「キャプテン翼」も舞台化されるのかー。特に立花兄弟が楽しみだ(笑)

スポンサーリンク

舞台『キャプテン翼』観客もシュートの衝撃を“体感” 世界初の試み(オリコン)

「パタリロ」、「奇面組」と来て、次は「キャプテン翼」が舞台化かー。そのうち「ドカベン」とかもやるかもしれないな、殿馬とか(意味不明)

高橋陽一氏によるサッカー漫画『キャプテン翼』を舞台化した『超体感ステージ 「キャプテン翼」』の製作発表会が8日、東京・Zeppブルーシアター六本木で行われ、同舞台にソニーが研究開発を進めている体感技術「触覚提示技術(ハプティクス技術)」が導入されることがわかった。最先端技術と舞台を融合させた世界初の試みとなり、87席の「プレミアム体感シート」(1万2800円)の観客は、シュートの衝撃などをリアルに体感できる。

 原作は、1981~88年に『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載され、その後も『週刊ヤングジャンプ』(同)などで続編が連載されている。舞台では、ダンスやマーシャルアーツ、イリュージョン、デジタルなどを取り入れた新たな手法で漫画に登場する“神技”に挑戦する。

 この日は、第1弾キャストが発表され、主人公・大空翼を演じる元木聖也をはじめ、若林源三役の中村龍介、日向小次郎役の松井勇歩、岬太郎役の鐘ヶ江洸、三杉淳役の鷲尾修斗、松山光役の反橋宗一郎、早田誠役の土井一海、新田瞬役の加藤真央、次藤洋役の皇希が出席。総合演出を蛯名健一氏、脚本・演出アドバイザーを加世田剛氏、振付を松永一哉氏が担当する。

 演出方法について聞かれた蛯名氏は「ドライブシュートは映像を使うことになると思います。スカイラブハリケーンは、立花兄弟役の2人にリアルにやってもらいたい」と明かした。

 「触覚提示技術」は、五感の一つである触覚を刺激することで、ものに触れたような感触など、さまざまな感触を擬似的に再現。「プレミアム体感シート」の観客は、計10個の振動デバイスを内蔵したハプティックウェアを装着し、シュートを受けた衝撃などを体感できる。会見中に原作者の高橋氏も体験し、「(振動が)きましたね」と楽しんでいた。

ちょうど「キャプテン翼」はリアルタイムですわー。

小学生の頃、どこかに家族旅行に行く際に京成成田駅近くの本屋(みずほ銀行の隣の信水舎書店っていう本屋なんすけど、今しがたGoogleのストリートビューでみたらまだあるんですね)で単行本の第1巻を買ってもらって旅行中に何度も読んでた記憶がありますし。

スポンサーリンク

やはり立花兄弟のスカイラブハリケーンだね(笑)

あの漫画もいろんなシュートがあったけど、個人的には「絶対に現実にはできねーからぜひ舞台化でやってほしい」と思ってるのが、

立花兄弟のスカイラブハリケーンと、

若島津健の、コーナーポストを使った「三角飛び」

だなあと(いずれも画像検索でお借りしてきました(多謝))。個人的にはやはり立花兄弟かなあ。

ま、上記のゴールの上に乗っかるって行為はダメなんだろうけどね(少なくてもJリーグでは見たことはありませんわ(苦笑))。

となると次は「花の慶次」でも舞台化して(以下略)

昔だったら無理だけど今だったらバーチャルでも何でもできるって意味では、

「プロゴルファー猿」

でも(旗包みは「ギミア・ぶれいく」で実際にプロゴルファーが試してみるも成功してませんでしたし)、

「花の慶次」

でも何でも行けるんだなーって思うと、いい時代になりましたよね。想像力がそのまんまいろんな技術を駆使してできるんですから。特に「花の慶次」なんかは、前田慶次に殺された敵方の武将の首がお見事にスパーっと上の方にぶっ飛んでリアルな出血劇でも(←やめなさいw)

誰か舞台化しねえかなあ、「アストロ球団」とか「侍ジャイアンツ」とかも(意味不明)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク