読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

お会計をすべて1円玉で<「こち亀」の両津巡査長vs寿司屋の話のオチぢゃないんだから(爆)

ツッコミ 雑談

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/51526368@N03/19194898203

photo by Aranami

レストランの会計を全て「1円玉」で払う高校生のイタズラ、法的には拒否してもOK - 弁護士ドットコム

マジレスすると、ある一定枚数以上だと店は拒否できる、というのを、小学校の時、学研の「ひみつシリーズ」か何かで読んだことはあるけどな。

レストランの会計で、全て1円玉で支払うというイタズラをした高校生男子を、店員が撃退するエピソードがツイッターで話題となった。

店員は、「俺らも数えたんだからお前も数えろ」と要求する高校生に対し、秤(はかり)を持ってきて、1円玉が1枚1グラムという特性を利用して、あざやかに会計を済ませたというものだった。

このエピソードはツイッターで話題となり、「一休さんみたいだ」と賞賛する声が多く寄せられた。一方で、「(硬貨)20枚以上は断る権利があったんじゃないかな」と、そもそも大量の硬貨でお客が支払おうとした場合、店側が断れるのではないかと指摘する声もあった。

つーか、店員さんGJ!!!

1円玉が1枚1グラムってのに気づいて迅速に対処ってのは凄い機転の利いた店員さんだなあと思う。つーか、イタズラ、つまりはシャレを仕掛けるにしても全くおもしろみがないシャレで、高校生、そこの店の前で3時間ぐらい正座なって感じなんすけども(爆)

法的には…。

なおリンク先の記事には弁護士先生のコメントでやはり「20枚以上は店は断ってもよい」という話が出てました。

「日本では、法令上の『貨幣』つまり硬貨については、法律(通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律)により強制通用力に一定の制限が設けられています。強制通用力とは、貨幣の額面で表示された価値で決済の最終手段として通用する効力のことです。

法律では、『貨幣については、額面価格の二十倍までを限り、法貨として通用する』(法7条)と規定されています。つまり、法律上は、硬貨は、額面の20倍まで強制通用力を持ち、1回の支払いの際に、同じ額面での支払いは、20枚までしかできないということになります。

たとえば、1000円の商品を購入する際、50円硬貨20枚での支払いは認められますが、10円硬貨100枚での支払いは強制通用力がなく、店側はそれを拒絶することができるということになります」

なぜ、こうしたルールが定められているのか。

「本来、硬貨というものは、取引の決済を簡便にするために作られたものであるのに、大量の硬貨での支払いをされるとかえって店側の決済が煩雑になることからかかる弊害を防止するためのものです。

したがって、店側が、独自の判断で受領することは問題がありませんし、そもそも、取引行為自体が無効になるものでもありません」

とのこと。

でも四半世紀前に「こち亀」でネタになってるんだけどね(笑)

個人的にはこの話を聞いて即座に思い出したのは↓のこち亀のオチ。

f:id:tony_togo:20160403211934j:plain

↑画像検索からお借りしてきました(多謝)

でもこれ、確かこち亀で第47巻とかそのあたりの話(巻末の著名人コメントが、その後若くして夭折した「堀江しのぶ」という、イエローキャブの創業者が最初にプロデュースしたグラビアタレントさんだった記憶もあります)で、私は中学1-2年の頃に、塾の帰りに隣のコンビニ(ミニストップでした)でこの巻の単行本を読んでいたく気になり、新刊を買ってったんで、よく覚えてるんすよね。それと堀江しのぶ嬢の訃報記事を新聞で見て「ああ、あのこち亀の巻末コメントの」と。

…まあな、この高校生どもが生まれる前の話のネタだしな(元号で言えば昭和の最末期からぎりぎり平成になるか否かの頃でしたし)。知らなくて当然か。でも「現実」がネタに負けるだなんて情けないな高校生ども(←そういう問題じゃないわw)。

こちら葛飾区亀有公園前派出所 198 (ジャンプコミックス)

こちら葛飾区亀有公園前派出所 198 (ジャンプコミックス)

 
4月月刊こち亀 集英 (集英社マンガ総集編シリーズ)

4月月刊こち亀 集英 (集英社マンガ総集編シリーズ)

 

▼このブログを書いているのはこんなヤツです(笑)

www.muroktu.com

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ