読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

スウェーデンの104歳のおばあちゃんに、何かの手違いで保育園の案内が届いたそうで(苦笑)

雑談 ツッコミ

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/98796230@N03/12104296373

photo by Kojotisko

104歳の女性に保育園の案内届く、スウェーデン 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News 104歳の女性に保育園の案内届く、スウェーデン 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

なんだ、どこぞの匿名ブログの「保育園落ちた、日本氏ね」の逆バージョンか(誤爆) 

【4月4日 AFP】スウェーデン西部の町ヒュルテ(Hylte)で、100歳の誕生日を祝ってから4年が経過した女性に、地元の保育所への入所案内が届いていたことが分かった。

 この女性は、マヤ・バーグストロム(Maja Bergstrom)さん(104)。地元紙Hallands Nyheterによると、バーグストロムさんは、「104歳で保育所から入所許可をもらったのは、この町で私一人に違いない。なんて素敵!」と語ったという。

 事の発端は、地元当局が娘のビルギッタ(Birgitta)さん(78)に対し、104歳の親を持つ娘ではなく、幼児の母親と勘違いして通知を送ったことだった。

 地元の教育機関の登録担当者は、手紙は地元保育所への入所案内で、2011~2013年に生まれた子どもを対象に送られるはずだったと説明。「コンピューターのミスで、100年前に生まれた人たちにも送られてしまったようだ。困惑している反面、ちょっと素敵な話でもある」と語った。

 スウェーデンでは、小学校入学前の1歳から6歳までが保育所への入所を認められている。

78歳の女性を「幼児の母親」と勘違いってのもな(爆)

まあツッコむのを禁じ得ない箇所が幾つかあるんすけども。まずは「78歳の女性を「幼児の母親」と勘違い」っておい。まあなー、過日亡くなったうちのおばあちゃん(=嫁の母親)が享年78だったんでな。74歳で出産はないわ。まあ世の中には74歳で父親になる人はいるかもしれないけどさ。

でも104歳のおばあちゃんご本人のコメントがいいね(笑)

ただ、間違えられた104歳のおばあちゃんご本人は「104歳で保育所から入所許可をもらったのは、この町で私一人に違いない。なんて素敵!」ってコメントをしててまんざらではないご様子で。でも間違えた側の登録担当者が「ちょっと素敵な話ではある」ってのは、それは言うなそれは(;´・ω・)

ま、日本で言えば聖路加国際病院の日野原重明先生(現在104歳)に幼稚園の案内が届いたようなもんなんだろうな(意味不明)

死をどう生きたか - 私の心に残る人びと (中公文庫)

死をどう生きたか - 私の心に残る人びと (中公文庫)

 

まあどこかの国なんかじゃ「保育園落ちた、日本氏ね」と(←をい)

匿名ブログの書き込みが発端となって国会などで結構話題になった保育園の待機児童の話。あれの「日本氏ね」の一言で愛国心たっぷり、もしくは「愛国心たっぷりの自分が大好き」な自己愛たっぷりな人たちがムキになってあちこちのブログやTwitter等にいろいろと書いているのを散見するにつき、「なんか保育園が増えることで困るような利害関係者でも居るんかいな」と、誰かが書いてたんだが、まさにそれは私も思う今日この頃なんすよね。

いいじゃん保育園暫定的に増やして(将来的に子供が減ったら統廃合すればいいだけの話だし)、その分ママさんに働いてもらって、お給料稼いでその分税金収めてもらえば、と。国も累積赤字厳しい癖に税収が減っていて、それでも選挙対策でカネをばら撒いてるんだったら、長い目で見てやれよ、って思うんだけどね…。

そもそも幼稚園と保育園の違いとかもね。法的な根拠とか管轄が違うんだそうですけどね。もっと柔軟にやればいいのにね。日ごろ政治家や政党に献金してくれる土建屋とかゼネコンが儲かるような仕事じゃないから政治家は関心がないんだろうかね(皮肉)。

ま、そこらへんは「愛国心たっぷりの自分が大好き」な自己愛たっぷりな人たちや、目先の選挙にしか目が行ってない政治屋さんにはわかんねえんだろうな…。

ど素人でもできる! 口コミで評判の保育園をつくって成功する方法

ど素人でもできる! 口コミで評判の保育園をつくって成功する方法

 
まるごとわかる保育園

まるごとわかる保育園

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ