レプロ本間社長の「守護霊」へのインタビュー←やると思ってたし仕事も早えし(爆)

スポンサーリンク

レプロ・本間社長守護霊インタビュー

清水富美加嬢の芸能界辞める辞めないの一件で、「あー、これは次に所属事務所の偉いやつの守護霊インタビューとかやるんだろうな」と薄々感じてたが…。本当にやるとはww

所要時間:99分
種類:霊言
公開期間:2017/2/15~
場所:拠点, 支部, 海外, 精舎

芸能事務所レプロエンタテインメント社長、本間憲氏の守護霊霊言/マスコミ報道では決してわからない、清水富美加さんの出家の本当の理由とは/タレントは仕事を選べない!?――本間社長は事務所所属のタレントをどう見ている?/これは「奴隷契約」か――実際は契約は解除できないという、基本的人権に反する自動更新システムの怖さ

一言で言えば、

「知らんがなw」

って感じ。まあいくらでも大川総裁だったら都合のいい「霊言」を引き出すでしょうよ。恐山のイタコさんよりも「文章にしやすい」霊言を拵えてくれるんじゃないすか?(皮肉)

スポンサーリンク

で、これ、「女衒」とどこが違うんだ?

清水富美加の父、自己破産していたが教団「肩代わりの事実はない」(スポーツ報知)

へー。ということは実は借金の肩代わりとかの可能性もあるわけか。

宗教団体「幸福の科学」の活動に専念することを表明した女優の清水富美加(22)の父親が昨年自己破産していたことが14日、明らかになった。

 教団が「自己破産したと聞いております」と認めた。一部では父親に数千万円の借金があり、教団が肩代わりしたとも報じられたが「肩代わりの事実はない」と否定した。清水は昨年6月、スポーツ報知のインタビューに「お父さんと一番仲がいい」と話しており、父の自己破産が出家に影響を与えた可能性もある。

宗教団体はそう言ってるけど、実際は「こっそり肩代わり」の代償がこれ、だとしたら、ぜひ聞きたいね。「女衒(=遊郭に売り払って強制的に仕事をさせる人身売買の斡旋業)とどこが違うんだ?」と。戦前の東北の田舎から10円ぐらいで売られて吉原やら玉ノ井やらの(以下略)

だったらフツーにある程度の地位を築き上げた人気女優として多少のわがままをさせてやりつつも「うまく」事務所がコントロール・プロデュースをして、(本人も含めて周りにとっても)気持ちよく働いてもらいつつ、ここの宗教団体も「実は彼女は熱心な在家の信者なんです」…の方が、親御さんの負債だって何年かしたら返せるかもしれないし、ある程度は誰もが幸せになれるのにそれをわざわざぶち壊してまで、という選択肢が全く理解できない。

よほど事務所が能年玲奈に対してやっちゃったようなビジネスライク的なドライな対応で所属タレントを常日頃から扱ってたのか、この女優本人が元々エキセントリックなパーソナリティだったのかは知らないが…(ちなみに誤解を恐れずに書かせてもらえれば、私自身は「どっちもありそう」だとも思ってますけどね<事務所&女優本人)

ラジオCMでびっくりw

そういえば今日の午後、所用で車を走らせてたら聞いてたTBSラジオでこの清水富美加が声の出演をしている某ガソリンスタンドのCMが流れた(ま、この状態でフツーにCMが流れていたことにも軽く驚きはしましたけど)。

で、開口一番、

「私、悩みごとがあるんです!!」

と。ちょうどその瞬間、ハンドル片手で、ドリンクホルダーにあったペットボトルのお茶をもう一方の手で持って飲んでたんで思わず吹きそうになりましたわ。もっとも、

「なぜあんなに車って高いんでしょう?」

…と続いたんすけどね。思わず「そっちかい!!」とツッコミを禁じ得ず(爆)。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク