読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

昭和の大横綱・千代の富士も還暦土俵入りって年齢なのか…。

スポーツ 雑談

スポンサーリンク

「ウルフ」の赤い綱作製 九重親方の還暦土俵入り - 大相撲 : 日刊スポーツ

キン肉マン」でウルフマンが超人オリンピックに出てきたのがそんなに昔の時代なのか(意味不明)。まあ実際はいろいろとあったらしいんですが、あの筋肉ムキムキで鋭い目で相手を圧倒してた千代の富士は凄かったし強かった。そんな九重親方が、今年還暦を迎えて還暦土俵入りをするそうで…。

6月1日で60歳の誕生日を迎える元横綱千代の富士九重親方の、還暦土俵入り(31日、両国国技館)で用いる「赤い綱」の綱打ちが28日、東京・墨田区九重部屋で行われた。部屋の力士らが完成させた綱を、実際に締めた親方は「現役のころを思い出すね」とうれしそうに話した。

 とても還暦間近とは思えない肉体美を披露した親方。現在の体重は「116~117キロ」といい、現役時代と10キロも変わらない。91年夏場所途中で引退してから24年が経つ。高々と足を掲げるのが特徴的だった雲竜型の土俵入りの所作について「体に染みついていると思う。四股は全然やっていないから、期待しないで。足は上がるわけないじゃない」と笑った。

 三つぞろえの化粧まわしは、還暦土俵入りのために新調した。デザインは親方が赤富士、太刀持ち横綱白鵬が青富士、露払いの日馬富士が白富士となる。「現役の横綱に介添えをしてもらえる。感無量。これだけみんなの手間暇がかかっているのを見ると、無事に務めたいね」と意気込みを語った。

 九重親方(元横綱千代の富士)は現役時代、31度の優勝を記録。現役時代には角界初の国民栄誉賞も受賞した。還暦土俵入りは歴代横綱で10人目となる。

で、現役時代の土俵入りも凄かったんすよね。足の上がる角度なんかが。

NHKの実況氏いわく「横綱隆の里の休場で、今場所はひとり横綱です」と。太刀持ちの保志が後に北勝海に改名して横綱まで昇進していくんですけども。

しかし歴代横綱が70人以上いて、国技館で還暦の土俵入りを果たしたのがこれまで九重親方を含めても7人(栃木山常ノ花栃錦・初代若乃花大鵬北の湖、そしてこれから開催する予定の千代の富士)、更に国技館の外ながらも3人(太刀山北の富士三重ノ海)しかいないそうですね。

これはやはり横綱という激務がたたって還暦まで長生きできなかったり、若いころの暴飲暴食がたたって土俵入りするような体力がなかったり、親方になったあと派閥争いや、輪島のように諸事情で相撲協会を辞めてしまって角界とは縁が切れた元横綱がこれだけ多かったのかと(中には赤い綱だけ作ってもらって土俵入りしなかった人や、用意したのに還暦直前に亡くなってしまった元横綱もいたそうで)。次は大乃国とか北勝海旭富士あたりが数年後ってとこなんでしょうが、いずれも親方として有望な弟子を育てて大成していますし、ぜひとも還暦土俵入りはみたいですね。貴乃花とか武蔵丸あたりは行けそうですが、3代目若乃花とか曙、朝青龍は…無理だろうなあ(爆)。

 

【追記】

これを書いてて思い出したのが、10年前の冬に新婚旅行で北海道に行った時に、川湯温泉にある、地元出身の横綱大鵬関の資料を展示した「川湯温泉相撲記念館」に行ったことがありました。

f:id:tony_togo:20150528193421j:plain

寒かったっすねー。外は。夜はダイヤモンドダストが見れたぐらいでした(汗)。

で、その中に、大鵬さんの還暦土俵入りの写真が飾ってありまして、露払いを千代の富士九重親方が、太刀持ち北の湖親方がつとめていましたね。大鵬さんは引退後、脳梗塞を患ったんだそうで、四股は踏めなかったらしいんですが、それでも一部の所作は行ったんだそうです。

でも考えてみれば、北海道出身の横綱が多数いた頃の話なんすねえ…。

ブログランキング・にほんブログ村へ