻守がかみ合った。J1での3連勝は07年、14年に続き3度目のタイ記録。16位から暫定14位に浮上した。

 バレーがいなくとも、若い力はしっかり育っていた。下田と伊東がチームに活力を与えた。

 前半43分、伊東が持ち味を発揮し、今季2点目を決めた。MF阿部翔が守備への素早い切り替えで奪ったボールがMFマルキーニョスパラナに渡った。その瞬間、伊東はDFと駆け引きしながら裏へ飛び出し、スルーパスを受け、左足で先制点を奪った。

 伊東は「アップの時からいつ試合に出てもいいように準備していたので慌てなかったです」と言う。前半8分、試合前練習で左内転筋を痛めたバレーと交代してピッチに入ったが、DFラインの裏を取る動きだけでなく、ポストプレーもさえた。佐久間悟監督(51)も「勝利に貢献するプレーをした」と称賛した。

 若き司令塔が勝利を決めた。後半26分、下田がプロ初得点で追加点。阿部翔の直接FKから相手DFがクリアしたボールを左足で狙い、DFに当たりながらもネットを揺らした。「良かったぁと思いました。自分の点もそうですが、(チーム)2点目だったので」

 前節の仙台戦はMF新井涼平の出場停止もあり、リーグ戦は今季2度目の先発だった。佐久間監督も台頭を期待しており、新潟戦もキーマンに挙げていた。公式戦では20日のナビスコ杯・F東京戦から4連戦になるが、視野も広く、攻撃のリズムを作り、90分間存在感を示した。「試合に出続けることが大事と、試合に出させてもらって感じています。チームとして結果を出すことが、試合に出ることにつながる」

 3年連続6度目のJ1で、J1通算50勝を記録した。佐久間監督は「多くの負けがあり、傷ついてきた方々がいる。皆様に感謝したい」と話す。05年のJ1初昇格の立役者であるバレーが負傷退場し、若き戦士が結果を出した。下田も伊東も甲府の歴史を作っていく。

 現時点では、3年前の札幌、2年前の大分、昨年の徳島のようなぶっちぎりの最下位というチームが存在せず、甲府がここにきて3連勝、清水兄貴が回復傾向に、最下位とはいえ新潟もレオ・シルバさえ戻ってくれば攻撃力は更に旺盛になるだろうから、まさに降格争いはわかんなくなってきた。願わくば、1stステージの6位あたりのチームぐらいまでうかうかしてると寝首を掻っ切られるぞ的な戦国時代になってくれれば、盛り上がってくれてうれしい。かも。

浦和6発 先制許してもJ1タイ開幕13戦不敗 - J1 : 日刊スポーツ

思えば浦和はここ数年、終盤になるとガクッと力が落ちる傾向があるんで、むしろ2ステージ制になって良かったんではないか、とふと思った。

・ 甲子園に王さん!100周年始球式「この人しかいない」 : 野球 : スポーツ報知

王さんには長生きしてほしいと切に願う。

田口「変な人が来たのかと」裸絞めのまま試合中断 - プロレス : 日刊スポーツ

 いやな地震中断だ(泣)

史上初!田中恒成、井上超えプロ5戦目で最速世界王者に/BOX (1/3ページ) - スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)

かつて辰吉氏のプロ8戦目で世界王者に、というニュースでびっくりしたのが懐かしい感じも。こうしていろんな選手が出てくるとは、軽量級の層が厚いわー。

愛之助 トークショーで「世間をにぎわせておりますが…」 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

市民講座のゲスト講師ってのもやるんだな、この人(苦笑)。

痛いニュース(ノ∀`) : 少年院って言葉が、「特少帰り」とかいうDQNの箔付けになるから、改名するらしい - ライブドアブログ

DQNだから何に改名しても結局は同じだと思うしw

ブラッターがFIFA会長に再選したんで、FIFAの話をするよ - pal-9999のサッカーレポート ブラッターがFIFA会長に再選したんで、FIFAの話をするよ - pal-9999のサッカーレポート

非常におもしろい記事でした。いや、不謹慎ながらも、フットボールよりもこっちのマネー・ゲームおよびパワー・ゲームの方がおもしろいんじゃね?と思った自分が(誤爆)。 

いやわかりますよ。欧州勢の傲慢さの側面は。なんど五輪競技のルール改正でかつてお家芸だった種目で日本などがひどい目にあってきたか。バリボーやスキーなどなど。

以上です。 

ワールドカップは誰のものか―FIFAの戦略と政略 (文春新書)

ワールドカップは誰のものか―FIFAの戦略と政略 (文春新書)

 

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ