延長12回2死「あと一人で負けは消える」から一発打たれたロッテ…。

スポンサーリンク

DAZNの甲府戦の後、やはり作業しながらイヤホンでパ・リーグTVの中継を聴きつつ、手が空いた時に映像を見てたりしてました。うーん、勿体ねえ、ほんとに勿体ねえ。

スポンサーリンク

あと一人抑えれば「負け」は無かったのにね…。

結局ロッテと楽天は0-0のまま、好投した二木と美馬の勝ちはつかない状態で延長に入り、ロッテは11回裏に2つ連続でエラー・内野安打が続いて得点圏にランナーが進んだものの、「切り札」の大ベテラン井口があえなくアウトになり、チャンスを潰す結果に。

で、12回表、11回からマウンドに立ってイニングをまたいだ左腕ルーキーの土肥がライナーをひとり出しつつも、2アウトまで行って、「あと一人抑えれば、負けはなくなるのに」というとこで、

これまたルーキーの楽天の田中にレフトスタンドに持って行かれて2点取られる、という始末に。

まあ私も含めてマリーンズファンは全員、

まあ、こうなりますわな(苦笑)

しかし昨日勝っといてよかった。

そして12回裏は楽天の守護神・松井裕樹が出てきまして(まあ私は「あ、まだいたのか」とつぶやく始末でしたが(←殴))、

あっさり2アウトになって、

最後は清田が内野フライでゲームセット。

こんな感じに。

しかしつくづく昨日勝っといて良かったなと思いましたわ。だって昨日負けてたら今日の展開だと

「延長12回表2アウトから点を取られて10連敗」

になってたとこでしたしね。そうならなくてよかったのが不幸中の幸いだったな、と。それこそ18連敗の時のジョニー黒木同様、伝説として語り継がれていくシーンになってましたわ…。

ま、いずれにしても今日の先発の二木、ナイスピッチング。昨日の涌井もそうでしたが、投手陣は(中継ぎの一発病さえ克服すれば)どうにかなることが一応わかりましたわ。問題は打撃陣だなー、やっぱし。角中(と五右衛門)、ちゃんと調子を上げてから戻って来いよー。明日の予告先発は唐川か…この人だけは投げてみないとわかんないのが難点だからなあ、さてさて。

以上です。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク