読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

あぶねー、信楽高原鉄道事故の再来になるとこだったじゃん<JR長崎本線(;゚д゚)

雑談

スポンサーリンク

痛いニュース(ノ∀`) : 【画像】 特急×特急 正面衝突寸前で緊急停止…佐賀 - ライブドアブログ

ここの路線は、以前は毎夏のように長崎まで行く時によく使ってたので結構覚えているあたりだったりします。いや、単線だろ、長崎本線って…。

特急×特急 正面衝突寸前で緊急停止 佐賀
22日正午すぎ、佐賀県白石町のJR長崎線肥前竜王駅で、上りの特急列車が停止していた線路に下りの特急列車が向かい合わせに進入し、正面衝突を避けるため緊急停止しました。JRによりますと、2本の特急にはおよそ220人の乗客が乗っていましたが、けが人はいないということです。

 22日午後0時20分ごろ、佐賀県白石町のJR長崎線肥前竜王駅で、長崎発博多行きの上りの特急「かもめ20号」が停止していた線路に、博多発長崎行きの下りの特急「かもめ19号」が向かい合わせに進入しました。

 「かもめ19号」は時速35キロほどで走行していたということですが、正面衝突する可能性に気付いて、「かもめ20号」のおよそ150メートル手前で緊急停止しました。JRによりますと、2本の特急には合わせておよそ220人の乗客が乗っていましたが、けが人はいないということです。

いや、本当にぎりぎりだったな。いくら時速35kmの低速運転とはいえ…。

↑すんません。お借りしてきました(汗) 

いやあこれは、24年前の「信楽高原鉄道」の事故を思い出すシチュエーションだわー。

1991年5月14日10時35分頃、滋賀県甲賀郡信楽町(現・甲賀市信楽町)黄瀬の信楽高原鐵道信楽線・小野谷信号場 - 紫香楽宮跡駅間で、信楽発貴生川行きの上り普通列車(SKR200形4両編成)と、京都発信楽行きの西日本旅客鉄道JR西日本)直通下り臨時快速列車「世界陶芸祭しがらき号」(キハ58系3両編成)が正面衝突した。
キハ58形は先頭部が押し潰されて折れ曲がり、SKR200形は先頭車が2両目とキハ58形とに挟まれる形で原形を留めない程に粉砕された。42名が死亡(JR側乗客30名、信楽高原鐵道側乗客12名、運転士と添乗の職員4名)、614名が重軽傷を負う大惨事となった。

この事故は確か、信楽高原鉄道の方が信号機故障の中、無理やり信号無視して運転してしまい、単線で対面から来たJR西日本が乗り入れた列車と正面衝突した、という話だったような記憶がある。たまたまこの日は横綱千代の富士が引退した日でもあって、NHKのニュースでは鉄道事故千代の富士引退の大きなニュースを両方大きく取り上げられていたので、そんな意味で印象深く覚えてたりする。

ま、それはともかく、信号やATSとかはどーなってたのかが凄く気になる(たぶん人為的なミスだとは思うが)。たまたま「かもめ19号」の方が異音探知した後の運転再開だったそうで、低速の35km/hで走ってたから良かったものの…。乗務員も乗客もそうだが、JR九州、本当に命拾いしたな、これは…。(汗)

信楽高原鉄道事故

信楽高原鉄道事故

 
なぜ起こる鉄道事故

なぜ起こる鉄道事故

 

ブログランキング・にほんブログ村へ