仙台対甲府戦

スポンサーリンク

仙台0-1甲府(スパサカ)

スカパーで見てました。途中、晩飯やら息子のミルクタイムやらといろいろとありましたが(爆)

いやあ、戻ってきた感がありますな。甲府の堅守が。

先制点かつ決勝点となった阿部(翔)のセンタリングをバレーがフリックする形で打ったシュートもお見事でしたが、ボールへの寄せが凄くて仙台に殆ど仕事をさせなかったってのに、ただただ驚きました。

ま、最後、ロスタイム6分(これはGKの河田が負傷してちょいと時計を止めたからだと思われますが)というとんでもない長い時間に、仙台の猛攻撃があって相手のシュートが外れた助かった、というシーンはありましたが、それ以外は、甲府ならではの堅守はお見事、という試合でしたね。

スポンサーリンク

断固たる決意を…。

一番変わったなーと思うのは、そのボールの寄せの部分で、特に山本キャプテンが凄かった。ほとんどの攻撃の芽を摘んでたんではないでしょうかね。そこに影武者のごとく津田やバウル氏といったベテラン陣が後方で体を張り、中堅・若手を「鼓舞」してたことでしょうか。「俺らが体を張って頑張ってるんだから、お前らもできるよ、な?」と。

f:id:tony_togo:20150523204731j:plain

安西先生…ボクもそう思いますです(号泣)。

あとは…まあ下田のミドルシュートがなー。相手のGK諦めて見送ってたぐらいいいシュートだったんだが、わずかに外れてしまい(泣)。あれが決まってれば下田も「よう、王様」と明日から俺の中での通称が「王様」になるとこだったんだがな(をい)

とりあえず最下位は脱出できた模様ですが(この時点で清水・山形が負け、新潟が広島に負けているので、16位前後まで浮上できるかも、ですね)、シーズンはまだまだこれから。浮かれずに頑張って活きましょう。

で、願わくば得失点差(現在-14)をシーズン終了までにプラスマイナス0点あたりにまで持って行けるように。少なくても今日のスカパーの解説だったJFK元監督の残したモノは間違ってなかった、という事ははっきりしましたわ。と同時に甲府にとっても生命線となるだろうものも。

人を動かす! 安西先生の言葉

人を動かす! 安西先生の言葉

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク